なんだかお尻が痺れる・・・原因は何?

突然ですが、お尻の痺れを感じたことはありますか?
お尻が痺れることって、なかなかないことですよね。

「座りっぱなしが続いたからかな・・・?」となんでもないことのように感じる人もいれば、「もしかして、何かの病気・・・?」とすごく不安になったりする人もいると思います。

そもそも「痺れ」とは、「麻痺」のことです。
痺れと麻痺は、別物のように思われがちですが、実は同じものなのです。
よくある単なる「足の痺れ」も、「足の麻痺」だと言い換えると、言葉が変わるだけなのに、なんだか軽く考えられなくなってしまいませんか?

それほど、「痺れ」は「すぐに治るもの」「日常的によくあること」などと、軽く捉われてしまっているふしがあります。

もちろん足の痺れは正座のしすぎなどで誰もが経験のあることで、しばらくすると、何もなかったかのようにいつも通りの状態に戻りますよね。それに慣れてしまっているからといって、「お尻の痺れも、足の痺れと同じようなものだろう」と安易に考えてしまっては大変危険です!

というのも、私たちの体にはいくつもの神経が通っており、体が感じる痺れや痛みなどは神経に何らかの障害が起きている状態だからです。なんだか怖いですね!

お尻の痺れは、坐骨神経痛の可能性がある

先述の通り、私たちの体にはいくつもの神経が張り巡らされています。
その中でもとりわけお尻の場合は、坐骨神経という身体の中では非常に太い神経が通っています。

お尻に感じる麻痺、すなわち「痺れ」と呼ばれるものは、何らかの原因でこの坐骨神経に障害が起こっているために引き起こされているのです。

これはいわゆる「坐骨神経痛」といわれる症状で、痛みだけでなくしびれを伴うのが特徴です。
坐骨神経は、お尻から足先にかけてはしる太くて長い神経のため、人によってはお尻だけでなく、ふくらはぎや足底にまで痛みや痺れを感じる場合があります。

そのため、お尻に痺れを感じた時は、まずこの「坐骨神経痛」を疑ってみましょう。

以下に、「坐骨神経痛」にみられる症状をリストアップしてみました。
お尻の痺れを感じたら、当てはまる項目がないかどうかをチェックしてみましょう。

坐骨神経痛に見られる様々な症状

  • お尻や片側の脚にだけ、一定の痛みが起きる(特に太ももの後面から脚全体にかけての痛み)
  • 座った時にその痛みが強くなる
  • 座った状態から立ち上がった時に痛みを感じる
  • 痛みの感じ方が日によって違う、痛みを感じる箇所が変わる
  • お尻から脚にかけての部位で痺れ・脱力感・鋭い痛みを感じる
  • うまく脚が動かせず、歩くことが辛い
  • つま先に集中して痛みを感じる

上記に挙げた特徴のうち、一つでも当てはまるものがあるなら、あなたのお尻の痺れは坐骨神経痛からくるものである可能性があります。

坐骨神経痛を引き起こす原因は?

お尻に痺れをもたらす坐骨神経痛は、何らかの疾患が原因で引き起こされている「症状」です。
原因は様々で、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱菅狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが主な原因とされています。

その中でも、坐骨神経痛を引き起こすもっとも多い原因は「椎間板ヘルニア」であり、坐骨神経痛の約90%はこれが原因だとされています。

椎間板ヘルニアの発症原因は?

椎間板ヘルニアになる要因としては、もともと持っている先天的な遺伝要因、後天的な環境要因、加齢の三つが考えられます。

実は椎間板は10歳をすぎた頃から老化が始まるといわれており、加齢で伴う老化により症状があらわれるほか、日常生活において「急に重たいものを持ち上げる」「中腰でいることが多い」「激しいスポーツをしている」といったことが腰に負担をかけてしまい、発症するということも少なくないのです。

また、喫煙も坐骨神経痛を引き起こす原因の一つと考えられています。

くわえて、自分では気づきにくい精神的・社会的影響、例えば仕事におけるストレス、不安・抑うつ、家庭環境や結婚生活なども、発症に深く関係しているといわれています。

お尻の痺れの原因「坐骨神経痛」は、セルフケアで改善できる場合もある

坐骨神経痛と診断されても、外科手術の必要がない程度の症状であれば自宅で行える方法で改善できる場合があります。

①とにかくストレッチ!

