お尻がたるむ原因と効果のある対策まとめ

年齢と共に、重力に逆らえなくなってたるんで来てしまうお尻・・・
たるみの度合いは年代や個人差があると思いますが、いくつになっても、プリッとハリのある上向きのお尻でいたいと思いますよね。

なにより、たるんだお尻は老けて見えてしまいますし、後ろ姿にも自信が持てなくなってしまいます。

そんなにっくきお尻のたるみをなんとかしたい!と思うそこのあなた。
実は、そのたるみの多くは、日常の何気ない行動が引き起こしているのです。

まずはそのようなお尻がたるんでしまう原因を知ることから。
そして、効果的な対策法を実践してたるんだお尻とサヨナラしましょう!

お尻がたるむ主な原因と対策

下着メーカーの「ワコール人間科学研究所」の発表によると、お尻のたるみの主な原因は「揺れ」にあるそうです。

じゃあ、お尻を揺らさなければいいのね!と思うでしょうが、お尻は普段の何気ない行動や、歩くだけでも意外と揺れているもの。
揺らさないように徹底する!というのは、普段の生活を考えると現実的ではありません。

ならば、たるみを引き起こす別の原因を知り、それに対する対策をしっかりすることでまかないましょう。

では「揺れ」以外に、お尻のたるみを引き起こしてしまう原因には、どのようなものがあるのかをみていきましょう。

お尻の筋肉の衰え、運動不足

お尻には、大臀筋や中臀筋といったお尻全体を支える筋肉があります。
特に大臀筋はお尻全体を支える大きな筋肉で、この筋肉を使わずにいるとどんどん衰えてしまい、結果的にお尻をしっかり支えることができなくなってしまうのです。その結果、お尻がたるんでしまうのです。

体に合わないショーツをはいている

今、身につけているショーツは自分の体に合ったものでしょうか?

お尻のお肉がはみ出てしまうもの、逆にサイズが大きすぎるものを履いていると、お尻の揺れ幅も大きくなり、お尻のお肉が流れてしまったり、下に落ちていったりしてしまいます。

お尻を支える筋肉も大切ですが、下着でしっかりと包み込んでホールドすることも大切です。

自分のサイズに合ったものを身につけることで、お尻の脂肪を理想的な形にキープすることができるのです。

座りっぱなしの時間が長い

デスクワークなどで座りっぱなしの状態が長く続いてしまうと、お尻の血行が悪くなってしまいます

お尻の血行が悪くなることで、お尻に余分な脂肪がついてしまい、全体的にお尻が重たくなってしまうのです。

さらに、座りっぱなしが続くことでお尻の筋肉が働きにくくなり、筋肉も落ちてしまいます

その結果、お尻をキュッと支えることができなくなり、余分についた脂肪により重たくなったお尻はどんどん下に向かって落ちていくのです。

さらに、座りっぱなしはお尻に痺れをもたらしたり、お尻を硬くしてしまったりします。
そうした積み重ねが、お尻をぺたんこにしてしまい、プリッと上向きの理想のお尻からどんどん遠ざかってしまうのです。

仕事上座ることが多い場合は、何かにつけてこまめに席を立つことを心がけ、可能ならその時にすこし歩くようにしましょう。
そうすることで、血行不良を改善することができます。

歩き方に問題がある

小股で歩くと、お尻の筋肉をあまり使いません。

お尻のたるみを予防・解消するには、普段からお尻の筋肉を動かすようにして歩くことが重要です。

歩く際にお尻の筋肉を使うには、①まず姿勢を正し②背筋をピンと伸ばし③大股でしっかり地面を踏みしめて歩くこと。

これを意識するだけで、お尻の筋肉が鍛えられます。

「歩くこと」は毎日の生活の中で欠かせないことです。
いつもの日常に少し意識を加えることで、「ながら」でヒップアップしちゃいましょう。

お尻のたるみに効果のある対策

上記の原因に対して効果のある対策をみていきましょう。

何よりもまずお尻の筋肉を鍛えること

先述の通り、お尻には大臀筋・中臀筋といった大きい筋肉がついています。

この筋肉がお尻に占める面積は広いため、鍛えれば鍛えるほど効果が実感でき、逆に筋肉が弱ってしまうと、その影響も顕著にあらわれます。

お尻の筋肉を鍛えるエクササイズはインターネット上やこのサイト内でも多く紹介されています。
お尻を鍛えて余分な脂肪を減らし、かつハリのあるお尻をキープするには、筋肉を鍛えることが一番の近道なのです。

体に合った下着を身につける・ガードルなどを活用する

自分のお尻のサイズにあった下着を身につけて、お尻のお肉が横に流れるのを防ぐこともまた、大切です。

また、一般的にガードルなどと呼ばれる、お尻全体を包み込んで引き上げてくれる矯正下着補正下着などを身につけるのもオススメです。

毎日身につけて、お尻の脂肪をキュッと上向きの形に変えてしまいましょう。

骨盤の歪み・開きを整える

骨盤が開いていたり歪んでいたりすると、お尻周りの筋肉を上手に使うことができなくなります。

その結果、使うべきお尻の筋肉が正しく使われずお尻のたるみを引き起こしてしまうのです。
また、骨盤の歪みがあることでリンパや血流の流れが阻害され、血行不良やむくみを引き起こし、余計に脂肪をつけてしまうことになってしまうのです。

骨盤を歪ませてしまう原因である「姿勢の悪さ」「がに股や内股などの良くない歩き方」「足を組む」などといった骨盤を歪ませるような生活習慣を控えることはもちろんですが、お尻をたるませないようにするには骨盤体操やストレッチも上手に取り入れましょう。

意識的にコツコツ、がお尻のたるみをなくす

美は一日にしてならず、とよく言いますが、お尻のたるみもまさしくそうです。

お尻のたるみは急に起こるものではなく、普段の何気ない生活習慣によって引き起こされるものです。

だからこそ、毎日意識的に対策を行うことが最も効果的なのです。

ほんの少しの意識でも、日々の生活習慣でお尻のたるみを改善できます。
コツは、ストレスを感じない程度で無理なく自分のペースで毎日コツコツ
行うこと。継続は力なり、です!

さぁ、まずは今身につけている下着を見直し、歩き方に気をつけることから始めてみてくださいね。