いつの間にかできているお尻のぶつぶつニキビ。
痛いし痒いし、何よりお尻に跡が残ったりしそうで不安。いつだって綺麗なお尻でいたい女性としては、少しでも早く治したいですよね。

「本当は今すぐ皮膚科に行って薬をもらいに行きたいけど、仕事はなかなか休めないし・・・」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そんな時は、家庭の常備薬でもありドラッグストアなどで手軽に買うことができるオロナインを使うのがオススメです。

オロナインといえば、昔から切り傷や火傷などの外傷に効果があることはよく知られていますが、実はぶつぶつニキビにも効果がある
のです。
その証拠にオロナインを製造・販売している大塚製薬は、公式サイト上でニキビにも使用できることを公言しています。

ここでは、オロナインがぶつぶつに効果がある理由と、お尻のぶつぶつへの効果的な使用法を紹介します。

オロナインの成分

まずはオロナインの成分を詳しくみてみましょう。

◎有効成分(1g中)
クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10g

◎添加物
ラウロマクロゴール / ポリソルベート80 / 硫酸Al/K / マクロゴール / グリセリン / オリブ油 / ステアリルアルコール / サラシミツロウ / ワセリン / 自己乳化型ステアリン酸グリセリル / 香料 / 精製水 ※ステロイドは入っていません。

有効成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液は外用殺菌消毒剤に分類され、これがニキビの原因となるアクネ菌や傷口の菌を殺菌します。
さらには、抗炎症作用があり、ぶつぶつニキビのようにすでに炎症を起こしてしまった状態の肌荒れにも効果的とされています。

保湿性も高くて乾燥対策もバッチリできる

添加物として含まれているオリブ油とワセリンは保湿成分です。
オリブ油とは実はオリーブオイルのことで、日本薬局方にある医薬品添加物の正式名称が「オリブ油」なのでこのように記載されています。

肌にできるぶつぶつニキビは、意外にも乾燥が原因だったりするのです。
オロナインはぶつぶつニキビを作らない、増やさないための予防としても使用できますし、保湿クリーム代わりに日常的に使用することもできる優秀な塗り薬なのです!

聞いたことのない名前の成分より、食用としても利用されていて身近なオリーブオイルが配合されていると聞くと、なんだか安心もしますね。

お尻へのオロナインの効果的な使い方

オロナインを使用する前の大前提として、まずはしっかりとお尻を洗い、清潔さを保つこと。

ぶつぶつニキビは、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖して起こるもの。特にお尻は部位が部位なだけに、どうしても不衛生になってしまいがちなため、他の部位より念入りに洗うことが大切です。そうすることでオロナインの効果もより得ることができます。

さあ、お肌が清潔な状態になったら、オロナインの出番!
特にお尻のぶつぶつニキビの対処に効果的な使い方を2つ紹介します。

水溶きオロナインにして使う

少量のオロナインに水を2〜3滴加えて、乳液状にして使用します。後から水を加えるのではなく、あらかじめ手をぬるま湯で濡らしてから使用してもOKです。

水で溶いて柔らかくすることで、刺激も減り肌への浸透が良くなるのです。

クリーム状のオロナインをそのまま塗るよりもベタつかず、伸びも良くなっているのでお尻全体というような広範囲に適量を塗ることができます。ベタベタとつけすぎて逆に悪化してしまった・・・という事態を防ぐこともできるのです。

炎症のひどいぶつぶつには絆創膏を併用すると効果がアップ

特に炎症が進んでしまったぶつぶつ赤ニキビには、オロナインを塗った後に絆創膏で覆うとよりオロナインの効果が得られます。

さらに絆創膏で覆うことで座った時の刺激を和らげたり、下着の摩擦からも守ってくれたりするのです。
何より、寝ている間にせっかく塗ったオロナインが取れてしまうのを防ぐことができます。

ポイントは、ぴったりと貼るのではなくふんわりと被せるように貼ること。
さらに絆創膏をずっとつけたままにしておくのは蒸れを引き起こすので逆効果です。寝る際に貼った絆創膏は、翌朝起きたらきちんと剥がしてください。

ここで紹介したオロナインの効果は約1週間前後で現れてきます。ですが、その後も症状が改善されない場合は、医師・薬剤師にきちんと相談をして必要な場合は病院を受診しましょう。

お尻にぶつぶつニキビを見つけた時は、オロナインを上手に使ってとりあえず炎症を沈めることがまず第一です。

対策が遅れてぶつぶつがお尻全体に広がってしまった後では、もっと根本的な対処や治療が必要になる可能性も出てきます。そうなれば、時間も費用も多くかかってしまい今よりもっと大変なことになりかねません。

そんな最悪な事態にならないように、お尻にぶつぶつを見つけたらすぐにオロナインで対処して悪化に歯止めをかけましょう!