坐骨神経痛によるお尻の痺れの原因として、「お尻の硬さ」と「股関節の硬さ」が関係していることがわかっています。

ストレッチでこの二つの関節を緩めることによって、症状が一気に良くなることもあるのです。
さらに、ストレッチをすることにより、痛みを感じる患部や全身の血流が改善され、腰やお尻の痺れを和らげてくれます。

インターネット上の動画サイトやブログサイトなどでは、坐骨神経痛改善のためのストレッチ法は大変多く紹介されています。ここでは到底紹介しきれませんので、ぜひ、ご自身で自分の症状や状態に合ったものをチェックしてみてくださいね!

②寝具を変えてみる

今使っている寝具は、きちんと自分の骨格に合ったものを使っていますか?
痛みや痺れを和らげる為には、自分の体に合った寝具を使うことが大切です。
体に合わない寝具は、それだけで体のいたるところに余計な負担をかけてしまうため、痺れや痛みを和らげてしまうどころか質のいい睡眠を妨げてしまうことにも繋がってしまいます。

質のいい睡眠がとれず睡眠不足になると、免疫力や自然治癒力の低下につながり、血流が悪くなるなど体に様々な不調をもたらします。

痛みや痺れの症状がおさまるどころか、ますますひどくなってしまいかねません。これではいくら改善させようと頑張ってもなかなか良くなりませんよね。

寝具を一新するとなると少々費用がかかってしまいますが、睡眠は毎日欠かさず行うものです。
この機会に思い切って買い換えてみるのもいいかもしれませんね。

③筋肉をつけるトレーニングを行う

トレーニングを行って筋肉をつけることで、腰にかかる負担を軽減することができます。
その結果、坐骨神経痛の予防・改善につながり、そこからくるお尻の痺れも改善できます

「筋肉がない」ということは、「体を支えるクッションがない」ということ。筋肉のない状態で生活をしていくと、段々と骨格が歪み、姿勢が崩れていきます。
そうすると、知らず知らずのうちに筋肉にもストレスがかかり、症状を悪化させることがあります。
また、その痛みの影響でますます正しい姿勢が取れなくなり、常に悪い姿勢をとってしまいがちになるのです。
その姿勢が新たな腰痛や痺れを生み出し、悪循環に陥ってしまう・・・というパターンも少なくありません。

このような事態を予防するためにも、足腰の筋肉をつけるトレーニングを行い、さらに体幹を支えるインナーマッスルを意識して鍛えることが重要なのです。

詳しい方法、トレーニングの種類については、各インターネットサイトでたくさん紹介されていますので、参考にしてみてくださいね。

その他、お尻の痺れの原因と考えられる要因

上記に挙げた坐骨神経痛以外にも、普段の生活習慣やちょっとしたクセが、そのお尻の痺れを引き起こす原因となっているかもしれません。

考えられる要因

  • 長時間のデスクワーク、座りっぱなし
  • 姿勢が悪い・・・足を組む、背中がまがっている
  • 運動不足
  • 栄養不足によるやせすぎ、または太り過ぎ
  • 一時的な筋肉疲労による炎症など

この中に、自分に当てはまるものはありませんか?
お尻の痺れは、実はとても些細なことが原因かもしれないのです。
ですが、長く続けてきたこのような習慣はなかなか急には変えられないもの。だから、毎日の意識が大切です。

普段の生活の中で、少しずつできるとことから始めてみましょう。今はお尻に痺れがない人も、予防のために上記のような要因を作らないように気をつけて。手術が必要になるような最悪の状況になってしまわないように、さっそく今日から要因を取り除いていきましょう!