なかなか痩せない人は歩き方に問題があるかも!?

色々なダイエットを試してきたけど、下半身がなかなか痩せないという人もいらっしゃるかと思います。

その原因は、普段の歩き方が大きく関係しているかもしれません。

このようなタイプの人は知らないうちにクセのある歩き方をしてしまい、足が太くなりやすい状態を作ってしまっている可能性があるのです。

しかしその歩き方を改善することにより、簡単に足を綺麗に痩せることができます。

間違った歩き方の中でも、浮指になっている人は太ももに脂肪が付きやすくなり、洋ナシ体型になる原因となります。

そこで簡単に下半身を痩せることのできる痩せる歩き方について説明していきますので、下半身太りや歩き方が気になっている人は是非参考にしてみて下さい。

痩せる歩き方とは?

痩せる歩き方も大切ですが、それと同時に正しい姿勢で歩くことも痩せるためには重要なポイントです。

よって痩せる歩き方を身に付け、普段から意識して歩くことで、辛い食事制限をしなくても太ももや足を痩せることのできるかもしれません。

正しい姿勢

痩せる歩き方を始める前に、歩く姿勢にも注意しておきましょう。

正しい姿勢として、骨盤が立った状態にすることが重要です。

まずおへその下に力を入れてお腹をへこませることで、骨盤の位置をまっすぐ上に立てることができます。

そして猫背などにならないように注意し、肩甲骨を身体の中心に寄せて、胸を開き、背筋を伸ばしましょう。

そうすることで正しい姿勢にすることができますが、お腹をへこませ過ぎてしまうとお尻が出てしまうので、注意しておきましょう。

また胸の張り過ぎてしまうのも反り腰になってしまい、お腹が出てしまうので糸で頭の先を引っ張られているイメージで正しい姿勢を心がけることが大切です。

痩せる歩き方

正しい姿勢ができるようになったら、痩せる歩き方をマスターしていきましょう。

まず歩く際には膝の裏を伸ばしたままで歩き、横から見たときに「人」の字のようになるように意識することが重要です。

そして腕は後ろに引くだけで、前に振り出さないようにするのも痩せる歩き方にするポイントとなっています。

このように二の腕を後ろに引くことによって肩甲骨が動くので、背中の筋肉を使うことができるようになるのです。

そして歩くときはかかとで地面を押して踏み出してから、かかとから着地することを意識するようにして下さい。

このようにかかとから歩き着地することで膝などに負担をかけることを減らすことができます。

また、つま先はまっすぐ前に向くようにしておきましょう。

さらに大股で歩幅を広くし、お尻、お腹、太ももの裏に力を入れることを意識することも、下半身痩せには効果的です。

足を効率的に痩せるウォーキング

普段の歩き方を上記のような痩せる歩き方に変えるだけでも、足痩せ効果を期待することができますが、積極的に太ももダイエットをしたい!という人にはウォーキングがおすすめです。

中には普段歩いているからウォーキングはしなくていいのでは?と思う人も多いですが、歩くのとウォーキングは似ていますが効果は全然違います。

またウォーキングは運動目的で行うものなので、その効果は違って当然です。

よって足を痩せるためにウォーキングをする際には、上記でも説明している正しい姿勢で、腕を大きく後ろに引きながら大きい歩幅で歩き、全身の筋肉を使うようにしましょう。

さらに痩せる歩き方を意識しながら行うことで、足の筋肉をバランスよく使い、筋肉も同時に鍛えることもできるため、下半身の引締めたい方にもおすすめです。

その他にもウォーキングは有酸素運動なので、ダイエットには嬉しい脂肪燃焼効果があります。

そもそも歩くことで足の裏に刺激を与えることができ、血行が促進してむくみにくい足にすることができます。

さらにこのようなウォーキングは、自分のペースで行うことができるので、激しい運動が苦手な人にも最適です。

最初は毎日続けることが難しくても定期的に行うことで、自然と痩せる歩き方をマスターすることができるようになるので、普段から歩き方に気を付け、綺麗な足になれるようにウォーキングや歩くことを習慣にしていきましょう。

間違った歩き方には要注意!

普段の歩き方や姿勢は、足の太さや骨盤などに影響を与えてしまいます。

特に膝を曲げた状態で歩いたり、内股歩きになっていると足などの下半身が太りやすくなります。

また、内股歩きは女性には多いですが、内股になると骨盤も開いてしまうので、自然とお尻も大きく見えるようになり、下半身太りの原因となってしまいます。

よって日頃からハイヒールを履いている人は、膝を曲げて歩いてしまうこともあるので、足が歪んでしまい、太ももに脂肪が付きやすくなるのです。

そして間違った歩き方の中でも、身体が前のめりになっていたり、反り腰になっていると歩いているときの見た目も悪く、足にも負担をかけてしまっているので注意しておきましょう。

間違った歩き方は足のトラブルでも多い、外反母趾、巻き爪、むくみなどの原因になりかねません。

特に女性は足のむくみで悩むことがあるかと思いますが、むくみが慢性化してしまうこともあるので、むくみを改善するためにも痩せる歩き方を行い、むくみにくい足にしておきましょう。

いかがでしたか?

痩せる歩き方をマスターすることで、日頃から太ることを予防できるため、是非この機会に習慣にしていきましょう。