座ることが多いデスクワークをしていると、気になるのが身体のあちらこちら、特にお尻にプヨッと付き始める贅肉ですね。焦る気持ちはあるものの、ジムに通うにしてもお金はかかるし仕事の疲れは溜まっているし…。

このままでは大変なことになってしまいそうですよね。

そこで今回はスッキリと痩せるための座り方をお伝えします。私もかなりデスクワークでどんどん増える贅肉に悩みましたが、痩せるための座り方を実践してスッキリ感を味わっています。

どうぞ参考にしてくださいね。

座りっぱなしは太る身体の素になる?

日々の生活の中で身体をあまり動かさなくなると、お尻やお腹の贅肉が気になり始め、体重計に乗ることが怖くなりますね。

特にデスクワークについては意識してこまめに動かない限りは、身体を動かす必要がほとんどありません。そのため太ることを気にしながら仕事をしている人も多いようです。

デスクワークは太りやすい

太るということは身体に贅肉や脂肪が付くことですが、女性としてはあまり嬉しくない状況ですよね。しかし、デスクワークや座りっぱなしが多い仕事をしている人は、贅肉や脂肪が付きやすい状況を招きます。

その理由は

  • カロリーの消費量が少ない
  • 冷えやむくみが生じる

ということです。

カロリーの消費量が少ないと、脂肪燃焼も少ないために太りやすくなります。

また、座る時間が長いと姿勢が崩れやすくなったり、お尻には上半身の圧力がかかり、血行不良を招いたりします。

すると代謝が悪くなるために、身体には老廃物や脂肪が溜まりますので冷えやむくみを生じ、太りやすくなります

頑張って仕事をしているのにツラいですね。

しかし太りやすい仕事という上に椅子に座る時に太る座り方になっていれば、さらにツライ思いをしなければいけません。

太る座り方とは?

椅子への座りっぱなしが長いと姿勢が悪くなり、結果的に太る座り方を作ってしまうことがあります。

  • 脚を組む
  • 背もたれによりかかる
  • 机に肘をつく
  • 頭と顎を前に突き出してパソコン画面を見る
  • 猫背になる

という癖のある人は要注意ですよ。

椅子に座る時の姿勢が悪いと骨盤が傾いて歪みます。するとお尻や骨盤周辺の筋肉が緊張して、周りの神経の働きを低下させ冷えが生じます。冷えが生じれば血液やリンパの流れは悪くなり、老廃物が溜まりますのでむくみます。

また骨盤の歪みからお尻や骨盤周辺の筋肉の働きも低下しますので、脂肪が燃焼されずに溜まります。

まさに最悪の状況が出来上がりますね。このままではスッキリボディはどんどん遠のいてしまいます。

では最悪の状況を回避するためにはどうすればよいのかと言えば、痩せるための座り方が状況を変えてくれます。

痩せるための座り方には正しい姿勢が必要

痩せる座り方は、姿勢が悪いことから作られた太る座り方の逆を実行すれば作ることができます。つまり姿勢を正せば良いということです。

正しい姿勢が効果的な理由

デスクワークは動くことが少ないために消費カロリーが少なく、冷えやむくみがくるから太りやすいのでしたね。

しかし椅子に座る時の姿勢を正すと筋肉が鍛えられ、血液やリンパの流れも改善されることが期待できますので脂肪も燃焼されやすく、むくみも生じにくくなります。

正しい姿勢は筋肉に負荷をかけることにもなるため、消費カロリーが多くなることが期待でき、デスクワークのデメリットを解消することにとても効果的なものなのです。

痩せるための座り方に必要な正しい姿勢とは?

・頭からお尻まで身体を真っ直ぐに伸ばします。この時にはお腹、背中、お尻の筋肉を刺激するように意識しましょう。脂肪の燃焼が期待出来ますよ。
 
・足は地面にしっかりと付くように心がけます。両足でバランスを取る形になりますので身体、骨盤の歪みや血行不良を防ぎます。足の筋肉に意識を向けてしっかりと足を地面に付けると筋肉への刺激も高まります。

・顎や頭が前に突き出ないように注意して、なるべく頭をまっすぐに立てます。背中が真っ直ぐな姿勢になりますので猫背を防ぎ、胸を開いた状態になりますので呼吸を整えて代謝機能を向上させます。

姿勢の矯正は、始めは大変です。しかし、姿勢を正すことを痩せるための座り方へ
の基本として身に着けておくと、冷えやむくみの改善、代謝機能の向上という効果
が期待できます。

私は背中が痛くなることや、腰に負担がかかることもありましたが、良い姿勢を意
識し続けて繰り返す度に慣れていき、痩せるための座り方が出来始めました。

身体のプヨプヨも少しずつ気にならなくなり、筋肉も少しずつ締まってきましたし、お尻の贅肉ともさよならできそうですよ。

痩せるための座り方を実践すると意外な効果も表れる?

正しい姿勢をキープして、痩せるための座り方を実践していると身体全体への意外な効果も表れます。

たるみを防いで小顔効果を実感できる?

顔を下に向けて、首を折るように頭を下げてみてください。背中まで引っ張られるような感覚があるでしょう。

実は後頭部から首は、僧帽筋という背中の筋肉と繋がっているのですが、僧帽筋は猫背になっていれば弱ります。

すると僧帽筋と繋がっていた首、頭の筋肉はそれまでぴんと張っていた糸が切れるようにたるみが出て、頭から顔の皮膚もたるんでしまいます。

痩せる座り方でお尻、お腹、背中の筋肉を意識して姿勢を正していると猫背も矯正されますので、頭、顔の皮膚はたるみを防ぐことができ、小顔効果も実感できます。

痩せる座り方で小顔効果が期待出来るなんてビックリしますね。

両太ももをくっ付けて美脚を狙う

座っていると上半身の圧力がお尻の筋肉や血管や神経にかかり、冷えが生じて血液やリンパの流れが悪くなり、下半身へ老廃物が溜まりむくみが生じます。

そして太ももやふくらはぎが太くなるのですが、両太ももを閉じてしっかりとくっ付けていると筋肉が刺激を受けて、血流が良好になります。

するとリンパの流れも良好になり、溜まっていた老廃物が流されてむくみが解消され、足痩せや美脚が狙えます。

座り方を工夫するだけで足痩せや美脚が狙えるなんて、こんなに嬉しいことはありませんね。

骨盤矯正で小尻を目指す

太る座り方をしていると、骨盤の歪みが出て骨盤周辺の筋肉やお尻の筋肉の働きが低下して脂肪が燃焼されずに溜まるということはお伝えしましたね。

この状態は筋肉が緩んでいる状態でもありますので、お尻にはどんどんたるみが出てきます。さらに骨盤が歪むと横に広がります。

つまり筋肉のたるみと横に広がる骨盤で、お尻は大きくなってしまうのですね。お尻が大きくなることを防ぐためには、お尻の筋肉を緊張させて骨盤を引き締めた状態を続けなければいけません。

ここで効果的なのが痩せる座り方です。座る時には姿勢を正しくして、お尻の筋肉を緊張させて座りましょう。そうすれば骨盤も矯正され、小尻を目指すこともできますよ。

ちなみに私は骨盤矯正で「お尻がスッキリしたね」と友人から言われています。

まとめ

いかがでしたか?

痩せる座り方は「本当は小さな頃に教わった座り方だな」と思い出しました。

椅子に座るということを長く経験すると、姿勢も崩れてくるのですね。

スッキリボディになるための痩せる座り方、私も続けますがあなたも一緒に頑張ってみませんか?