私たち女性は理想のお尻とまではいかなくても、しっとりとしたすべすべ感のあるお尻は欲しいですよね。しかし意外に多くの女性が「実は以前からお尻にざらざら感があって…」という悩みを持っているようです。

そこで今回は、このお尻のざらざらの原因と予防、改善対策についてご紹介します。

大切なお尻が早くざらざらとサヨナラできるようにしっかりとチェックして、改善対策の参考にしてくださいね。

なかなか改善しないお尻のざらざらとは?

お尻のざらざらとした感触は、自分がとてつもなく汚いお尻を抱えているようで落ち込んでしまいますね。

一体このざらざらはどのようなものなのでしょうね。

お尻のざらざらへの悩みは女性にとって大きな問題

私たちは自分のお尻に対して、「瑞々しく、プルルンとしている」と思いたいですね。

しかしその思いとは裏腹に

  • お尻が黒ずんでざらざらしている
  • 温泉やスパに行くのが恥ずかしいくらいお尻が汚く見える
  • 皮膚が硬くなってカサカサ感とざらざら感がある

という状態になっている人も多いようです。

やはりお尻が綺麗にならない限り、延々とざらざらに悩む日が続くものですよね。

悩みのお尻のざらざらの種類とは?

お尻のざらつきには主にニキビ、ニキビ跡、毛孔性苔癬、粉瘤、汗疹などのぶつぶつの種類と乾燥により皮膚が硬化し、ガサガサした状態があります。

どの状態であってもざらつき感があると、醜く感じますね。
やはりお尻のざらざらを取り除かなければ、私たちが頭に思い描いている「瑞々しくプルルンとした状態」には近づけません。

生活の中に潜むお尻のざらざらの原因 

お尻のざらざらの原因は、私たちの毎日の生活の中に当たり前のように潜んでいます。まずはその原因をチェックしてみましょう。

乾燥による角質硬化

お尻の皮膚のざらつきは、乾燥が原因になることがほとんどです。

私たちの皮膚は角層というものが一番上にあり、上から表皮、真皮、皮下組織という順番で作られています。そして角層には潤いを保つためのセラミドと言う物質が存在していて、水分をキープしています。

しかし皮膚は環境や年齢の影響により、セラミドが減ります。すると皮膚の水分は少なくなり、乾燥した状態が出来上がります。

乾燥すると皮膚は自身を守る機能が低下しますので、角質が硬くなって身を守ろうとします。

そうして乾燥した状態が続く限り、角質も硬い状態が続き、やがては皮膚がガサガサしてざらつきが出てくるわけですね。

摩擦の刺激による皮膚のダメージ

ほとんどの人は1日中下着をつけていますね。実は下着による摩擦というものが、お尻の皮膚にダメージを与えることも少なくありません。

例えば素材によっては蒸れを生じるものもあります。その後蒸れが乾くと、乾燥の状態を招きます。

するとこの時お尻にかかる下着の摩擦が皮膚を刺激して、ざらざらを作る原因になります。

また摩擦は下着に限らず、椅子から受ける刺激も同様です。

椅子に座るとお尻は座面と擦れ合うことがありますね。すると座面との擦り合いで摩擦を起こしますので、ここでもまたざらざらの原因を作ります。

圧迫による血行不良

椅子による刺激は摩擦だけではありません。

座ると上半身の重みを感じることもありますね。この時お尻には上半身の重みで負担や圧力がかかり、血行不良を起こすこともあります。

そうすると椅子の座面との摩擦と血行不良で、皮膚に必要な栄養が届かなくなったり、老廃物が滞ったりして、皮膚の状態は守りの機能の低下を招きます。

そのため、皮膚が硬化して、やがてはお尻のざらざらが作られることもあります。

さらに体型保持やスリムに見せるためにガードルや矯正下着を付けることがありますが、この締め付けによる圧力で血行不良も考えられます。

よくこれらの下着を取るとフーッと息が付きやすくなり、血液が流れるのを感じますね。つまり下着をつけている間中、血行不良になっていたということです。

生活習慣の乱れによる皮膚の荒れ

ストレスが溜まったり不規則な生活が続いたりすると、女性ホルモンの乱れを引き起こします。

プロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンは相互関係のバランスを保ちながら皮膚の美しさを作り保つのですが、女性ホルモンの効果を十分に得るためには生活習慣の乱れは禁物です。

お尻の皮膚の乾燥が起こったり、ざらざらの改善がなかなかできないという状態になることも考えられますよ。

お尻のザラザラを予防改善するための対策とは?

お尻のざらざらを一刻も早く改善して予防するためにはしっかりと対策を取ることが必要です。ここではその対策をチェックしてくださいね。

皮膚のターンオーバー活性化の促進

お尻のざらざらは正常な皮膚のターンオーバーが必要です。そしてさらに代謝アップをさせて改善を期待したいですね。

まずは原因となっている可能性がある下着の締め付けや、椅子に座る時の摩擦などを改善しましょう。

そのためには下着のサイズの見直しで締め付けを失くし、椅子にはクッションを使用するなどして摩擦を防ぐことが大切です。

また、お尻を温めるマッサージやストレッチで血行促進効果を狙うことも一つの方法ですね。

ピーリング

ピーリングは皮膚に残った古い角質を剥がし、新しく健康的な皮膚に生まれ変わらせます。そして皮膚のターンオーバーを正常にして活性化させますので、お尻のざらざら感の予防改善が期待できます。

また、毛穴の汚れ除去、色素沈着、ニキビやニキビ跡の予防改善そして角質硬化の予防改善にも効果的です。

ただ、ピーリングは皮膚が炎症を起こしている時には逆効果になることもありますので、お尻の皮膚の状態をよく確かめて行うことが大切ですね。

質の良い睡眠時間の確保

睡眠中は身体の隅々にまで血液を行き渡らせて皮膚の再生が行われ、皮膚にとって重要な働きをする成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは眠りに入って3時間位が最も分泌され、美しい皮膚を導く働きを始め、睡眠中の皮膚の再生がしっかりと行われるためには6時間は必要と言われます。

そのため睡眠不足は皮膚の荒れを起こしますので、お尻のざらざらが作られやすい状態になるのですね。

食生活の見直し

炭水化物は私たちの活動源になりますので、不足すると代謝も低下することがありますので皮膚にとっても必要な栄養素です。

ただ糖質ですからあまり摂りすぎると体重が増えますので、お尻への刺激も増えかねません。

そのため炭水化物は摂り過ぎに注意が必要ですね。

タンパク質やビタミン類はしっかり摂りたい栄養素です。

タンパク質は美しい皮膚を作る源にもなりますし、代謝機能もアップさせます。

ビタミン類は抗酸化作用があり皮膚のアンチエイジング効果が期待できますし、健康的な皮膚作りと保湿に効果的な栄養素です。

ただ、単体でいくら良い栄養素でもそれぞれの役割がありますし、お互いに助け合いながら効果を発揮していますので、それぞれの栄養素が持つ効果を得ようと思えば、バランスよく摂ることが必要ですね。

まとめ

いかがでしたか?

お尻のざらざらは女性の美しさの邪魔をするし、悩みを与えるし、良いことはありませんね。

自信をもって笑顔でいるためにも美しいお尻を目指して、ざらざら予防改善にしっかりと励みましょうね。