痔ろう(穴痔)は誰でもかかる病気

痔ろうは別名穴痔とも呼ばれる痔です。

痔ろうは穴痔という別名が指す通り、肛門と外側の皮膚をつなぐ様な状態になってしまう症状です。

痔の中でもかかりやすい痔の一つで、誰でもかかる可能性がある病気でもあります。

痔ろうに関する基本的な知識について取り上げていきます。

痔ろうの症状

まずは、痔ろうがどの様な状態であるかを知る必要があります。

痔ろうは医師の診察なしには完治しない病気でもありますから、できるだけ早く診察を受ける必要があるのです。

痔ろうの症状を知っていれば、早めの治療を受ける事が出来ます。

症状をしっかり理解して、早めの治療を心掛けて下さい。

肛門周辺の激しい痛みと発熱

痔ろうの初期症状として、肛門周辺の激しい痛みと発熱があげられます。

これは、肛門の近くにある腸のくぼみに、細菌が入り込んで炎症を起こす為に起きる症状です。

炎症が起こる為に肛門の近くが化膿し、ニキビの様なおできを肛門の近くに作ります。

これが痛みや熱を生んでいるのです。

これは痔ろうの症状でも初期の症状に当たりますから、症状が出たらすぐに医師の診察を受けるようにして下さい。

肛門近くにしこりが出来る・繰り返し炎症を起こす

初期症状のまま放っておくと、肛門の近くに炎症によるしこりが出来ます。

このしこりが割れると外の皮膚と直腸の中をつなぐ小さなトンネルが出来てしまいます。

これが一般的に知られている痔ろうの状態です。

一度しこりが割れて膿が出ると症状が落ち着く為、放っておく人が多いですが、しばらくすると同じ様な症状が出てきます。

これは、直腸の中に細菌が溜まっている為に起こる症状です。

肛門側に痔ろうの原因である細菌が溜まっているので、これを取り除かない限り同じ症状が起きてしまうのです。

痔ろうの原因

症状の説明で少し触れていますが、痔ろうの原因は直腸内で起こる細菌感染です。

便の中にある細菌が、肛門と直腸にある小さなくぼみに入り込んで炎症を起こし痔ろうの元となるおできを作り出すのです。

便の中にある細菌が入り込む原因はたくさんあります。

下痢の状態になるとやわらかい便がくぼみに入り込む事で、細菌が繁殖する事があります。

便秘でも力んだ時の勢いでくぼみに便が入り込み、痔ろうになる事もあります。

この他、体調が悪い時や体力が低下している時にも注意が必要です。

体の抵抗力が落ちている分、細菌の影響を受けやすいからです。

この様に原因がたくさんある為、痔ろうにかかる人はたくさんいます。

痔ろうの治療方法

痔ろうの治療は、医師の診察が不可欠です。

多くの場合、手術によって細菌が溜まっている部分を取り除く治療を行います。

痔ろうがまだ完全にトンネル状になっていない、おできの時点で治療をする事が出来れば患部を切開して膿を取り出すだけで治療を行う事が出来ます。

痔ろうは症状が軽い内であればある程、治療しやすい病気でもあります。

少しでも痔ろうの可能性が疑われる時は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

痔ろうの治療は肛門科で

痔ろうになった時の診察かですが、主に肛門科で治療を受ける事になります。

肛門科以外では外科でも治療を受ける事が出来ますが、手術が必要になる病気ですから、できるだけ専門科での診察をおすすめします。

女性の場合、妊娠中や出産前後で痔ろうにかかってしまう事があります。

こうした場合は、産婦人科でも相談する事が出来ます。

事前に痔ろうについての相談や診察を受ける事が出来る他、肛門科へ紹介を受ける事も可能です。

どうしても近くに適切な病院を探す事が出来ない場合は、かかりつけの医師に相談すると、良い答えをもらえる事もあります。

痔ろうは放っておくとガン化する事も

痔ろうは一度膿が出てしまうと症状が落ち着いてしまう為、放置してしまう人も多い病気です。

しかし、痔ろうを放置しているとガン化してしまう可能性があるのです。

痔ろうによる細菌感染が繰り返される状態を放置していると、痔ろうの患部がガン化する可能性が高くなってしまうのです。

痔ろうによるガンは他の原因によるガンよりも悪性のものが多いと言われています。

放置すればする程、手術や治療も大変になっていきますから、少しでも症状が疑える場合は医師の診察を受けるようにして下さい。

まとめ

痔ろうの初期症状は肛門周辺の激しい痛みや発熱など、とても分かりやすいです。

細菌の感染によっておこる痔なので、誰でもかかる可能性がある痔でもあります。

初期の症状等、少しでも痔ろうの可能性が疑われる時は、できるだけ早く医師の診察を受けるようにして下さい。

放置していると悪化するだけでなく、悪質なガンの原因になる事もあります。

痔ろうは手術での治療が必要ですから、専門の診療科である肛門科の治療が最適です。

近くに肛門科がない時は、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。