意外と知らない、いぼ痔の知識

痔の中でも患者数が多いと言われるいぼ痔。

かかった事がある人はもちろん、家族や友人がかかった事がある人も多いかと思います。

その為か、実際にいぼ痔になった事が無くても、なんとなく知っているという人は多いです。

しかし、いぼ痔が出来る原因やそれに対する予防、治療法について知識がある人は意外と少ないものです。

そこで、いぼ痔に関する基礎知識をまとめました。

そもそも、いぼ痔とはどんな病気?

いぼ痔とは、医学用語では「痔核(じかく)」と呼ばれる病気です。

肛門の内側や外側にいぼ状の腫れが出来る病気で、肛門付近の血流の流れが悪くなると発症してしまう事があります。

内側のいぼ痔を内痔核(内痔核)、外側のいぼ痔を外痔核(外痔核)と呼びますが、基本的な原因は肛門部の血流が悪くなる事によって肛門付近の毛細血管がうっ血してしまう事です。

治療の際は肛門科で診察・手術を受けます。

痔の症状によっては痛みを感じない事が多いのですが、治療では痛覚が通っている部分を扱う為、麻酔を使って治療していきます。

次に、いぼ痔の主な種類について取り上げていきます。

いぼ痔が肛門の中にできる「内痔核」

内痔核は名前の通り、肛門の中にできるいぼ痔の事です。

直腸と肛門の境目である歯状線(しじょうせん)と呼ばれる部分が、うっ血する事でいぼ状の腫れになります。

この部分には痛覚が通っていない為、小さないぼ痔だと気が付かない場合があります。

しかし、血管がうっ血して腫れている状態なので、この腫れた血管(いぼ痔)が裂けると出血します。

出血して初めて、自分がいぼ痔だった事に気が付く人も多いです。

いぼ痔が小さい場合だとこの様に気が付かない事も多いですが、いぼ痔が大きくなってくると排便のたびにいぼが飛び出す人や、大きくなったいぼ痔が外に飛び出したままの状態になる人もいます。

いぼ痔のいぼが出たままになると、それに腸内も引っ張られて外に出てしまう為、脱肛状態になってしまいます。

こうなると、腸の粘液等で肌が荒れる、炎症を起こす事もあり、医師の治療が必要になります。

いぼ痔が肛門の外にできる外痔核

外痔核が出来る原因は、内痔核と変わりません。

肛門周辺の毛細血管がうっ血していぼ状の腫れになりますが、外角時はこの腫れが肛門付近の皮膚にできた状態です。

肛門の外側にできるので、触って確認する事が出来る他、痛みを感じる事があります。

その為、内痔核よりも自覚しやすいいぼ痔です。

中には急性に肛門付近が腫れる事により、激しい痛みを伴う場合もあります。

この場合は「血栓性外痔核(けっせんせいがいじかく)」と呼ばれており、何らかの原因で出来た血栓が肛門周辺の毛細血管で詰まる事によっておこる外痔核です。

次に、いぼ痔が出来る原因と対処法についてご説明します。

いぼ痔が出来る原因

いぼ痔は肛門周辺の毛細血管が、何らかの原因で血行不良を起こして詰まり、腫れる為に起こります。

肛門周辺の毛細血管はとてもデリケートで、日常の様々なシーンで血行不良を引き起こします。

長時間立ちっぱなし・座りっぱなしの状態が続いた時や、冷え、重たい物を持つ作業を行った時、過度の飲酒をした時や、便秘、下痢等があげられます。

いぼ痔の予防には、こうした原因から対処をする必要があります。

仕事等で毎日同じ姿勢をする人は、定期的に違う体制を取るようにしましょう。

座りっぱなしや立ちっぱなしの状態で作業する時も、定期的に体制を変える・ストレッチをするようにして下さい。

腰回りの冷えも避けるようにしましょう。

お風呂に入る時は湯船につかるようにすると血の巡りをよくする事が出来ますから、いぼ痔の予防にもなります。

トイレの時に無理に力む・長時間便器に座り続けると痔の原因になりますので、トイレに座る時間は短めにしましょう。

食事では、アルコールは控えめにして腸内環境を整えるような食材を多めにとるようにすると、予防効果があります。

食物繊維や乳酸菌の多い食べ物を定期的に食べるようにして下さい。

いぼ痔になった時の対処法

いぼ痔でも、軽度の物でしたら気が付かないうちに治っている場合や、医師の診察を受けても薬や生活習慣の見直しを受けるだけで済む場合もあります。

しかし、内痔核でも外痔核でも、症状が進行している場合は手術にて直す必要があります。

手術の場合、麻酔を打って肛門を広げて処置を行っていきます。

症状が進行すればする程、受ける処置もかかる治療費も大変なものになりますから、少しでもいぼ痔の可能性がある時は、医師の診察を受けるようにして下さい。

いぼ痔は肛門に関する病気なので、肛門科のある病院での治療が一番です。

肛門科が近くにない場合は、外科で相談するようにして下さい。

近くに適切な診療科が無い場合は、かかりつけ医に相談して下さい。

かかりつけ医が治療できない場合でも、肛門科や痔の診察が行える病院の紹介や、病院に持っていく際に必要な紹介状を作成してくれます。

まとめ

いぼ痔は肛門周辺の血行不良が原因で起こる病気ですから、多くの人がかかる病気でもあります。

普段から血行不良を起こさないような習慣を身に着けておくと、いぼ痔を予防する事が出来ます。

軽度のいぼ痔なら生活習慣の改善や薬出直ってしまう事もありますが、重度の物になると手術も必要になってしまいます。

普段から痔にならないような生活習慣を身に着けておきましょう。