お尻の肌荒れはどうしたらいいの?

お尻の肌は他の部分に比べて荒れている事に気が付きにくい分、ケアするのが難しい部分です。

ふと気が付いたらお尻の肌がひどい肌荒れを起こしていた、という経験のある方も多いかと思います。

そこで、お尻の肌荒れを回復させるケアをご紹介します。

お尻の肌荒れはピーリングと保湿ケアで治す

お尻の肌が荒れてしまう原因はたくさんありますが、肌荒れを改善するケアは基本的に一つだけです。

お尻の肌を改善するには、肌が持つターンオーバーを正しい状態に戻してあげるケアを行うのが一番です。

お尻の肌が持つ機能を正しい状態に戻してあげるには、以下のケアを続けて行ってあげましょう。

古い角質をピーリングで落としていく

肌荒れが起きているお尻に触ってみると、肌がゴワゴワしている事が多いです。

これは、お尻の肌の上に余分な角質が残っている為に肌が硬くなっているのです。

人の肌は常にターンオーバーの機能によって、修復され、正常な状態を保っています。

皮膚の内側から新しい皮膚が生み出され、古い皮膚を外側に押し出す事によって、傷付いた肌を再生させているのです。

このターンオーバーの機能が正常に働いていないと、外側にある古い皮膚や角質が代謝されず、皮膚の上に残り続けてしまいます。

肌荒れを起こしたお尻の皮膚がごわついているのは、皮膚の機能が正常に働いていないサインでもあるのです。

お尻の肌がごわついている状態を改善するには、肌が古い皮膚や角質を代謝するのを助けてあげる必要があります。

ピーリング剤やピーリング石鹸で、余分な皮膚や角質を落としてあげましょう。

お風呂でしっかりお尻を濡らした後、ピーリング剤や石鹸を使用します。

ピーリング剤を使用する時は、ピーリング剤を手に取ってお尻をなでる様に洗っていきます。

ピーリング剤を使用すると、古い皮膚がポロポロ取れていきますから、この古い皮膚が出てこなくなるまでマッサージをして下さい。

ピーリング石鹸を使用する場合は、石鹸をよく泡立ててから洗います。

体を洗うタオルやスポンジが直接当たらないよう、泡をお尻の皮膚に滑らすように洗っていきます。

洗い終わったら、しっかりと古い皮膚や泡を洗い流すようにして下さい。

ピーリングの頻度は週に1回、ごわつきがひどい時は週に2回行うと効果的です。

2回ピーリングを行う場合、1回目と2回目の間はある程度日数を置いてから行うようにして下さい。

ピーリングは肌に刺激を与えるケアでもあるので、必要以上に行うと皮膚にダメージを与えてしまうのです。

ピーリングはあくまでも、肌のターンオーバーを助ける為のケアです。

肌が正常な状態に戻った時や、逆にダメージを受けている時に行っても意味がありませんから、お尻の肌の状態をよく観察して行うようにして下さい。

お尻の肌は保湿ケアをしっかりと

お尻の肌はとてもデリケートで、ちょっとした刺激で肌荒れを起こしてしまいます。

肌を肌荒れから守り、正常な機能を保つには保湿ケアをしっかりと行っておく必要があります。

これはお尻の肌でも変わりません。

お尻の肌が肌荒れを起こしている時は、しっかりと保湿ケアをしてあげましょう。

保湿ケアに使用するスキンケア用品は、お尻の肌用の物が一番です。

お尻用のスキンケア用品が手に入らない時は、保湿効果の高い化粧水や美容液、乳液やクリームを活用しましょう。

お尻の肌が乾燥している時や、肌荒れがひどい時にはセラミド入りのケア用品がおすすめです。

セラミドは肌のバリア機能を整える効果があり、痛みを伴う肌荒れや、肌荒れを起こしやすい肌に効果があります。

肌のターンオーバーが乱れている人や、肌トラブルがある人は、血流を促し、肌の回復を早めるビタミンEが配合されている物がおすすめです。

この他、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった保湿成分が配合されている物を中心にケア用品を選ぶといいでしょう。

化粧水を使用する時は、たっぷりとお尻の皮膚に浸透させるように使いましょう。

肌荒れがひどい時は、パッティングをするよりも化粧水を手で押し込むように使う方が効果的です。

化粧水を数回に分けて肌に浸透させるとより肌を保湿する事が出来ます。

肌がきっちりと化粧水や美容液を吸い込んだ事を確認してから、乳液やクリームを塗るようにして下さい。

肌の内側からもしっかりとケアをする

肌荒れを治すには、肌の内側からのケアも大切です。

肌の修復を助ける栄養素を中心に、バランスの良い食事を心掛けましょう。

肌のターンオーバーを正常な状態に導くビタミンA、肌の修復をするビタミンB群やビタミンE、コラーゲンの生成に使用されるビタミンC、肌を作る材料となるたんぱく質等、肌に良い栄養素はたくさんあります。

お尻の肌荒れが気になる時には、これ等の栄養素を含んでいる食材を積極的に食べるようにして下さい。

ビタミンAはニンジンやウナギ、レバーに、ビタミンB群は豚肉や卵、大豆製品に多く含まれています。

ビタミンEはオリーブオイル等の植物性の油や、アーモンド等のナッツ類に、ビタミンCはイチゴやブロッコリー等の果物や野菜に含まれています。

たんぱく質は赤身のお肉や魚、乳製品や大豆製品に多く含まれています。

栄養素だけでなく、睡眠にも気を配りましょう。

人の体は睡眠時に回復するようにできているので、肌荒れが出来ている時はいつもよりも多く睡眠時間を取るようにすると効果的です。

まとまった睡眠時間が取れるように、ある程度生活習慣を改善するようにしましょう。

また、ストレスは肌荒れの元でもありますから、普段からストレスを解消できるような趣味や、リラックスできる時間を持つ事も大切です。

まとめ

お尻の肌が肌荒れを起こしている時には、ピーリングや保湿ケアをしてあげる事が大切です。

正しいケアをしてあげる事で、肌の機能が正常になり肌荒れを改善する事が出来ます。

普段から肌荒れを防止できるように、肌を観察する習慣をつけるのも有効です。

もし、お尻の肌に肌荒れが起きてしまっても、改善する事は出来ますから焦らずしっかりとケアを行って下さいね。