ムクミをとって下半身太り解消

日本人女性に多く見られる「下半身太り」は、お尻のサイズを必要以上に大きく見せてしまう困った状態です、お尻が大きいと可愛い洋服が似合わないし、お出かけするときの洋服選びも大変で外に出かけるのが億劫になってしまいますよね。

わたしたちの体は適度な運動を繰り返して生活していれば、全身の細胞に含まれている水分や老廃物が再び心臓に送り返されて、体の外に排出されるメカニズムを自然に持っています。

つまり、腰から上はスリムなのにお尻から下半身にかけて太って見える下半身太りの原因は、足のムクミを取り除いてあげるだけでスッキリ解消することができということですね。
今回はそのリンパの流れを良くして下半身のムクミを取り除き、小さなお尻を作る三つのやり方についてお話してみたいと思います。

下半身のムクミを効果的に取る

ストレッチ運動で老廃物をリンパ節に流す

まず最初は、運動不足や重力の影響で足元に集中してしまっている体の余分な水分と老廃物を、強制的にリンパ節という場所に戻してしまう方法です。

お部屋の中を片付けて手足を伸ばすことができるスペースを作ったら、仰向けに寝て天井に向かって両手と両足を突き上げます、この状態から自分の手足を小さく小刻みにブルブル震わせてみましょう。
この運動で手足の先端に溜まっている余分な水分を、リンパのプールであるリンパ節に戻してあげます、手足の先が冷たくなってきたと感じたらリンパの流れができたサインです。

入浴中のリンパマッサージ

次の方法は毎日の入浴時間を利用してリンパマッサージをすることです、体を洗ってバスタブに入り十分温まったら、足の指先から足の付け根のリンパ節に向かって、手のひらを軽く押し上げながら、皮膚の上を滑らせるようにマッサージをしていきましょう。

お風呂で温まった体は全身の筋肉が緩んでユッタリしている状態なので、リンパの流れを良くするためには最適な時間です。

ストッキングや靴下を締め付けてくれるストレッチタイプに変える

最後の方法は、普段履いているストッキングや靴下を、足の先端から段階式に締め付けてくれるストレッチタイプのものと取り替えることです、このタイプのストッキングや靴下は、欧米の病院でも入院している人の下半身のムクミ対策として取り入れられているものです。

以上の三つの方法は誰でも簡単に足のムクミを取り除いてくれる効果が期待できるものですから、あこがれの小尻を手に入れたいと思う女性にはピッタリの方法です、もちろん下半身のムクミを取り除くためには、リンパの流れを改善することと同時に適度な運動が必要なのは言うまでもありません。