坐骨神経痛ってどんなもの?症状と原因・治療法まとめ

「なんだかお尻のしびれがおさまらない・・・」
「足全体が痛むし、なんだか変な感覚がする・・・」
「腰痛持ちだけど、腰より下半身に痛みが走る」

・・・などといった経験があり、今このページを読んでいますか?

その症状、もしかしたら坐骨神経痛の症状の一つかもしれません。

とはいっても、「名前は聞いたことあるけど、実際坐骨神経痛ってどんなものなのかよく知らない」という人も多いのではないでしょうか。

坐骨神経痛とは?

「坐骨神経痛」とは、病気の名前ではなく腰から足にかけて伸びる「坐骨神経」が圧迫されたり刺激されたりすることで、坐骨神経の経路と分布領域に「痛み」や「しびれ」が現れる「症状」のことを表しています。

坐骨神経痛の特徴・症状

特に、痛みや痺れが腰・臀部〜下肢(お尻、太もも後面、腿の横、下腿外側やふくらはぎ、くるぶし、足の甲、足先)に集中して発症するのが坐骨神経痛の特徴です。

そのほか、以下のような症状がみられます。

  • 腰痛があり、同じ部分に何度もしびれを感じる、違和感が消えない
  • 腰痛があるが、腰ではなく別の部分にしびれや違和感がある
  • 足に力が入りにくい
  • 痛みから体をかばうように歩いてしまう
  • 足を動かしたり、前屈やひねり運動など腰を使うような動きをしたりすると痛みやしびれが増す
  • 痛みやしびれがひどく、歩くことも困難になってしまう
  • 腰やお尻、足全体的に触ると感覚が麻痺しているようにおかしく感じる

このような症状が足の一部分だけに見られる場合もあれば足全体に強く感じる場合や腰の場合もあり、人によってその現れ方は様々です。

坐骨神経痛を引き起こす原因

先述の通り、坐骨神経痛は坐骨神経へ圧迫や刺激によって起こります。

その圧迫や刺激の多くは「腰椎椎間板ヘルニア」が原因と言われていますが、その他にも原因となるものは多くあります。

主に、多くの人にみられる原因をいくつか紹介します。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板とは、脊椎を構成する椎骨と椎骨の間でクッションのような役割をして腰がスムーズに動くようにサポートしている組織(軟骨)のことをいいます。

この椎間板の一部分が変形したり、飛び出してしまったりするような症状を「椎間板ヘルニア」といい、同じような症状が、腰にある椎骨の間にある椎間板に起こったものを「腰椎椎間板ヘルニア」と呼びます。

こうなることで神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛を起こしてしまうのです。

特に、中腰や前屈みなどを長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりしたときに発症する危険性があるので、同じ姿勢をずっと続けないように気をつける必要があります。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管は背骨の中心にあり、脊髄とそれに続く神経が通っています。

この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で、これが腰のあたりで発症すると
「腰部脊柱管狭窄症」となるのです。

これを発症すると、神経を圧迫し腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こすのです。

これは、生まれつき脊柱管が狭いなどといった先天的な原因の場合もありますが、多くは加齢に伴って腰椎が変化することで起こります。

梨状筋症候群

坐骨神経は、私たちの体の中でも一番長い神経で、お尻から足の指先まで伸びています。

そのため、この神経に何らかの刺激が加わると下半身の広い範囲で痛みなどを引き起こすことがあるのです。
このような症状を、「梨状筋症候群」と呼びます。

梨状筋とは、お尻にある筋肉のことを指します。
特にスポーツでの怪我や何らかの打撲でこの筋肉を使いすぎると、下に通る坐骨神経が圧迫されて痛みやしびれを引き起こすのです。

その他の原因

外傷による圧迫のほか、内臓疾患による脊椎腫瘍や骨盤内腫瘍、帯状疱疹、糖尿病、アルコール依存症、喫煙なども原因としてあげられます。

また、妊娠や病原体による感染症、ストレスなどによる精神的要因も原因となる場合もあります。

坐骨神経痛を引き起こす原因は様々で、その症状のでる箇所、程度や出方も様々です。

そして原因のわからない坐骨神経痛も存在しており、じつは多くの坐骨神経痛は原因が特定できていないそう。

坐骨神経痛が疑われる場合は、早合点せずに、まずはきちんと医療機関を受診しましょう

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の治療は、病院での治療のほか、鍼灸・カイロプラクティック・指圧・整体などといった代替医療、セルフケアといった方法があります。

病院で治療をするには、まずは整形外科にかかりましょう。

治療の流れとしては、まずはもちろん検査から。
レントゲンやMRI、CT、SLRテスト、触診などで検査をし、痛みやしびれの原因が何なのか調べます。

ここで原因が判明してもしなくても、まずは痛み止めが処方されるでしょう。

痛みがひどい場合は注射での対処が行われることが多く、その状況や状態に応じて痛みを引かせるための適切な処置を行います。

また、上記のような薬物療法などを行っても症状が軽減しない場合や、内臓に障害などが現れた場合など、外科的治療を行った方が良いと判断された場合は手術を行うことも十分にありえます。

病院以外での治療

病院以外の治療には、鍼灸・指圧マッサージ・カイロプラクティック・整体・矯などの代替医療があります。

病院での投薬治療にせよこのような代替医療も効果には個人差がありますが、実際に改善効果を実感できている人は多いようです

これらを行う治療院によっては、普段の生活で気をつけるべきことや姿勢などの指導やアドバイスをしっかりしてくれるところもあります。

また、セルフケアとして自宅で簡単にできるマッサージや痛みに効くツボ、お灸のやり方や寝る時の体勢に到るまで細かく教えてくれるところもあるようです。

自分にあった治療院を見つけ、担当医と症状について色々と相談できるような関係づくりができれば心強いですね。

坐骨神経痛に関するまとめ

腰から下肢にかけて痛みやしびれを感じた際は、まずは坐骨神経痛を疑い、医療機関を受診するようにしてください。

坐骨神経痛の痛みの出方や箇所は人によって様々であり、その痛みの
程度は本人にしかわからない辛さもあります。

どの部分にどのような痛みや違和感があるのかをしっかり自身で把握し、まずは原因特定のために検査を一通り受けましょう

その際、原因がはっきりわかった場合には、病院で適切な治療を受けましょう。
原因がはっきり特定できない場合には、日常の過ごし方や生活習慣が原因となっていることが少なくありません

生活習慣を変えることで辛い痛みとさよならすることができ、さらに健康的な生活もおくれるなら、長い目で見ても今頑張って生活習慣を変える努力をする価値はあると思います。

鍼灸や指圧などの治療法と並行しながら、適切な運動を取り入れたり原因となりうる習慣を止めたりするなど、少しずつ改善に向けた行動をとるようにし、痛みに悩まされない日々を取り戻しましょう!