生理中のお尻のかゆみについて

女性の皆さんは生理中に、お尻がかゆくなって困ったことはないでしょうか。

お尻は生理中では無い場合でもかゆくなることがありますが、お尻は下着と衣類で元々通気性が悪くなっており、汗が溜まりやすいことが皮膚を痒くする一番の原因と言われています。

特に生理中にナプキンを着用することで、お尻はさらに蒸れやすい状態になってしまうので、生理のときにお尻がかゆくなるのも女性であれば無理はありません。

その他にもナプキンによる刺激によってお尻がかぶれ、お尻がかゆくなることもあります。

よって生理中のお尻のかゆみを改善するためには、まず原因を知り、原因の元を取り除くことがお尻のかゆみを繰り返さないためのポイントです。

そこで今回は、生理中におしりにかゆみが起こる原因や対処法などについて詳しく説明していくので、誰にも相談することができず悩んでいる人は、是非参考にしてみて下さいね。

生理中のお尻のかゆみの原因

生理中のお尻のかゆみの原因として、まず考えられるのが上記でも説明した通り、蒸れと摩擦です。

生理中はナプキンを使用することで、どうしても湿った状態が続いてしまいます。

しかしそのままの状態で長時間放っていると、吸収されなかった経血や汗がお尻部分の皮膚を刺激してしまい、そこから起こるかゆみもどんどん悪化してしまいます。

このようなナプキンの蒸れでお尻がかゆくなったり、かぶれが起こる症状は、特に敏感肌の人がなりやすいため注意しておきましょう。

もうひとつの原因である摩擦も、ナプキンが歩くときにこすれることで起こります。

またお尻が乾燥していると、摩擦などの刺激を受けやすくなるため、乾燥をしないように注意しておくことも大切です。

その他にも生理中関係なく、お尻にかゆみが起こる病気もあるので、まずはそちらからチェックしておきましょう。

カンジダ膣炎

カンジタは、常在菌で体力が低下したときにかかりやすいと言われています。

このカンジダ膣炎の症状は、膣内から外陰部までかゆみが起こるのが特徴的です。

生理中に起こるお尻のかゆみのように、この病気からもお尻の皮膚のかゆみも強くなってしまうため、掻いてしまい痛みや腫れが起こらないように注意しておきましょう。

さらに白くぼろぼろとしたおりものが出る場合は、カンジダ膣炎の可能性もあるので病院へ受診し、すぐに診てもらうことが大切です。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は強いかゆみがお尻などの外陰部に起こり、排尿の際にしみたり、歩くとこすれて痛みが起こるのが特徴です。

そんなお尻のかゆみで掻いてしまうことで、皮膚がただれてしまう人も多く、おりものは黄色や緑っぽいものに変化していくので、生理以外のときもしっかりとおりものの状態を確認しておきましょう。

生理中のお尻のかゆみの対処法

生理中に限らず、長時間座っていることの多い人はお尻部分の通気性が悪いので、皮膚がとてもかぶれやすい状態になっています。

そのため1時間に1回立ち上がるなどして、休憩をとることがおすすめです。

特に長時間同じ姿勢でいることは、お尻のかゆみの原因以外にも骨盤の歪みや下半身の血行を悪くするので、お尻に負担をかけないように、普段から注意しておくと良いでしょう。

ナプキン選び

ナプキンが原因でお尻がかぶれかゆみが起こる場合は、吸収性の良いものや低刺激なものを選ぶようにしておきましょう。

生理ナプキンはコットン素材のものが、肌に刺激が少ないので最適です。

清潔に保つ

生理が始まった段階の際には、経血の量も多いのでナプキンをこまめに変えるのはもちろんのこと、吸収されなかった経血によってかゆみが起こらないようによく吸収できる生理ナプキンを選んでおくことが大切です。

またかゆみで掻いてしまい、お尻の皮膚がただれてしまっている場合は、排尿後強く擦らないように十分注意しましょう。

ウォシュレットで最初に汚れを流し、トイレットペーパーで優しく抑えながら拭くのがベストです。

抵抗力をつける

身体の抵抗力が落ちてしまうと、皮膚も弱くなり、かぶれが起こりやすくなってしまいます。

よって普段から抵抗力をつけるために、睡眠をしっかりとり、まずは疲労を溜めこまない生活習慣を心がけることが重要です。

このように生理中のお尻のかゆみは上記の方法で緩和することもできますが、元々肌の弱い人やアレルギー体質の人は、婦人科などで自分に合った薬を処方してもらい改善することをおすすめします。

かゆいときの注意点

生理中以外でもですが、お尻に限らず皮膚はかゆいからといって掻いてしまわないように注意しておきましょう。

お尻がかゆいからといってかいてしまうと症状が悪化してしまう原因となり、傷口から菌が入り込んでしまっては他のトラブルにも繋がりかねません。

よってかゆみが辛い時も刺激を与えるのは我慢し、どうしてもかゆみに耐えれないというときにはぬるま湯で洗ってあげることをおすすめします。

石鹸は使用しない

生理中にかぶれてしまっている場合には、石鹸は使用せず洗い流すだけにすると良いでしょう。

かぶれてしまっているときに石鹸で洗ってしまうと、症状を悪化させてしまいます。

また界面活性剤の含まれるボディソープは肌に刺激がとても強く、肌トラブルが起きやすいので注意が必要です。

ウェットティッシュ

外出時に生理でお尻にかゆみが起きたときには、ノンアルコールのウェットティッシュで優しく拭きとってあげましょう。

急なお尻のかゆみは、経血やおりものなどが肌の刺激となっていることもあるので、ウェットティッシュを持ち歩いていれば外出時でも清潔に保つことができます。

市販の薬

デリケートゾーン用の塗り薬は低刺激なので、お風呂でかゆみのある場所を洗ってから塗るようにしておきましょう。

しかし市販の薬を使用して、改善されないときは産婦人科や皮膚科に受診することをおすすめします。

いかがでしたか?

生理中はお尻がかぶれやすい状態になっているので、上記のポイントを意識し、かゆみが起こる前にしっかりとした予防を行っておくことをおすすめします。