下半身太りは普段の生活が関係している

上半身はすっきりしているのに、お尻や腰回り、太ももの太さが気になる…。

いわゆる下半身太りの状態です。

下半身太りの状態は、普段の生活が原因になっている場合があります。

下半身太りの原因を知り、普段の生活から原因を取り除きましょう。

下半身痩せに効果のあるエクササイズも同時に紹介していきます。

下半身太りの原因

下半身太りの原因は、骨格の歪みや筋肉の衰えが関係しています。

また、普段の食生活が関係している事もあり、骨格の矯正やエクササイズだけではうまくいかない場合もあるのです。

下半身太りの主な原因と特徴を取り上げていくので、自分にはどの原因が当てはまるか考えてみて下さい。

骨盤の歪み

骨盤に歪みがあると、必要以上にお腹やお尻が突き出るような体系になります。

また、骨盤の歪みは大転子の出っ張りを生み出します。

大転子とは、股関節付近にある骨の出っ張りの事です。

骨盤が正しい位置に収まっていないと、この大天使が出っ張ってくるので下半身が太っているように見えてしまうのです。

この他、骨盤が正しい位置にないと、お腹がポッコリ出てきたり、お尻が突き出るような姿勢になります。

スタイル自体は痩せているのに、なぜかお腹やお尻が出ているように見える人や、大転子の出っ張りが確認できる人、普段から姿勢が悪い人は骨盤の歪みが原因で下半身が太っているように見えている可能性があります。

骨盤がゆがんでいる状態だと、下半身に脂肪がつきやすい体になってしまうので、普段から姿勢や骨盤を意識した生活をする必要があります。

下半身の筋肉が衰えている

下半身太りの原因は、骨格だけではありません。

腰やお尻、足回りの筋肉が衰えていると下半身の引き締めが緩んで太っているように見えます。

下半身の筋肉が衰えていると、プロポーションに影響が出るので、鏡で確認するとよくわかります。

例えば、お尻の筋肉が衰えていると、お尻の肉が重力に従って下に落ちている事が分かります。

お尻が太ももに乗っかるような状態になる垂れ尻です。

この他、足の筋肉は体の中でも大きい筋肉なので、下半身の筋肉が衰えると冷え性やむくみといった症状が出る事もあります。

普段から座って仕事をする人や、普段運動をする機会がない人、下半身の肉が垂れている様な印象を受ける人は、筋肉の衰えが原因である可能性があります。

塩分の取りすぎやむくみ

骨格や筋肉だけでなく、むくみやが原因である事もあります。

むくみは体内に余分な水分が溜まる事で起きています。

むくみの原因はたくさんあり、骨盤の歪みや筋肉の衰えもその一つです。

その為、骨盤の歪みや筋肉の衰えと共に、むくみも起きている事が多いのです。

また、塩分の取りすぎもむくみを生み出します。

毎日塩分の多い食事をしていると、体が血液の塩分濃度を下げようとして水分を体にため込みます。

これにより、体内に必要以上の水分がため込まれてむくみが起きるのです。

上の原因が当てはまる人や、普段から塩分の多い食事をしている人は、むくみの対策をする必要があります。

下半身痩せの為の改善策

下半身痩せを目指すためには、一つの方法だけ行えば良いという訳ではありません。

むくみの様に、他の原因も関係している原因がありますから、複数の原因に対処できるように、有効な改善策を並行して行う必要があるのです。

下半身痩せに有効な改善策をいくつか紹介していきます。

骨盤や姿勢の歪みを正す

骨盤が原因で下半身太りが起きている人、下半身にむくみが起きている人に有効な方法です。

骨盤や姿勢は普段の生活が影響しています。

まずは整骨院や整形外科等で自分の骨盤や姿勢の歪みを確認してみましょう。

骨盤や姿勢に関するアドバイスももらえるので、自分流で行うよりもより確実な方法を教えてもらえます。

この他、普段足を組む癖や内また歩きをする人はこの癖を改めましょう。

足を組む、内またで歩くといった癖は骨盤や姿勢の歪みを生み出します。

バッグを肩にかける時や、足を崩して立つ時にも注意が必要です。

いつも決まった側にバッグをかけたり、決まった側の足を崩すようにしているとそれが体の癖になって骨盤や姿勢の崩れにつながります。
何気ない動作や癖から骨盤や姿勢は崩れていきますので、普段から気を付けるようにして下さい。

下半身を鍛えるエクササイズを行う

下半身のエクササイズも、下半身痩せには重要です。

骨盤を正しい位置に収める、正しい姿勢を保つには下半身の筋肉がしっかりと発達している必要があります。

また、体内の余分な水分を排出するには、筋肉の力も関係しています。

下半身を痩せさせる為には足腰の筋肉を鍛える必要があるのです。

足腰を鍛えるエクササイズとして、スクワットが効果的です。

スクワットは下半身を中心に、多くの筋肉を鍛える事が出来ます。

また、有酸素運動でもあるので、脂肪を燃焼する効果もあるのです。

次にやり方を紹介します。

スクワットのやり方

まず、足を肩幅くらいに開き、体をまっすぐ前に向けます。

始めたての頃は、手を前に真っ直ぐ突き出した体制で行うとやりやすいです。

最初の姿勢を作ったら、椅子に腰かけるように、息を吸いながらゆっくりと腰を落としていきます。

この時、膝がつま先よりも前に出ないように意識しながら行って下さい。

お尻からゆっくりと腰を下ろすようにするとうまくいきます。

腰を下ろしていって、太ももが地面と平行になる位になったら2,3秒その姿勢を維持します。

2,3秒たったら、息を吐きながらゆっくりと元の姿勢に戻っていきます。

これを10~15回繰り返して1セットです。

スクワットは毎日やるよりは2、3日ごとに行うと効果的なエクササイズですから、運動が苦手な人でも続けられるエクササイズとなっています。

普段から栄養バランスの良い食事を心掛ける

普段の食事も下半身痩せには重要な要素です。

普段からむくみを意識した食生活を送るようにしましょう。

塩分の多い食事は控えめにして、栄養バランスの良い食事を心掛けて下さい。

味の濃い食べ物は塩分が高めの物が多いので、こうした食品は避けるようにしましょう。

むくみには葉物野菜や果物、豆・ナッツ類に多く含まれているカリウムが効果的です。

カリウムは体内の塩分濃度を調節してくれる効果があります。

普段の献立に葉物野菜を使ったサラダを組み入れる、デザートや間食にナッツや果物を食べるのも効果的です。

下半身痩せには、普段の生活からの注意が必要

下半身痩せを目指すには、自分の体に対する注意が必要です。

普段から骨盤や姿勢の崩れ、筋肉の衰え、むくみが起きないように気を付けるようにしましょう。

普段から気を付けるようにしていれば、スリムな下半身を手にれる事が出来ますよ。