肛門がなんだか臭ってる・・・考えられる原因と対策

トイレで用を足そうと下着をおろしたときや、ふとしたときに気付く「お尻(肛門)のにおい」
「うんちをしたわけじゃないのに、なんだか肛門がにおってる・・・!?」
「なんだか臭い・・・病気なのかな・・・?」

このように不安に感じても、肛門は場所が場所だけに、人には相談しにくいですよね。
さらに、このにおいが他の人にも気づかれていないかとさらに悩んでしまいますよね。

このような悩みを抱えるあなたに、肛門がくさくなる原因と対策方法をお伝えします。

肛門がくさくなる原因

肛門が臭くなる原因には、以下のようなものが挙げられます。

便の拭き残し

まず一番に考えられるのが「便の拭き残し」です。
排便のあと、トイレットペーパーでお尻を拭きますが、このときにしっかり拭き取れていないと、それが原因でにおいが出てしまいます。

においの原因は、主に細菌の繁殖によるもの。
つまり、細菌が繁殖するほどにおいがきつく、臭くなります。

細菌繁殖の条件は、細菌の栄養となる体からの様々な「分泌物」が豊富なことと「高温多湿」という環境が整っていることです。

肛門は日々排便をする上、蒸れやすく高温多湿になりやすいですよね。
そのため、拭き残しのないようにしておかないと、便のにおいに加えさらにそこから菌がどんどん繁殖して・・となり、かなりきついにおいになってしまいます!

そんなことにならないように、拭き残しのないようしっかり拭き取ることはもちろんですが、こまめにウォシュレットを活用する、流せるタイプのウェットティッシュを持ち歩くなどして、十分に清潔を心がけましょう!

汗をかいている(エクリン腺の汗が原因かも)

用を足す際に下着を脱いでにおいに気づくという人は多いでしょうが、
そうではなく服の上からにおいがする・・・という人もいるでしょう。
この場合は、「汗」が原因の可能性があります。

ただし、汗といっても、わきの下などに通っているアポクリン腺の汗(いわゆるワキガ臭のする汗をだす腺)とは違う可能性があります。

もちろん肛門周辺にもアポクリン腺はありますが、特に日本人においてはわきの下以外のアポクリン腺は退化傾向にあるため、肛門周辺の汗はアポクリン腺から出ているとは考えにくいのです。

その場合、考えられるのはエクリン腺からの汗ですが、もともとエクリン腺が出す汗はほとんどが水分でできており、本来ならば臭い物質も少なく普通のにおいがします。ただし、悪い汗の場合は、強いにおいを放ってしまいます。

ここでいう悪い汗とは、塩分が多く含まれたベタベタした汗のこと。
原因は、汗腺機能の低下にあります。他にも、精神性発汗という緊張やストレスによる自律神経の乱れからくる多汗などもあります。

ですが定期的に適度な運動を心がけ、お風呂にゆっくり浸かるなどして汗腺を鍛えることで悪い汗を抑えることができます。

さらに、においを抑える「即効性のある方法」として、排便の後に「強酸性水」で肛門周辺を洗浄するという方法があります。

強酸性水には殺菌作用があり、雑菌や微生物の繁殖を抑える効果があります。

強酸性水は、インターネット通販で手軽に手に入れることができるので、試してみるのもいいでしょう。ただし、即効性があるぶん1回の効果も短いので注意しましょう。

脱肛している

脱肛の場合は、飛び出した直腸粘膜を元に戻すことが必要です。脱肛の多くは緊張状態だと引っ込み、リラックス状態だと出てくる、という傾向が高いです。

脱肛により、においが出てしまっている場合は、まずは飛び出てしまった直腸粘膜を元に戻してあげることが必要です。

脱肛は、指でぐっと押し込めば戻る場合がほとんどですが、指で押しても戻りにくい場合は、潤滑剤となるワセリンなどを塗ってゆっくり押し込んでみましょう。その際はリラックスしておこなってください。

また、上記の対策で脱肛が“治る“わけではありません。根本的治療を行う場合は、きちんと病院を受診しましょう。

いぼ痔や切れ痔になっている

痔の場合は、肛門を清潔にすることが必要とされています。

ですが、清潔にしたいがためにゴシゴシと力を入れて洗うのは避けましょう。

ゴシゴシと洗うと摩擦により肛門の粘膜を傷つけてしまうため、痔が悪化しそこから分泌物が出てしまいます。それがさらに雑菌を繁殖させ悪臭の原因となるのです。あくまで優しく丁寧に洗いましょう!

体毛が多い

個人差がありますが、肛門の周りに体毛が生えている人もいるかと思います。体毛の量が多ければ多いほど、排便の際に拭き残しやすく、不衛生になりがちです。
自分ではうまく見ることができない部分のためお手入れが難しいですが、嫌なにおいを防ぐために体毛を処理することをおすすめします

最近では、こういったデリケートゾーンの悩みに対応してくれる脱毛サロンも多く存在していますので、プロにお願いするのも一つの手でしょう。

自己処理を行う際は、くれぐれも肛門を傷つけてしまわないように気をつけてくださいね。

「あれ?」と思ったら早めの対処をしましょう

なんだか肛門がにおってる・・・?と不安におもっても、デリケートな箇所だけになかなか周りに相談しにくいもの。

だからこそ、対処が遅れがちになってしまいます。
ですが、放っておいても悪化するだけ。
思い当たるものがあれば、早めの対処を心がけましょう。