お尻にできるセルライトはきれいにできる?

美しいお尻を目指す上で気を付けていきたいのがセルライトの存在です。

お尻にセルライトのブツブツがあると、どうしてもきれいなお尻には見えません。

セルライトを改善するには、セルライトがどうしてできてしまうのか、どうやったら改善する事が出来るのかを知る必要があります。

セルライトが出来る原因や改善策等、お尻にできるセルライトについて取り上げていきます。

そもそも、セルライトってどんなもの?

セルライトは簡単に言うと「脂肪や老廃物で大きくなった脂肪細胞」の事です。

お尻や太もも等の脂肪が多い場所にできる事が多く、外から見るとブツブツしています。

触ってみると痛みはなく、固いしこりの様になっています。

肥大化した脂肪細胞に脂肪や老廃物が溜まり込み、このようなブツブツを作り出しているのです。

セルライトを作り出している脂肪細胞は名前の通り、体内に脂肪を蓄える為の細胞です。

美容や健康の大敵と言われている脂肪ですが、本来体にはなくてはならない物質です。

脂肪は体内の機能を動かすエネルギーであり、体の働きを促すホルモンの材料にもなります。

また、温度や衝撃等の外側からの刺激を吸収し、ダメージを緩和する機能もあるのです。

その為、脂肪は体になくてはならない物質であり、脂肪細胞はその脂肪を蓄え、必要な時には脂肪を代謝させる働きをしています。

しかし、脂質を取り過ぎたり、運動をあまりしないでいると脂肪細胞に大量の脂肪が蓄えられるようになります。

脂肪細胞の周りには血管やリンパ管等、体の循環を行う器官がありますが、脂肪細胞が大きくなるとこうした器官が圧迫され、流れが悪くなります。

体の血液やリンパの流れが悪くなると、様々な不調が出る様になります。

血液の流れが悪くなると、体温が下がり脂肪を燃焼する効果もそれに合わせて低下します。

脂肪は周りの温度が低いと固まる性質がありますから、体温が下がると体に脂肪がたまり、太りやすい体になってしまうのです。

また、リンパの流れが悪くなると、体内にある老廃物を排出する力も下がりますから、体に老廃物が溜まりやすくなります。

脂肪細胞が大きくなると、脂肪と老廃物が溜まりやすくなるのです。

この大きくなった脂肪細胞がくっ付いたり、老廃物と結びつくようになった物がセルライトです。

セルライトが出来てしまう原因

セルライトが出来てしまう原因はたくさんあります。

セルライトが出来る原因を紹介していきますので、まずは自分で原因を作り出していないか、予防できそうな事はないか確かめてみましょう。

脂質や塩分の取りすぎ

脂肪細胞を大きくする原因となる、脂質の取り過ぎはセルライトを作り出します。

脂肪細胞の働きは脂肪を蓄える事ですから、脂っこい食べ物を食べれば脂肪細胞が大きくなるのは当たり前ですね。

この他、甘い物やアルコールにも脂質やその元となる成分が多く含まれているので注意が必要です。

塩分の多い食べ物にも注意が必要です。

塩分が多い食べ物は、脂質の様に脂肪細胞を大きくするわけではありませんが、セルライトを作り出す原因と言われています。

塩分の多い食事をすると、体内の塩分濃度を下げようと体が水分を蓄えます。

体内に余分な水分が蓄えられると、この水分によって血管やリンパの流れが圧迫され、結果的に脂肪細胞が大きくなってしまった時と同じ現象が起こるのです。

血液やリンパの流れが悪くなるとセルライトが出来てしまいます。

セルライトの予防には、脂肪細胞の肥大化だけでなく、むくみによる影響も気を付けなくてはならないのです。

血行不良

血行不良はセルライトを生み出す原因となります。

血行が悪くなると体温が下がり、体内の脂肪が燃焼しにくくなります。

体の代謝機能も共に落ちていきますので、リンパの流れも悪くなり、老廃物が脂肪と共にたまりやすい体が出来てしまうのです。

特にお尻は筋肉が少なく、脂肪が多い部分なのでより血行不良の影響を受けやすい部分でもあります。

筋肉は体温を作り出す機能もあるので、筋肉の少ない部分はそれだけ冷えの影響を受けやすいのです。

セルライトの出来る部位を触ってみると、ヒヤッとしている事が多いです。

これは、その部分が血行不良で冷えている為に起きています。

不規則な生活

不規則な睡眠時間、バランスの悪い食生活、アルコールの大量摂取や喫煙等、体に悪い生活習慣はセルライトを生み出す原因となります。

