赤ちゃんは大人に比べてまだ肌が弱いため、様々な肌トラブルが起こりやすいです。
ぶつぶつとお尻に発疹ができやすいのも乳幼児期の特徴といえます。

赤いぶつぶつ、ジュクジュクしたぶつぶつ、粉を吹いたようなぶつぶつ・・・
特に赤ちゃんのお尻にぶつぶつができると、とても心配になってしまいますよね。

日々愛情をもってスキンケアをしていると思いますが、赤ちゃんの肌はとてもデリケート。
日頃から入念にケアをしていても、少しのことがきっかけでぶつぶつができてしまうことはよくあります。

ですが、ぶつぶつの正体を見極め早めの対処を行えば大丈夫です。

赤ちゃんのお尻のぶつぶつは大半があせも?

赤ちゃんは新陳代謝がよく、少し動いただけでも汗をたくさんかきます。

そのため長い時間オムツ交換をしないままでいると、おしっこをしていなくてもオムツの温度や湿度はどんどん増していきます。その状態が続くことでお尻の皮膚がふやけてしまい、とても傷付きやすくなってしまいます。

その状態のまま、おしっこやうんちに含まれる消化酵素や腸内細菌などの刺激を受けることでオムツかぶれを引き起こし、さらにあせもとなりぶつぶつと出てきてしまうのです。

赤ちゃんのお尻にできるぶつぶつは、オムツや下着の蒸れによるかぶれやあせもがほとんどです。赤くて微細なぶつぶつはあせもが大半と思っても良いでしょう。ですが、もちろんあせもでない場合もあります。
そこで、お尻のぶつぶつがあせもかどうかの簡単な判断方法を紹介します。

あせもの場合

  • 熱が出ていない
  • 痒がっているか(赤ちゃんは痒がらないことも多い)
  • 汗が乾きにくいところ(わきの下、首の下など)にぶつぶつが出来ているか
  • 皮膚が衣類と擦れやすいところに出来ているか

このような特徴が見られる場合はあせもの可能性が高いです。
単純なあせもであれば、軽いステロイド剤などを使ったセルフケアで簡単に治せます。

また、あせもは予防が大切です。
あせもは季節に関係なくできるものですが、特に汗をかく時期には朝と晩にぬるめのシャワーで汗を流してあげましょう。ただし、その際お尻をゴシゴシと洗いすぎては逆効果です。

赤ちゃんの肌は弱くデリケーです。しっかり洗いすぎて肌のバリア機能を低下させないよう優しくほどほどに清潔を心がけましょう。また、こまめに着替えも行いましょう。

あせもではない場合は?

あせもは基本的に発熱を伴わないと説明しました。
そのため、発熱を伴ってできるお尻のぶつぶつはあせもではなく別のものの可能性が高いです。

発熱を伴うぶつぶつの場合は、あせも以上に注意しなければなりません。
大抵がウイルスによる感染症だからです。

発熱が先か、ぶつぶつが先か

先にぶつぶつが出来てからあとで熱が出てきた場合、水ぼうそうの可能性があります。
これはウイルス性のもので、赤いぶつぶつとした虫刺されのような発疹が頭や顔、お腹、お尻などに出来たあと半日ほどで全身に広がります。広がった発疹は、徐々にジュクジュクした水泡となっていきます。

この場合、ぶつぶつはお尻だけでなく顔などにもできるため、異常を発見しやすいでしょう。ただ、全身に広がる前に先にお尻などにぶつぶつが現れてくる傾向があるのでそのサインを見逃さないように注意しましょう。そしてすぐに病院へ行って治療してもらいましょう。

先に熱が出てからあとでぶつぶつが出てきた場合は、突発性発疹の可能性があります。
この場合もウイルス性もので熱はかなり高く、ほどなく熱が下がったあとに赤くて小さなぶつぶつが体のあちこちに出てきます。

高熱の後にお尻のぶつぶつを見つけた場合はあせもではなく、この突発性発疹かもしれません。

あせもだと間違った判断をして治療が遅れてしまわないように、ぶつぶつがどのような状態で出来ているかや、がぶつぶつ出始めた状況などもしっかり把握しておくことも大切です。

ですが、あくまで自己判断ですのであせもなのか発疹なのかどうかの判断が難しい場合はすぐに病院を受診しましょう。

アトピー性皮膚炎の可能性もある

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はよく見られる疾患ですが、乳幼児時期はアトピー性皮膚炎なのかその他の湿疹なのかの判断が難しい時期でもあります。

生後1〜2ヶ月ほどの赤ちゃんは皮脂の分泌が多く、俗に言う「赤ちゃんニキビ」と呼ばれる赤いぶつぶつができますが、これはアトピーではありません

また、生後2〜3ヶ月頃になると赤ちゃんの皮膚は乾燥してガサガサしてくることが多いですが、乾燥肌が全てアトピーというわけでもありません

アトピーの場合、簡単にいうと良くなったり悪くなったりを繰り返し、慢性的に続くかゆみの強い湿疹の場合がアレルギーが関係する場合が多いといえます。

一般的にアトピーの場合、生後1〜2ヶ月の頃の乳幼児期の早い段階からぶつぶつと湿疹が出てきます。
この場合、ぶつぶつは頭皮から始まり顔、胸元というようにどんどん下降していきます。
お尻にぶつぶつができる頃には、すでに他の箇所にぶつぶつができている可能性があるので、異常を発見しやすいのもアトピー性皮膚炎の特徴といえるでしょう。

そのほか発熱とあまり関係しないぶつぶつ

  • ヘルペス

口の中や唇などに水泡ができますが、ヘルペスウイルスは感染してもまずは細胞内に潜みすぐには症状が出ません。体力が低下した時や免疫力がない時に症状が出るのが一番の特徴です。

  • とびひ

赤ちゃんや子供の代表的な病気で、あせもや虫さされの際などにかゆくてかきむしって肌表面を傷つけてしまったあと、そこから細菌が侵入し悪化した状態です。強いかゆみを伴う水泡がぼつぼつとでき、飛び火のように体の広範囲に広がっていきます。

上記だけでなく、ぶつぶつは単なる虫さされだという可能性も十分にあります。

赤ちゃんのお尻にぶつぶつを見つけたら状態を把握してから対処して

赤ちゃんのお尻にぶつぶつができれば、とても心配になることでしょう。幼ければ幼いほど抵抗力もない上に、自分の症状を伝えることも出来ないのですから。

だからこそ、大人が早く気づいて対処してあげるべきなのです。

一口にぶつぶつと言ってもいろいろな出方があり、特に赤ちゃんにできるぶつぶつの場合は考えられる病気や原因が多くあります。そして抵抗力が弱いために、その症状が長引いてしまうとぶつぶつ以外の病気も併発しかねません。

出来ているぶつぶつが早急に治療の必要なものなのか、市販薬を塗って様子を見てもいいものなのかの判断をするには、まずぶつぶつの状態、出始めのきっかけや時期をしっかり記録したり把握したりすることが大切です。
小さな変化を見逃さないように、毎日のスキンケアの際によく見ておきましょう。

赤ちゃんのお尻にできるぶつぶつの中には、命に関わるほどひどくなる病気が関係しているものもあります。
単純なあせもならセルフケアでまかなうこともできますが、そうでない場合は早急に対処が必要です。

赤ちゃんの場合は何より病院の受診が一番安心ですので、治りが悪いと感じたり熱が下がらないなどという緊急時には、迷わず病院を受診するようにしてくださいね。