お尻の黒ずみがあるなんて誰にも相談出来ませんよね。恥ずかしくてどうにもならなくなる前に、自分で出来ることはやっておきたいものです。

根本的な原因を取り去ること

先ずは血行が悪いと、お尻だけでなく体にも不調が現れます。黒ずみも血行不良から起こりますので、体を締め付けたり圧迫するような事を改善していきましょう。

下着を考える

お尻だけでなく、Vラインの黒ずみも下着の締め付けが原因です。トランクスタイプの下着はリラックス感もあり、締め付けがないのでオススメですよ。いくらお洒落な下着でも、黒ずみを作るようなものはやめましょう。程好いゆとりがあり、お尻を締め付けないデザインが良いですね。最近はデザインもお洒落で締め付け感のない下着がありますので探してみてください。お尻を包み込むようなタイプで、程好いゆとりがあるものが黒ずみを作らない為にはベストです。摩擦の少ないオーガニック素材やシルク素材の下着は、快適であると同時に体の調子も良くなります。体に良い素材を身に付けると、体の調子も良くなりますので先ずは下着を変えてみましょう。

眠るときには、トランクスタイプの肌着を身に付ける等の工夫も良いですね。

締め付けのない下着を選ぶのは、蒸れを軽減する事にも繋がります。通気性が悪いとお尻のトラブルの元になるので、天然素材が一番ですね。肌には天然素材が一番ですから、馴染みの良い下着を身につけて体をリラックスさせれば黒ずみが出来ることもありません。お洒落なビキニタイプよりもタンガーのように肌の露出が多いもの、お尻を包むようなデザインで天然素材が良いと思います。足の付け根や、ウエストに食い込むような下着は避けて下さいね。

保湿をする

蒸れやすいからと保湿を怠ってはいませんか?お尻は、生理の経血や尿で雑菌が繁殖しやすい場所です。清潔にした後には、肌に潤いを与える事が大切です。肌の乾燥はターンオーバーを低下させてしまい角質を厚くしてしまいます。体を清潔に洗い流したら保湿して、成分が浸透したら下着を身につけます。ストッキングは蒸れやすいので、夏場は特に気をつけるようにしましょう。出来れば膝丈のものを利用したり、帰ったら直ぐに脱いで肌や体に負担を与えないようにします。ほんの少しの注意で、黒ずみが起こる原因を取り去ることが出来ます。特に休日は、お尻を休ませてあげる時間を作りたいものですよね。リラックスした衣類を身に付けて、心身共に休ませてあげる事もお尻の為なのです。