赤ちゃんのおむつかぶれは、お母さんの悩みの一つ

赤ちゃんのお尻にできるおむつかぶれは、お母さんたちの悩みの種の一つです。

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートで、ちょっとした刺激で荒れてしまうからです。

赤ちゃんのおむつかぶれを防ぐにはどうしたらいいのか、おむつかぶれの基本的な知識を紹介します。

赤ちゃんのおむつかぶれって、どういう状態なの?

赤ちゃんのおむつかぶれは、医学的な名前もついています。

おむつかぶれは「おむつ皮膚炎」という名前が医学的な呼び名です。

医学的な名前や対処法が確立している事からも分かるように、おむつかぶれは赤ちゃんには付き物の皮膚炎でもあるのです。

おむつかぶれはおむつに触れている部分が赤く炎症を起こす、小さなブツブツが出来ます。

かゆみや痛みを伴い、重症化すると血がにじむこともあります。

お尻にできる事が多い皮膚炎ですが、おむつが当たっている部分すべてに起こる可能性があります。

お尻以外の部分では、おむつのカバーやギャザーが当たる、腰回りや太もも周辺にも注意が必要になります。

赤ちゃんにおむつかぶれが出来てしまう原因

赤ちゃんの肌におむつかぶれが出来てしまう原因は、複数あります。

それぞれの原因に対して適切な対応をする事で、おむつかぶれの解消や予防が出来ます。

まずは、おむつかぶれの主な原因について知っておきましょう。

おしっこやうんちによるかぶれ

赤ちゃんは1日に何度もおしっこやうんちをします。

赤ちゃんのおしっこやうんちの中には、体の中から排出された老廃物や雑菌がたくさん含まれています。

これ等を吸収したおむつを長時間つけていると、老廃物や雑菌の刺激によっておむつかぶれが起きてしまうのです。

汗やおしっこの水分で起こる蒸れ

赤ちゃんのおしっこやうんちは水分が多く、おむつはこうした水分の多い排泄物を吸収する為に吸水性に優れた作りになっています。

その為、おしっこや汗等も吸収するようにおむつはできています。

これにより、赤ちゃんのお尻は常に湿気に包まれた状態になっているのです。

お尻の蒸れはお尻の肌トラブルの元でもあります。

赤ちゃんは肌も大人よりもデリケートですから、蒸れによる肌ダメージがすぐに症状として出てしまうのです。

おむつやお尻をきれいにした時の刺激

老廃物の刺激や蒸れだけでなく、おむつやおしりふき等の刺激が原因である場合もあります。

おむつと肌がすれる事による摩擦や、おしりふきを使用する時の摩擦によって、肌が傷付いてしまう事もあるのです。

おむつの原材料やおしりふきの成分が、赤ちゃんの肌と会わない為に起こる場合もあります。

上で紹介した原因が当てはまらない場合は、摩擦や成分が合わない可能性を疑う必要があります。

赤ちゃんをおむつかぶれから守る方法

赤ちゃんのおむつかぶれは様々な原因で起こります。

それぞれの原因に関する対処法を紹介します。

おむつはこまめに変えるようにする

汗や老廃物の刺激は、おむつかぶれの原因となってしまいます。

出来るだけおむつはこまめに変えてあげるようにして下さい。

汗や老廃物をこまめに取り除いてあげれば、それらの刺激で肌が荒れる事を防ぐ事が出来ます。

また、おむつ替えをこまめに行えば、定期的にお尻を外気に触れさせる事が出来るので、蒸れによるダメージを軽減する事が出来るのです。

お尻を拭く回数は必要最低限に

お尻の拭きすぎも、おむつかぶれの原因になってしまいます。

赤ちゃんのお尻はとてもデリケートですから、刺激にもなってしまうおしりふきは必要最低限にしてあげましょう。

おしっこの時はおむつの乾いている部分で抑えるように吹くだけで十分きれいになります。

おしりふきはうんちの時だけ使用するようにしましょう。

月齢が低い赤ちゃんはうんちを何度もしますから、何度もおしりふきを使用しがちです。

しかし、おしりふきを何度も使用しているとおむつかぶれの原因となってしまいますから、おしりふきの代わりになる物を活用して下さい。

霧吹きやビニールにぬるま湯を入れて洗い流すようにすると、おしりふきを使用しなくてもうんちを洗い流す事が出来ます。

この他、ぬるま湯を浸したコットンにも同じ効果があります。

おしりふきを使用する時も、ゴシゴシと肌をこするように吹くのは避けて下さい。

お尻を拭く時は、スキンケアもしっかりと

赤ちゃんのお尻を拭いた後、スキンケアをしてあげるのも有効です。

濡れたままだとお尻が蒸れてしまうので、乾いたコットンやガーゼで抑えるようにして拭いてあげて下さい。

その後、ドライヤーの弱風やうちわでお尻を乾燥させてあげましょう。

お尻を乾かしたら、おむつかぶれ用のローションやワセリンを薄く塗ってあげると、おむつかぶれの改善や予防をする事が出来ます。

まとめ

赤ちゃんのお尻はとてもデリケートで、ちょっとした原因で肌が荒れてしまいます。

おむつかぶれを予防するには、こまめにおむつを替える、お尻を出来るだけ刺激しないようにする等の工夫が大切です。

おむつかぶれはお母さんにとっても、赤ちゃんにとっても良くない事ですから、普段から予防を心掛けるようにして下さい。