最近はデリケートラインの脱毛を行う人も増えているようですね。普段は自分で見ることがないお尻を人に見せるのは恥ずかしい事です。自分でお尻の脱毛をしようと鏡で見た時に黒ずみを見つけてショックを受ける人もいるでしょう。お尻の色素沈着に気づく人は少なく、夏場に水着を着用する時や脱毛時等が一番多くなります。ニキビや吹き出物は、最悪は皮膚科に駆け込みますが黒ずみとなると不潔・清潔感がないと思われると皮膚科にも行きにくく人に相談も出来ません。

清潔にしていても出来てしまうお尻の黒ずみは、メラニンが関係しています。特に割れ目の部分の皮膚はザラザラしているのが特徴です。丸みのあるお尻のケアは出来ても、割れ目迄をケアする人は少ないのではないでしょうか?下着の摩擦により、黒ずみが起こるのですが割れ目の場合は下着の素材が化繊であったり、サイズが合わないお尻を包み込むようなデザインでない為に下着が食い込んでしまい圧力と共に刺激をしている場合が多くなります。

特に化繊の下着が割れ目に食い込むと、肌がザラザラし始め、肌を守ろうと体がメラニン色素を作り始めます。女性特有の生理では、ナプキンを使いますがそれもお尻の割れ目には多少なりとも刺激になります。生理中はホルモンバランスが乱れていますので、この時にお尻を刺激してしまうと黒ずみが酷くなることがあります。加えてお尻を守る為に角質が厚くなる事により、お尻の割れ目も固くなり黒ずみが強く現れてきます。ナプキンで被れやすい人は、新陳代謝が低下する事により黒ずみが消えなくなり残りやすくなります。妊娠や出産、生理不順にストレスは、肌のターンオーバーを乱すので、お尻のように圧迫と刺激を受けやすい場所に起こりやすくなります。

お尻の割れ目の黒ずみ解消法は?

基本的には美白対策と同じように美白効果のあるものを使いますが、粘膜が近いお尻の割れ目には注意が必要になります。ビキニラインの黒ずみを改善する美白クリーム等安全性が高いものがオススメです。美容外科やクリニックでも、部分的な黒ずみ解消治療を受けることが出来ます。デリケートな部分だけに、セルフケアよりも医師のサポートが一番ではあると思います。ハイドロキンは美白効果も高く「肌の漂白剤」とも呼ばれていますが、刺激がある為に全ての人が使えるものではありません。下着を先ずはコットン素材で、食い込まないものに変えたり生活習慣を見直す事で治る事もあります。割れ目のように見えない部分は、お尻の中でも自分でケアがやりにくいものになります。ヒップケアの中でも美白成分の含まれているもので、保湿効果も高く刺激のないものを使用すれば、全てのお尻の悩みを解決出来るでしょう。