お尻の骨が痛い時はどうしたらいいの?

時々、お尻のくぼみにある尾てい骨が痛い時があります。

尾てい骨の痛みは、ある日突然感じる事もあれば、徐々に痛みを感じる事もあります。

尾てい骨に痛みが走る原因は複数あり、原因によってはかかるべき診療科が違う場合もあります。

尾てい骨が痛い時でも、痛みの原因をある程度知っておけば病院を選ぶ時の参考になります。

尾てい骨の痛みの原因と、原因に合わせた診療科についてご紹介します。

尾てい骨が痛い時に考えられる原因

尾てい骨に痛みを感じる時に考えられる原因について取り上げます。

まずはこれらの原因に心当たりがないか、普段の生活を振り返ってみて下さい。

心当たりがある場合は、それぞれ適切な診療科を紹介しているので、そちらで医師の診察を受けるようにして下さい。

心当たりがない場合でも、そのまま放置せずにかかりつけの医師に相談するようにして下さい。

尾てい骨を強打するような事があった

尾てい骨に痛みを感じるようになる前に、しりもち等お尻を打ち付ける様な事があった場合、尾てい骨やその周辺がダメージを受けている事が考えられます。

打撲や、骨にヒビが入る、骨折等、症状は複数ありますが、どれも整形外科での治療が必要です。

尾てい骨の場所を押すと痛い場合や、トイレの時や夜眠る時等、特定の姿勢を取ると痛みを感じる場合は、整形外科で相談するようにしましょう。

放置していると悪化する事もありますので、尾てい骨や腰を強打した記憶がある場合は、できるだけ早く医師の診察を受けるようにして下さい。

姿勢が崩れている

ずっと座っていると尾てい骨に痛みが走る場合や、じわじわと痛みを感じる場合、姿勢の崩れが痛みを生み出している事が考えられます。

崩れた姿勢で座っていると、体の一部に負荷がかかります。

本来、正しい姿勢で座っていれば体の負荷は均一にかかりますが、姿勢が崩れているとそのバランスが崩れるので、痛みが走る事があるのです。

姿勢が崩れている為に、尾てい骨やその周辺に負荷がかかってしまい、痛みが生じる事もあります。

デスクワーク等で長時間座る事が多い人は、この姿勢の悪さから尾てい骨やその周辺に痛みを感じる場合があります。

また、体を支える筋肉が衰えていると、姿勢が崩れていき痛みを感じる事もあります。

座っている時間が長い人や、姿勢の悪さに心当たりがある人は、整形外科での相談をおすすめします。

整形外科では姿勢の悪さを改善する為の相談も受け付けてくれます。

診察やレントゲン、超音波等の検査を通して、どうすれば正しい姿勢を作る事が出来るかを詳しく教えてもらう事が出来ます。

もちろん、尾てい骨の痛みに対する治療や相談もできるので、痛みを感じたら整形外科で相談するようにしましょう。

妊娠や出産の影響

女性の場合、妊娠や出産時の影響から尾てい骨に痛みを感じている事があります。

妊娠や出産時に女性の骨盤は大きく広がります。

尾てい骨も骨盤につながっている上に、赤ちゃんがお腹にいる時は赤ちゃんを支えている場所でもあります。

その為、妊娠時や出産時に尾てい骨やその周辺に痛みを感じる事があるのです。

出産後は広がった骨盤や筋肉が元の状態に戻ろうとするので、この動きに対しても痛みを感じる事があります。

また、赤ちゃんのお世話をする上でミルクを上げたり寝かしつけをする時に、長時間同じ姿勢でいる事も多いです。

長時間同じ姿勢でいる事による負荷によって、痛みを感じる事もあります。

赤ちゃんがお腹の中にいる女性や、赤ちゃんの世話をしている女性は、一度産婦人科で相談してみましょう。

産婦人科の他では、赤ちゃんの検診の際に相談するのも有効です。

尾てい骨やその周辺の痛みは、妊婦さんや赤ちゃんのお世話をしている人に良くある症状の一つです。

産婦人科や検診の時にかかる先生もよく知っている症状ですから、安心して相談して下さい。

ストレス

整形外科等で検査をしてもらっても、特に異常が出ない事があります。

検査をしたのに全く異常がない、それでも痛いという場合は、ストレスが関係している可能性があります。

人の体はストレスを感じると体が緊張するようにできています。

ストレスの症状の一つに肩や首、背中のコリや筋肉の痛みがありますが、これはストレスによって体の筋肉が緊張状態になった事で出る症状です。

尾てい骨周辺にももちろん筋肉はありますから、ストレスによる緊張が尾てい骨やその周辺に出る事もあります。

痛みやコリの原因となるストレスは、精神的なストレスだけでなく、肉体的なストレスも原因になる事があります。

例えば、長時間パソコンを使う人の場合、パソコンを長時間見つめる為に目に負荷がかかります。

これも立派なストレスの一つです。

最近はスマホを長時間操作する事が原因で、こうした肉体的なストレスがかかりコリや筋肉の痛みを訴える人もたくさんいます。

ストレスの原因となる要因はたくさんあるので、注意が必要です。

まずは整形外科にかかり、異常がないか確認しましょう。

整形外科で痛みの原因が分からない場合や、ストレスを感じるようなことに心当たりがある場合は、ストレスの原因に対処する必要があります。

場合によっては、かかった診療科で心療内科での治療をすすめられる事もあります。

激しい痛みやしつこい痛み、他に症状が出ている場合は必ず医師の診察を

尾てい骨の痛みが強い場合や、痛みがしつこく続く場合、腰痛等他の部分も痛みを感じる場合は、病気が考えられます。

神経や骨、腰回りの筋肉に異常が出ると、尾てい骨や腰に激しい痛みが発生する事があります。

痛みが穏やかでも、いつまでも痛みが続くようなら、神経や骨、筋肉に異常が出ている可能性があります。

痛みが強い場合や、いつまでも痛みが続く場合、尾てい骨以外にも症状が出ている時は、必ず医師の診察を受けて下さい。

まずは整形外科で診察を受けて、異常がないか確認してもらって下さい。

尾てい骨に痛みがある時は、無理せず病院へ

尾てい骨に痛みが走る原因は複数あります。

心当たりがある場合もない場合も、医師の診察を受けるようにして下さい。

尾てい骨やその周辺に異常が発生している場合、放置していると悪化する事もあります。

痛みを我慢せずに、できるだけ早く医師の診察を受けて下さいね。