お尻が冷える症状について

手足の冷えはよくあるけど、お尻まで冷えるの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、お尻は普段露出しないからといって冷えにくい場所ではありません。

実はそんなお尻の冷えを気にしている人も多く、お尻が冷えてしまうと身体は冷えたところを温めようとするため、脂肪を付けようとお尻が大きくなってしまう原因にもなりかねません。

また下半身が冷えると、血液循環が低下して流れも悪くなるので、下半身やお尻部分に老廃物や毒素が溜まりムクミなどが起こってしまいます。

特にお尻は子宮や骨盤の周りにあることもあり、お尻が冷えると骨盤内の血流にも影響が出てくるので、冷やさないように日頃から注意しておかなければなりません。

しかしお尻の冷えをどう対処し、改善すれば良いのか分からない人も多いため、お尻の冷えの原因や改善方法について詳しく説明していきます。

お尻が冷える原因とは

お尻は脂肪が付きやすい場所ですが、お尻を大きくする主な原因には、お尻の冷えを防ぐことが挙げられます。

このようお尻の冷えで脂肪を付けないためにも、まずはお尻が冷えてしまう原因を把握しておきましょう。

内臓が冷えている

お尻には毛細血管が集まっているのが特徴ですが、毛細血管は体温調節するために重要な役割を持っています。

よって生命を維持するために必要な内臓が冷えてしまうと、身体は優先的に内臓を温めようとするので、内臓に近いお尻の部分は後回しになり、お尻の血液循環が悪化するだけでなく、お尻の温度はどんどん冷えてしまうというワケなのです。

筋肉が少ない

お尻の筋肉は普段使用することが少ないため、運動不足になると急激に衰えてしまいます。

しかし筋肉が減ってしまうと脂肪が増えやすくなり、お尻が冷える原因となるので、ヒップアップだけでなくお尻の筋肉は普段から鍛えておくことが大切です。

さらにお尻の脂肪も保温の機能を持っているため大切なものですが、脂肪は1度冷めると温まりにくい特徴があるので、脂肪が付いていたり、セルライトの症状がお尻に出ている人は、日頃からお尻に溜まった老廃物や脂肪の分解のために自宅で簡単なマッサージをしておくと良いでしょう。

血行不良

普段から仕事でデスクワークなどの長時間座っていることの多い人は、どうしてもお尻の血行が悪くなってしまいがちです。

また立ちっぱなしの人も同様に、血行が悪くなることでお尻が冷える原因もなりますので注意しておきましょう。

このように生活の中にお尻が冷える原因はさまざまなものが考えられるため、まずは生活から見直していくことがポイントです。

お尻が冷えるのを改善するためには

お尻の冷えを改善するには、温活が有効だと言われています。

この温活とは、基礎体温を健康な値にして免疫力を向上させ冷え性などの改善をするというものです。

現在では多くの女性がこの温活に注目しており、お尻の冷えだけでなく、冷え性の改善のためにも利用されています。

下半身は冷やさない

下半身を冷やさないというのは、お尻の冷えを予防するための基本です。

身体の冷える冬場はもちろんですが、夏場も冷房が効いていることもあるので、十分に注意しておきましょう。

よってそんなときは、毛糸のパンツなどのアイテムを使用し、お腹やお尻の周りを温めるようにしておきましょう。

またデスクワークなどで長時間座る場合には、膝かけや湯たんぽを使用するのもおすすめです。

特に太い血管は首元に集まっているので、首にマフラーやストールで温めるのも効果的です。

お風呂は十分な時間入る

お風呂は38℃くらいのぬるめに設定し、30分程度ゆっくりと浸かることがおすすめです。

ゆっくり浸かることで身体の芯から温まることができ、お尻の血行も良くなります。

さらにお風呂の際に炭酸ガス入りの入浴剤を使用することで、炭酸の気泡で肌が刺激され、血行が良くなり短時間で温まることができるため、長時間湯船に浸かるのが苦手な方はそのような入浴剤を使うのもおすすめです。

適度な運動

上記でも述べていますが、お尻の筋肉は動かさないと衰えてきますので、適度な運動やストレッチで日頃から鍛えておくと良いでしょう。

筋肉が付くことでお尻を引き締めることもでき、代謝が良くなるのでお尻の冷えの改善には効果的です。

暖かい飲み物や食べ物

冷たい飲み物を飲んでいると内臓が冷えてしまい、お尻だけでなく体全体の冷え性の原因になってしまいます。

よって寒い冬場などは、身体の温まる生姜湯やホットティーなどがおすすめです。

その他にもアルコールの好きな人は、冷えたビールなどよりもお湯割りの焼酎や常温で飲むことのできるワインなどがおすすめです。

お尻の冷えが解消されることによるメリットはたくさん!

お尻の冷えを解消すると脂肪が付きにくくなるので、お尻が大きいと悩むことが無くなり、下半身ダイエットにも効果があります。

他にもお尻が冷えるのを解消することで、特に女性には嬉しいものがたくさんあるので、これを機にお尻の冷えは日頃から予防しておくようにしておきましょう。

イライラ解消

日頃のストレスでも体内の活性酵素が分泌され血流は悪くなってしまい、お尻の冷えや手足の冷えの原因になってしまいます。

ストレス解消することが1番ですが、ストレスはリラックスするだけでも大幅に解消することができるので、まずはゆっくりとお風呂でお尻を温め、体だけでなく脳を毎日リラックスさせてあげましょう。

セルライト予防

お尻はもともと脂肪が溜まりやすい場所ですが、血流が悪くなるとセルライトとなってしまい、脂肪は余計に落ちにくくなります。

よってお尻の冷えを改善し、血流を良くすることでセルライトの予防に繋がります。

また次第に基礎代謝も高まり、リンパの流れがよくなるため、ムクミやダイエット効果を期待することができるのです。

このようにお尻の冷えは、お尻が大きくなる、下半身太り、ムクミなどの女性の大きな悩みの原因となってしまいます。

よって日頃からお尻の血行を良くするために、マッサージなどをしてあげることもおすすめです。