小さなお尻にあこがれている女性にはストレッチがおすすめ

もっとスリムなボディを手に入れて流行のファッションで決めてみたい、オシャレに敏感な女の子ならそう思うのは当然です。

ダイエットでカロリーコントロールをして体脂肪を低くすることや、仕事がお休みの日には、早朝から近所をジョギングしたりして、筋肉をつけようと頑張っている人もいるんじゃないでしょうか。
でも、それで本当にキュートな小尻を手に入れることができるでしょうか。

無理なダイエットは体に負担をかけて衰弱してしまうだけです、キレイなボディラインを作るためには単純にカロリーを制限するだけではいけません、、それに、普段運動不足になりがちは人がいきなり厳しい運動をするのは、足や腰を痛めて筋肉痛になってしまう危険があります。

それじゃあどうすれば体に無理しないで、たるんだ大きなお尻を小さくて可愛いお尻に変えることができるの?
それにはこんな方法があります。

骨盤のストレッチで小さなお尻をゲット

わたしたちの体は腰からお尻にかけての部分に大きな筋肉が集中しています、そしてその筋肉の多くが強力に支えているのが骨盤です。
女性の体は男性よりも骨盤のサイズが大きくて幅広くなっているのが特徴です、これは妊娠と出産を経験するために自然が与えてくれた女性特有のデザインです、この骨盤を支える筋肉が衰えてくると骨盤を支える力が弱くなり、骨盤の関節が左右に開いてしまうことになります。

これが女性のお尻が大きくたるんでしまう大きな原因になっているんですね、運動やスポーツで足腰の筋肉を鍛えることは、わたしたちが生活する上でとっても大切なことですが、お尻のサイズを気にする女性なら骨盤を矯正するストレッチを行って、骨盤を支える筋肉自体を鍛えましょう。

その方法はとっても簡単です、お部屋の中を運動することができるように片付けたらさっそく始めてみましょう。

  • お部屋の中央に左右の足のカカトを合わせて立ちます、このとき体がフラフラするようなら手をかけて体を安定させる台などを用意してください。
  • 体の中心がブレないように注意しながら、膝を曲げてお尻を落としていきましょう、状態が前のめりにならないように気をつけてください。
  • 膝を曲げた状態で安定したら、今度はカカトを合わせたまま両足のつま先を横に開きます、180°水平になるくらい開くことが理想ですが頑張って無理をする必要はありません。
  • つま先を開いたままの状態から膝に力を入れて体を上に持ち上げていきましょう、この時体がフラつきやすいのでまわりに危ないものがないか確かめておきましょう。
  • このストレッチを3~5回繰り返したら少し休んで様子を見てください、あまり無理せず軽く行うだけでも十分効果が期待できます。

このストレッチは実はクラシックバレエの練習の前に行われている運動を元にしていますから、毎日時間を決めて定期的に行っていると、バレリーナのような引き締まったお尻になれるかも知れませんよ。