ヒップアップで美しい後姿を手に入れよう

誰でもあこがれる、キュッと引き締まって上がったお尻。

綺麗なお尻のラインは男性だけでなく、女性にとっても憧れですね。

水着やジーンズを着た時に、お尻がきれいな形になっているとよりきれいに着こなす事が出来ます。

お尻が垂れていると後姿も老けて見えてしまいますから、アンチエイジングの観点からもヒップアップはとても重要な要素になります。

美しいお尻を手に入れる為に必要な、ヒップアップの基礎知識をまとめました。

ヒップアップに必要な要素は3つ

ヒップアップをする時は、ただダイエットをすればよい訳ではありません。

美しいヒップラインを手に入れるには、3つの要素に注目していく必要があります。

お尻の形の元となる骨盤、お尻にある脂肪、お尻の形を作り出す、お尻の筋肉です。

この3つの要素に一つでもおかしな点があると、お尻が垂れて見える、お尻のラインがきれいに見えないといった状態になります。

骨盤が正しい位置にない、歪んでいる

お尻の骨格である骨盤に歪みがあると、ヒップラインがきれいに出ない時があります。

痩せているけど、お尻だけ大きく見える場合や、お尻が出っ張っているのにきれいに見えない場合は、骨盤が関係している事があるのです。

骨盤がゆがんでいる場合や、開きすぎているとお尻の形に影響が出てしまいます。

痩せているし、明らかにお尻が垂れている訳でもないのにお尻がきれいに見えないという人は、骨盤を正しい位置に戻すようなエクササイズを中心に行いましょう。

しぼうをねんしょうしやs整骨院や整形外科でも、骨盤の状態を見てもらう事が出来ますので、本格的にヒップアップを目指したい人は一度診察してもらうのもおすすめです。

自分の骨格や骨盤の状態に合わせて、ヒップアップに効果的なエクササイズや、生活習慣を教えてもらう事も出来ますよ。

お尻の脂肪が多い

お尻の肉が垂れてしまっている人や、太り気味な人に多い原因です。

お尻は脂肪の多い部分ですが、お尻に脂肪がたくさんついていると垂れて見える事があります。

筋トレをしているのに中々効果が出ない、という人もお尻の脂肪が関係している場合があります。

お尻の脂肪が多い為にヒップラインが崩れている人は、脂肪を減らすタイプのダイエットが効果的です。

脂質の多い食べ物は避けて、脂肪を燃焼させる有酸素運動を中心に行うようにするとヒップアップに効果的です。

食物繊維や脂質や糖分をエネルギーに変えてくれるビタミンB群を多めに、バランスの良い食事を心掛けましょう。

併せてジョギングやウォーキング、スイミング等のエクササイズがおすすめです。

お家の中でやるエクササイズでは、踏み台昇降運動やスクワットが効果的です。

脂肪は温度が高いと燃焼しやすくなりますから、普段から体を冷やさないような生活を心掛ける事も大切です。

お尻周りの筋肉が衰えている

お尻が垂れて見える場合や、お尻のボリュームが足りない時に考えられるのが、お尻の筋肉の衰えです。

ヒップアップには3つの筋肉が関係しています。

お尻の内側にあり、骨盤を囲むようにしてある大殿筋、大殿筋を囲むようにしてある外側の筋肉中殿筋、太ももの付け根の裏側にあり、お尻を支えているハムストリングスです。

この3つの筋肉が衰えていると、垂れたお尻になってしまいます。

食事制限のダイエットだけしてもお尻がきれいにならないのは、この3つの筋肉が関係しているからです。

筋肉が原因の場合、ヒップアップにはお尻周りの筋肉を鍛える必要があります。

お尻の筋肉を鍛えるには、下半身を重点的に鍛えられるスクワットや、ヒップリフトが効果的です。

やり方は以下の通りになります。

スクワットのやり方

まずは、平らな所で肩幅程度に足を開いて立ちます。

つま先は前を向いている状態で、手を前に突き出します。

お尻は少し後ろに突き出すような状態にして下さい。

そのまま、ゆっくりと息を吐きながら腰を落としていきます。

イメージとしては、少し離れた所にある椅子にその場から腰かけるようなイメージです。

この時、膝がつま先よりも前に出ないように気を付けて下さい。

太ももが地面と平行になるまで曲げたら、ゆっくりと息を吐きながら元の状態まで戻していきます。

これを女性なら10回を1セットにして2セット分、男性は15回を1セットとして2セット行います。

スクワットは毎日やるよりも、1,2日おきに行った方が効果的です。

ヒップリフトのやり方

膝を立てた状態であおむけに寝ます。

手は地面につけるようにして、足は骨盤と同じ幅程度に開いておきます。

お腹に力を込めながら、背中から下を持ち上げていきます。

手で床を押して、下半身の筋肉で体を持ち上げるようなイメージです。

体を上げる時は、ゆっくりと息を吐きながら行って下さい。

体をある程度上げたら、ゆっくりと戻していきます。

戻す時に、息を吸いながら戻していきます。
これを10~15回を1セットにして、2セット行っていきます。

こちらも毎日やるよりは、1,2日ごとにやった方が効果的です。

根ながらできるので、寝る前でも簡単に行えるエクササイズです。

まとめ

ヒップアップは自分のお尻の状態を理解する事から始まります。

自分の体を鏡で見て確認し、普段の生活を振り返ってみましょう。

骨盤や脂肪、筋肉等の要素の中で、足りない要素がないか確認すれば、自分がヒップアップの為に何をすべきか自然と分かるはずです。

自分の体に合ったヒップアップ法を適切に行って、きれいなヒップラインを手に入れて下さいね。