「他は痩せてもお尻やお腹はなかなか痩せないのよね…」とは私たち女性の間では、ご挨拶になっているような言葉ですね。

実は、身体のパーツには痩せる順番があります。そして痩せるために行う運動や食べ方にも、痩せるために知っておきたい順番があります。

そこで今回は、身体が痩せることに影響を与える順番についてお伝えします。

この順番を知っておくと効率良く痩せる身体づくりが期待できますので、是非参考にしてくださいね!

身体のパーツの痩せる順番は、お尻が一番遅い!

私は手が長いということもあり「腕細くなったみたい、痩せた?」とよく知人友人から言われますが、お腹は出てお尻も大きめです。

それもそのはずです。お腹やお尻は身体のパーツの中で、痩せる順番が遅いのですから…。

痩せることとは?

私たちは痩せる目標として体重を気にしますね。しかし身体が痩せるという本来の意味は、体脂肪が減るということです。

体脂肪には皮膚の下に付いていて女性に付きやすい脂肪で、お尻や太ももなど私たちが努力してもなかなか落ちない皮下脂肪と、内臓の周りにくっ付いていて男性につきやすいメタボの元になる内臓脂肪の2つがあります。

2つの脂肪では内臓脂肪が先に落ち、後から皮下脂肪が落ちて痩せるのですが、皮下脂肪は付きやすく落ちにくいという特徴があります。そのため皮下脂肪がしっかりと付きやすい身体のパーツは、痩せにくいということにつながります。

身体のパーツの痩せる順番は?

身体にしっかりと付いて落ちにくい皮下脂肪ですが、皮下脂肪が落ちやすい身体のパーツが痩せやすいのかと言えば、それだけではありません。

もちろん皮下脂肪も大いに関係しますが実は、肝臓の場所に遠いか近いか、ということも痩せる順番には大きく関係するのですよ。

どういうことかと言うと?

  1. 手首や足首
  2. ふくらはぎ
  3. 二の腕
  4. 太もも
  5. お腹
  6. お尻

が身体が痩せる順番です。

この順番は肝臓から遠いところが痩せやすいということを表しています。

私は皮下脂肪の量だけが痩せることに関係しているのだと思って、お尻やお腹を必死にマッサージをして、脂肪を取り除こうとしていたのですが、肝臓が関係しているのならお尻やお腹はなかなか痩せないわけですね。

ではなぜ皮下脂肪はもちろん、肝臓までもが痩せる順番に関わってくるのでしょう?

皮下脂肪がしっかりついている場所と肝臓に遠いところから痩せる理由とは?

皮下脂肪の働きは

  • 脂肪に体内のエネルギーを蓄える
  • 脂肪で内臓を外的衝撃から守る

という作用があります。

お腹、腰、お尻というパーツは私たち女性にとって、女性特有の大切な子宮などの器官がありますので、皮下脂肪が外的刺激から女性特有の器官を守っています。だからその分だけ、皮下脂肪の量も多いというわけです。

つまり痩せる順番が早いパーツは女性特有の器官がありませんから、早く痩せるのですね。

また、肝臓については

  • 不足した時のために栄養を貯蔵する
  • 貯蔵した栄養を代謝する働きに役立てる
  • 体内にある毒素と闘う

といういずれも私達人間が生きていく上では、非常に大切な作用ですね。

そのため肝臓周辺のパーツには、身体にとって大切な肝臓の作用が低下しないためにも栄養として脂肪を貯えておく必要があります。

そのために痩せる順番が遅くなるのですね。

身体が痩せるための食べる順番は?

身体の痩せる順番には他に食べることにも影響があります。効率よく痩せるためには非常に重要なことですね。

それではここからは食べる順番についてみてみましょう。

食べる順番を変えるだけで痩せることが期待出来る

食べる順番で身体が痩せるためには

  1. 食物繊維
  2. タンパク質
  3. 炭水化物

の順番で食事を摂ることです。

私たちは、小さな頃からご飯、肉、魚を主に食べてきましたね。そして多くの人がそれぞれをまんべんなくご飯を食べたら肉や魚、その後にはまたご飯を食べてと言うように順番を気にせずに食生活を送ってきたのではないでしょうか?

しかし、食事の順番を少し気にして食べるだけで痩せることが期待できるとしたら…やってみようかな?という気持ちにはなれることでしょう。

なぜ食べる順番を変えると痩せるの?

痩せるための食べる順番は、身体に入る糖質を抑えることができる食べ方です。

食物繊維は糖を体内に吸収することを抑えたり、糖に絡んで一緒に排出させたりなどの作用があります。

そのため食物繊維が先に体内に入っていると、後から入ってくるご飯やパン、ジャガモイモなどが炭水化物である糖質は、体内に吸収されにくくなりますし、腸内環境も整えます。

すると身体的ストレスが軽減されますので、ホルモンが乱れて代謝が悪くなるということはほとんど心配ありません。

代謝が正常に作用するということは、痩せる身体への準備が整ってますので、痩せるための食べる順番は効果的になるというわけです。

また、糖質は体内に入るとブドウ糖に変わり、血液の中に吸収されて肝臓へ運ばれます。ブドウ糖に変わった糖質はその後、私たちが生きる上で、エネルギーとしての大切な働きをするのですが、体内でエネルギーとして使われない糖質は、筋肉や肝臓でブドウ糖が不足した時のために貯蔵されます。

ブドウ糖が貯蔵された状態が続いて消費されなければ…身体は太りますよね。

しかし食物繊維を先に食べたり量を多めに摂れば、お腹いっぱいになりますので食べる順番が最後である炭水化物の量は自然と少なくなり、摂取カロリーが抑えられます。

この方法は炭水化物が好きな人はかなり頑張る必要がありますが、身体が痩せることを必要とするならば、食べる順番を変えることを選びますよね。

身体が痩せるためには運動にも順番があった

身体が痩せるためには運動は欠かせません。しかし、運動にも痩せる順番があり違う順番で運動をすると効果は期待できません。

脂肪を燃焼するには筋肉は必要

脂肪は筋肉量が増えれば、私たちが生きるための内臓の動き、血液の流れなどを代謝する基礎代謝量が増えますので、脂肪の燃焼量も増えます。

それは基礎代謝がエネルギーを消費する時に、脂肪を燃焼するからです。

つまり脂肪を燃焼するには、筋肉を増やすことが必要なのだということですね。

身体が痩せるための運動の順番とは?

身体が痩せるためには筋肉を増やすとともに、ジョギングやウォーキング、エアロビ、水泳などの有酸素運動が必要です。

有酸素運動は体内に多くの酸素を取り入れながら行う運動ですから、体内の酸素量はいつもに比べると増えますね。酸素が増えると脂肪が燃えやすくなります。

また他に筋トレも重要です。

筋トレは筋肉を鍛えて筋肉量を増やし代謝の作用を高めます。そこに有酸素運動を行えば脂肪は一段と燃焼されやすく身体が痩せる、ということになります。

そのため身体が痩せるための運動の順番は

  1. 筋トレ
  2. 有酸素運動

です。

まとめ

いかがでしたか?

身体が痩せる順番を知っておくと、身体のパーツがどこから痩せるのかがわかるたダイエット中など、自分が今どの段階にいるのかを認識することができます。

さらに食べる順番と運動の順番をそれぞれ実行すると効率よく瘦せる身体づくりが期待できますよ。

私もすでに実行して、着々とスッキリボディへの道を歩んでいます。