お尻にブラジャー!?

最近、「お尻ブラ」という下着に注目が集まっています。

お尻ブラとは文字通り、胸の周りにあるお肉を集めてきれいなバストを作るブラジャーの様に、お尻の周りにあるお肉を集めてきれいな形を作ってくれる下着の事です。

このお尻ブラ、今までのガートルやソックスとはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、お尻ブラに関する情報をまとめました。

お尻ブラの特徴

お尻ブラは名前の通り、ブラジャーのような機能があります。

普通の補正下着とは違う特徴があり、これによってよりきれいなお尻を作り出してくれるのです。

特徴をまとめると、以下の様になります。

はみ出したお尻の肉を集めてくれる

意識しないと分かりませんが、お尻のお肉や脂肪は外側に移動してしまっている事があります。

胸の脂肪は正しくブラジャーをしないとわきの下や背中に逃げてしまいますね。

同じ現象がお尻のお肉でも起きているのです。

お尻ブラは特殊な縫製や内蔵されているバンドによって、このはみ出すお肉をまとめてくれる効果があります。

お尻が上を向いたきれいなラインを作り出してくれる効果がある他、内股のお肉もまとめてくれるので、内股の隙間作りにも役立ちます。

仕組みによって履き心地も微妙に違ってきますから、購入の際はどのようなつくりになっているかもしっかり理解してから購入するようにして下さい。

お尻のふくらみを補強するパッドが入っている

ブラジャーにも胸のふくらみを補強するパッドが入っていますが、このお尻ブラにも同じようなパッドが入っています。

お尻のふくらみをパッドが補強してくれるので、扁平なお尻の人でもお尻ブラを活用すれば、ふっくらとしたヒップラインを手に入れる事が出来ます。

海外では大きくてふんわりとしたヒップラインが良いとされている為、女優さんやモデルさんが活用している事もあるそうです。

お尻ブラの活用シーン

綺麗なヒップラインを作り出してくれるお尻ブラですが、様々なシーンで使用されています。

日本では、一番多いのが結婚式等のドレスを着るようなシーンでの活用です。

ドレス姿は体のラインが出る物が多いですから、お尻ブラでお尻の形をきれいにしておくと、よりきれいにドレスを着こなす事が出来ます。

この他、普段のファッションで体のラインが出るタイプの洋服を着る時に着用する方もいます。

お尻ブラにまつわる疑問

お尻をきれいに見せてくれるお尻ブラですが、購入の仕方や価格等気になる点が多いかと思います。

お尻ブラを使用する前によく質問される内容をまとめました。

お尻ブラはどこで購入すればいいの?

お尻ブラは現在、通販での購入がほとんどです。

この他、デパートや大きめの百貨店等にある補正下着のコーナーでも取り扱いがある時があります。

美容院やサロンで扱われている場合もありますが、確実に手に入れたい場合、ネット通販が一番手っ取り早いようです。

ただ、ネット通販の場合その場で試着する事もできませんから、サイズ選びがとても重要になります。

お尻ブラを取り扱うサイトでは、サイズの測定方法を細かく紹介してくれている所がほとんどですから、購入前にしっかりサイズを測っておきましょう。

お尻ブラの価格はどれ位?

お尻ブラの価格ですが、大体ブラジャーと同じ位の価格が多いようです。

それにプラスして、送料等がかかるような形になっています。

大体、高い物で5,000円以上、安い物で2,000円以内といった価格帯になっています。

本格的な補正下着よりも控えめな価格の物が多いですから、気軽に挑戦する事が出来ますね。

お尻ブラの締め付けは大丈夫?

補正下着の中には、ゴムや縫製の関係で下着の締め付けが強い製品が多いです。

お尻ブラの中には、この締め付けをいかに減らせるかにこだわった製品も販売されています。

しかし、どんなに気を付けた作りになっていたとしても、お尻ブラも補正効果がある下着です。

毎日の着用や長時間の使用はお尻の肌に刺激を与える事になってしまいます。

お尻ブラはここぞという時のおしゃれ用に活用し、普段の下着はお尻の皮膚に負担をかけないタイプの物を使用しましょう。

まとめ

ヒップラインをきれいに見せてくれるお尻ブラには、他の補正下着にはない機能がたくさんついています。

お尻のはみ出したお肉を集めてきれいなお尻を作り出す他、中にパッドを入れる事でお尻にきれいなラインを作り出してくれるのです。

ドレス等、体のラインが出るタイプの服装をする時に着用しておくと、よりきれいなボディラインを作り出す事が出来ます。

また、普段のおしゃれでも十分活用する事ができるので、一つ持っておくととても便利なアイテムです。

ネット通販で手に入れるのが主ですが、大きいお店や専門店でも手に入る場合があります。

ネット通販での購入は、事前にサイズを測り、サイズ間違いをしないように注意して下さい。

価格も手ごろな物が多いですから、ぜひ一度挑戦してみて下さいね。