不規則な生活をしていると自律神経が乱れ、代謝や血行に悪影響を与えます。

不規則な生活をしていると、セルライトが出来やすい体を作り出してしまうのです。

お尻にできたセルライトを改善する方法

セルライトはできてしまうと取り除くのに長い時間がかかります。

その為、セルライトの改善には根気が要ります。

時間はかかりますが、長い時間しっかりと改善策を行っていればきれいにする事もできますから、あきらめずに挑戦してみて下さい。

また、これ等の改善策は予防にも効果があります。

セルライトはできてから対策するよりも、できないように気を付けていく方が簡単です。

セルライトがお尻にある人も、無い人も、きれいなお尻を手に入れるにはセルライトの改善策が重要になっていきます。

リンパマッサージをする

マッサージで血行やリンパの流れを促すと、セルライトを取り除く事が出来ます。

体内の脂肪も、バターやラードと一緒で温めると溶けていきます。

血行やリンパの流れを促すリンパマッサージを行うと、体が温まり体内のセルライトも溶けていくのです。

毎日、お尻を中心にリンパマッサージを行うと効果的です。

リンパマッサージを行う時は、専用のマッサージクリームやアロマテラピーで使用するキャリアオイルを活用するとよりマッサージの効果を得る事が出来ます。

また、クリームの中にはセルライト専用のクリームも存在していますので、こうしたクリームを利用するのもおすすめです。

運動をして筋肉を増やす

セルライトの改善には、体温が重要です。

運動をすると体温が上がり、脂肪が燃焼しやすい体になりますので、セルライトにも効果があります。

運動をする際は、脂肪を燃焼する有酸素運動と、筋肉をつける無酸素運動をバランスよく行う必要があります。

体を温めるには、筋肉の体温を作り出す機能が重要になってくるからです。

冷え性で、冷え対策をしているのに改善しない、という人は筋肉が衰えている為にこの体温を作り出す機能も低下してしまっている事があります。

冷え性はセルライトを作り出す体質の一つです。

セルライトの改善と予防には、バランスの良い運動がとても大切なのです。

お尻のセルライトを改善、予防していくには下半身を中心に鍛える運動がおすすめです。

有酸素運動ではウォーキングや踏み台運動が効果的です。

無酸素運動では下半身の筋肉を鍛えられるランジや、有酸素運動としての効果もあるスクワットがおすすめです。

今回はランジのやり方を紹介します。

ランジのやり方

背筋を伸ばしてまっすぐ前を向き、足を肩幅程度に広げて立ちます。

足を開いたら、片方の足を前に1歩半前に出します。

その状態で体をゆっくりと沈めていきます。

ある程度踏み込んだら、ゆっくり体を戻してからもう片方の足も同じ様に踏み込んでいきます。

これを両足やって1セットです。

大体、最初は3セットから始めます。

ある程度慣れてきたら、セット数を増やしたり、手にダンベルや水入りのペットボトルを持って行うと丁度良い負荷をかける事が出来ます。

体を温める習慣を身に着ける

セルライトの改善や予防には、体を温める習慣を心掛ける事も大切です。

体を温めるためには、食事や入浴にも気を付ける必要があります。

お風呂に入る時はシャワーだけで済ませずに、お湯につかるようにして下さい。

体を温めると新陳代謝が活性化され、脂肪が燃焼しやすい体を作る事が出来ます。

気温よりも少し熱めの温度だと、より脂肪を燃焼しやすい状態になります。

湯船につかる前にぬるめのシャワーでお尻を先に刺激しておいてから浸かるようにすると、温度の刺激によって新陳代謝を促す事も可能です。

お風呂の中でのマッサージも効果的です。

食事では、脂肪や糖分、塩分やアルコール等のセルライトやむくみの原因になる成分を含んでいる食事は控えめにして、体を温める食材を積極的に食べるようにすると効果的です。

血流を促すビタミンEが含まれているアーモンドやカボチャ、血液をサラサラにする成分がある青魚、体を温める成分が入っているショウガやトウガラシ等がおすすめです。

お尻にできたセルライトは、長期的なケアが必要!

お尻に一度セルライトが出来てしまうと、長期的なケアが必要になります。

原因が分かっていればある程度は予防する事が出来ますから、普段から気を付けましょう。