セルフケアでは、長期となりますし黒ずみの程度によってはエステや美容クリニック・皮膚科での治療が必要になります。短期間で黒ずみを治せる事が最大のメリットですね。他人に見られたくないお尻ですが、セルフケアで改善出来ないとなると、そんな事も言ってはいられなくなります。エステよりも美容クリニックや皮膚科の治療の方が効果は高いので「早く治したい・キレイに治したい」人に有効です。

美容クリニックと皮膚科どっちが良いの?

美容クリニックでは、アンチエイジングの施術を行っているので、黒ずみの治療も出来るのは解ります。皮膚科は皮膚の病気を治療する機関ですし、最近ではシミや薄毛治療を行うパーソナリティーな医師が増えています。黒ずみはメラニン色素が沈着する為に起こりますので、どちらでも治療を受けることが出来るのです。自宅や職場の近隣で、通いやすい所を探して治療にあたりましょう。

どんな治療をするんでしょうか

美容クリニックや皮膚科では、外用薬やケミカルピーリング・レーザーによるピーリングを行います。ニキビは保険治療ですが、黒ずみはシミと同じ保険適応外となるので、少々高額にはなりますがカウンセリング後に治療を始めますので、セルフケアよりも確実性は高くなります。

ケミカルピーリング

普通のピーリングと違い、薬用の酸を使います。古い角質を取り去ることで黒ずみを解消していく方法です。フルーツ酸を使いますが、濃度が市販のものよりも高いので効果も早く現れるのが特徴です。厚くなった角質層を溶かしていくので、肌のターンオーバーも正常になるのです。

レーザーによるピーリング

脱毛などでもレーザーを利用しますが、シミや黒ずみに効果的なレーザーを使用します。クリニックや皮膚科によって幾つかレーザーが用意されていますので、カウンセリングで説明を聞いてから利用します。真皮層の奥にレーザーが届く事によってメラニンの生成を抑えてコラーゲンやエステラチンを作り肌を美しくしていきます。

外用薬

シミに効果があるハイドロキンやトレチノインを使いメラニンの活動を押さえていきます。ケミカルピーリングと併用することにより肌のターンオーバーを促進しますので黒ずみ改善に効果的です。

今までは肌のトラブルはスキンケアで治すのが通例でしたが、黒ずみのように色素が沈着してしまうとスキンケアだけでは治りにくくなります。医者といえども人にお尻を見せるのは恥ずかしいものですが、色素が強く残ると治りも遅くなります。確実に黒ずみを解消する為には、医療機関を利用するのが一番ですしセルフケアよりもトラブルは少なくなります。黒ずみを改善する事は、肌の機能を正常にして美しさをアップします。キレイなお尻を手に入れる為にも、肌のトラブルはきちんとケアしましょう。