セルライトを取り除くクリームがある?

最近、セルライトを取り除く効果のあるセルライトクリームが販売されています。

家でセルライトを取り除くケアが出来ると注目を集める一方、効果が無いと言われてしまう事もあります。

セルライトクリームや、使用方法によって効果の出方に違いがあるようです。

今回は、効果的なセルライトクリームの選び方や、効果をアップさせる使用法を紹介します。

まずはセルライトの仕組みを知ろう

まずは、セルライトが出来る仕組みを理解しましょう。

セルライトがどの様な仕組みでできるのかを知れば、成分や作用からより効果的なクリームを選ぶ事が出来ます。

セルライトクリームの効果を上げる為にも役立つので、しっかり覚えておきましょう。

セルライトが出来る仕組み

セルライトと聞くと、お尻や太ももに出来た凸凹を思い浮かべる方がほとんどだと思います。

あの凸凹は、脂肪や老廃物で肥大化した脂肪細胞です。

脂肪細胞は本来、皮膚の下で規則正しく並んでいます。

その周りを血管やリンパ腺が取り囲んでおり、脂肪細胞に栄養や酸素を送り込み、老廃物や余分な水分を排出しています。

しかし、脂肪細胞が肥大化していくと周りにある血管やリンパ腺を圧迫するようになります。

こうなると、脂肪細胞に必要な栄養や酸素が足りなくなる上に、老廃物や水分の排出も満足に行われなくなります。

脂肪が燃えるには酸素やエネルギー、脂肪を燃やすホルモンが必要になりますが、これ等も届きにくくなってしまうのです。

肥大化した脂肪細胞は最終的に繊維状になり、脂肪や老廃物とくっつきます。

これがセルライトになるのです。

セルライトは繊維状になっている為、触るとコリコリとした感触があります。

また、脂肪細胞が周りの血管やリンパ腺を圧迫している為に、一度できてしまうと中々消えないのです。

効果のあるセルライトクリームの選び方

セルライトを消すには、脂肪細胞や血流、リンパの流れに効果のあるクリームを選ぶ必要があります。

セルライトクリームを選ぶ時は、以下のポイントに注目するとよいクリームを選ぶ事が出来ます。

肌の奥にまで浸透する成分や処方になっているか

セルライトの原因となる脂肪細胞は、皮膚の奥の方にある細胞です。

その為、どんなに良い成分でも皮膚の奥に届かなくてはあまり意味がないのです。

成分や処方をよく見て、肌の奥にまで効果が届くような作り方をされているかしっかり見極めて下さい。

クリームの説明を見れば、成分がどこまで届くか書いてある場合もあります。

説明にそういった記述があるセルライトクリームを選ぶようにするといいでしょう。

血行やリンパの流れをよくする効果があるか

セルライトを除去するには、血液に含まれる酸素や栄養、脂肪を燃焼させるホルモンが重要です。

また、脂肪細胞の老廃物を除去するには、リンパの流れをよくする必要があります。

セルライトクリームを選ぶ時には、こうした成分がしっかり入っているかも見るようにしましょう。

ただ脂肪を溶かす成分だけのものだと、効果が不十分な場合もあります。

特に、むくみや冷え性等の、血流やリンパの流れが悪い為にセルライトが出来ている人はこの効果が特に重要になってくるのでしっかり確認して下さい。

脂肪を溶かし、排出する成分が入っているか

セルライトは脂肪細胞にある脂肪が主な原因ですから、脂肪を溶かす成分や脂肪を排出しやすくする成分が必要です。

多くのセルライトクリームに入っている成分ではありますが、この成分がどれだけ入っているかに注目していきましょう。

化粧品の成分表示を見ると、水やグリセリンといった原材料になった成分が表示されています。

この成分表示は、含まれている成分が多い順に並んでいますから、この表示を見て成分の量を見極めてみましょう。

同じ成分が入っているセルライトクリームがある場合は、この成分表示を見て、どちらが先に脂肪を溶かす成分が入っているかを確かめます。

同じ成分を含んでいるセルライトクリームでも、量が違う時がありますからそうした時には表示を見て判断しましょう。

セルライトクリームの効果を上げる使い方

セルライトクリームは、ただ使用するだけでは効果が半減してしまいます。

セルライトクリームを効果的に使うには、ちょっとしたコツが必要です。

セルライトクリームの効果を上げる使い方も覚えておきましょう。

お風呂上りに使用する

お風呂上りは肌から余分な汚れが落とされ、体温が上がっています。

クリームが浸透しやすく、脂肪も溶けやすい状態になっているお風呂上りは、セルライトクリームを塗るのに最適のタイミングです。

セルライトクリームを使用する際は、お風呂上りに使用するようにしましょう。

お風呂の入り方にも工夫すると、より効果をアップする事が出来ます。

お風呂に入る時は、湯船にゆっくりと浸かるようにしましょう。

体を温める効果の高い入浴剤や、発汗効果のある入浴剤も効果的です。

マッサージしながら使用する

セルライトクリームはただ塗り込むだけでは満足いく効果を得られません。

マッサージをしながら使用しましょう。

マッサージをする事で、成分をより肌に浸透させつつ、血流やリンパの流れを促す事が出来ます。

リンパマッサージの際に、マッサージクリームの代わりにセルライトクリームを使用するのもおすすめです。

セルライトに効果のあるマッサージの中には、セルライトをつぶすようにするやり方もありますが、これはあまりおすすめできません。

セルライトの元である脂肪細胞をつぶしてしまうと、分断された脂肪細胞を守ろうと血管やコラーゲンが集まって新しいセルライトを作り出してしまうのです。

セルライトをつぶすマッサージはエステでも行われていますが、あれは事前に機械等でセルライトを柔らかくしてから行っている施術です。

セルライトの周りには毛細血管もあり、強い力でマッサージをすると内出血が出来る事も多いので、気を付けましょう。

塗り終わったらハンドプレスを

セルライトクリームを塗り終わったら、最後にハンドプレスをしてより成分を浸透させましょう。

肌になじむ前に横になったり洋服を着てしまうと、肌に吸収されなかったクリームが周りについてしまい、クリームを塗った意味がなくなってしまいます。

手で優しく押し込むようにハンドプレスしてあげれば、成分がより肌に浸透する他、周りを汚す心配もありません。

セルライトクリームを塗るだけでなく、より浸透させるような工夫をしましょう。

まとめ

セルライトクリームを使うケアには、成分や使い方に注目して使用しましょう。

成分や使い方によっては、満足のいく効果が得られない場合もあります。

こちらで紹介した選び方や使い方を参考に、自分に合ったクリームを選ぶようにして下さいね。