あせもと聞けば、大量に汗をかく夏にのみできるものと思っていませんか?
そして、子供にだけできるものだと思っていませんか?

あせもは夏だけのものではありません。そして、大人も発症します。
汗をかく部位であれば、季節関係なくあせもが出来る可能性があるのです。

そしてそれはお尻にも。
特にお尻は常に下着が密着した状態なので蒸れやすく、汗をかきやすい部位です。蒸れに加えて、様々な条件が重なりお尻にぶつぶつとしたあせもができてしまうのです。

お尻のあせもの原因と種類

発汗は、体温が上昇しすぎるのを防ぐために行われるものです。そうすることで体を守っているのです。
ですが、汗をかきっぱなしにしてしまうと汗が汗孔に詰まって排出されないまま表皮内に溜まってしまい、炎症を起こしてしまいます。
これが、あせもなのです。

あせもにはいくつか種類がありますが、一般的に多く見られるのは以下の2タイプです。

水晶様汗疹(白いあせも)

日焼け後や発熱を生じる病気の際に、透明で水滴のような小さい水疱がぶつぶつとできた状態を指します。これは、汗の出口がふさがってしまい角質内に汗が溜まるために生じるものです。炎症や自覚症状はほとんどなく、水疱は自然に破れて、薄い皮が剥がれて数日以内に治ります。

紅色汗疹(赤いあせも)

高温多湿などでずっと汗をかき続けた時や蒸れが続いた部分に赤い水疱状のぶつぶつができた状態を指します。表皮内に汗が溜まり、かゆみを伴うのが特徴です。発汗が始まると刺すような痛みが生じます。
常に蒸れやすい環境下にあるお尻にできるあせもは、このタイプです。
ここではこの赤いあせもがお尻にできてしまった際の予防法・対処法を紹介します。

お尻にできてしまった赤いあせもへの対策

お尻にあせもが出来てしまったら、症状がそれ以上悪化しないようにすることが最優先です。

悪化してかゆみが治らず強く皮膚を引っ掻いたり、寝ている間に無意識に掻いてしまったりすることで、激しく掻いた部分が細菌感染を起こし化膿してもっとひどくなってしまう恐れもあります。

とにかく掻かない

赤いあせもはかゆみを伴います。そのため、かゆみを我慢できずに掻いてしまうとその部分が湿疹化して治りにくくなってしまうのです。また、掻いて傷ついた部分から細菌が入ってとびひとなってしまい、体のあちこちにうつって広がってしまう恐れも!

当たり前のことだと思われるでしょうが、赤いあせもはとにかく掻かないことが一番。

あとは、体温を上げすぎないこと。体温が上がる=汗をかきます。汗をかいてしまうと、かゆみが増すどころか痛みも生じてきます。

肌の清潔を保つためにシャワーを浴びることは必要ですが、熱めの湯船に長時間浸かったり熱いシャワーを浴びることは避けましょう
入浴の際はぬるめのお湯で優しく洗い、あせも部分に強い刺激を与えないように気をつけましょう。

また、辛い食べ物やアルコールも体温を上げてしまうため、要注意です。

ステロイド配合の塗り薬を使って治す

あせもになってしまったら、一番いいのは皮膚科に行き症状を見てもらって状態に合った薬を処方してもらうことです。

ですが、なかなか都合がつけられないという方も多いと思います。
そんな時は、市販薬で治してしまいましょう。

最近では、あせもに効く薬がドラッグストアなどでも多く販売されています。
スプレータイプやクリームタイプ、軟膏タイプと様々ですが、中でもかゆみを素早く止め、症状の改善に期待ができるのはステロイドが入ったものです。

さらに、肌表面をかき壊してしまった場合に細菌感染を抑える目的で抗生物質も併せて配合されたものを使用するのもいいでしょう。

ステロイドと聞くと副作用の心配がありますが、飲み薬に比べて塗り薬の場合はその心配は少ないと言えます。

どうしても抵抗があるという方は、ステロイドの配合されていない非ステロイド系の塗り薬も市販薬として販売されています。

ただし、効果の効き目や即効性はステロイド入りのものにはかないません

個人差もあるでしょうが、むしろ症状を長引かせて悪化させてしまうくらいならステロイド薬を使用して早く治してしまった方が良いと考えられます。

お尻あせもの予防法

あせもを繰り返し作らないために、治った後も日常生活上でしっかり予防することも大切です。お尻のあせも予防に有効な対策は以下の通りです。

  • 通気性の良い下着・衣類を身につける
  • 汗をかいたら柔らかいハンカチなどでこまめに拭く
  • 帰宅後は早めのシャワーで汗を流して清潔を保つ
  • 患部をかきむしってしまわないように爪は短くしておく
  • 生理中のナプキンは蒸れにくいものを選び可能ならタンポンを使う
  • 座りっぱなしでお尻が蒸れ続けるのを避ける

私たちの体は汗をかくことで体温調節をしたり老廃物を体外に出したりしています。汗をかくことは生きて行く上でとても大切なことで、汗をかかないようにするのは難しいことです。

もちろん汗をかく状況を避けることも大切ですが、一番のポイントは汗をかいた後のケアをきちんとすることがあせもにならない近道なのです。

暑い時期のみに限らず、お尻は常に蒸れやすく高温多湿になりがちです。
身につける下着等に気をつけ、衣類が汗でかなり濡れている場合には着替えることも必要です。とにかく、汗をかいたらかきっぱなしにしないことで、あせもの発症を十分抑えることができます。

また、蒸れて下着がお尻に張りつくことでのあせもの発症を防ぐのに、ベビーパウダーを使う方もいると思いますが、これはあせもができる前の予防としては効果的ですが、あせもができてしまったお尻には逆効果です。

むしろ汗孔が詰まってしまい、悪化しかねないと言われています。
使用する時は、あくまで予防の段階での使用を心得ましょう。

お尻のあせもを侮っちゃだめ!

子供の頃にあせもが出来た経験がある人は多いと思います。筆者も何度も経験しました。
当時は意識していなかったからかもしれませんが、子供の頃のあせもは放っておいてもすぐに治るもの、という感覚がありませんでしたか?

その感覚のまま、あせもを軽く捉える人もいるでしょう。
ですが先述の通り、あせもは重症化すると患部がジュクジュクになりその結果もっと広範囲に広がってしまって大変なことになりかねません。

加えて、大人は子供に比べて傷跡が残りやすいため、あせものかゆみに耐えられず掻きむしって重症化してしまうとその部分が色素沈着をおこし、消えない跡となってしまう可能性があります。

綺麗なお尻のためには、絶対に避けたいですよね。

お尻のあせもは、とにもかくにもまず予防から
もしできてしまったら、早めに治療を行い、あせも部分を化膿させないこと。

予防・対策を行ってもなかなか症状が改善されない場合は、我慢せず早めに皮膚科を受診して悪化する前に完治を目指しましょう。