これを今読んでいる人の中には、いつもお尻にできるぶつぶつに悩まされている・・・という人も多いと思います。

対策は十分にしているのに、どうしてもぶり返してしまうそのお尻のぶつぶつ。
「保湿もしてるし、市販の薬用クリームも塗っているのになかなか良くなってくれない・・・。」もちろん、体質や後天的な原因など様々ですが、できることならすぐにでもツルツルのお尻を手にいれたいですよね。

そんな時はいつまでも悩まずに、早い段階で皮膚科へ行くのがオススメ。
“ぶつぶつニキビ”は肌トラブルであり、れっきとしたお肌の病気なのです。

中には、放っておくと跡が残ったりお尻の表面がぼこぼこのクレーター状態になったりと、重症化するものも。

「綺麗でツルツルなお尻を一刻も早く手に入れたい・・・」
「ニキビ跡を残さずツルツルのお尻をキープしたい・・・」

セルフケアもいいのですが、即効性を期待するならやっぱり病院。
医療の力を借りて、早めにお尻のぶつぶつを治してしまいましょう。

皮膚科はメリットがたくさん

皮膚科に行くことで得られるメリットはたくさんあります。

自分のぶつぶつの状態を詳しく知ることができ、どのように対処をすればいいのかを教えてもらえます。
外側からのアプローチだけでなく内側から改善していけるよう、ぶつぶつのできにくい食生活や日頃の習慣について詳しく聞くこともできます。

セルフケアではわからなかったことをたくさん知ることができるのです。

なにより、病院では投薬として抗菌作用のある軟膏などを処方してくれます。
さらに、必要とあれば化膿した部分を取り出してくれます。

さらに皮膚科では健康保険が効くため、安くて効果の高いものを処方してもらえるのです。

初期の段階で皮膚科にかかって治療を進めれば、治療期間も短期間ですみますし、実は金額も思ったよりかかりません。

皮膚科で処方される薬

皮膚科で処方される薬は、主に肌表面に塗る「抗炎症剤」です。

痛みを伴う「赤ニキビ」の場合は、皮脂や角質がすでに炎症を起こしてしまった状態です。こうなってしまった場合、放っておくと化膿して「黄ニキビ」になってしまいます。

さらに、黄ニキビまで進行してしまったとなるとその後“ニキビ跡“が残ってしまいかねません。

しかも厄介なことに、お尻のぶつぶつは痛みを伴うまで気づきにくいことが難点で、お尻が痛いと思ったらぶつぶつができてる!・・・と気づいた時には、すでに赤ニキビまで進行してしまっているということが少なくありません。

早い段階で炎症を抑えて今以上に悪化させないためには、市販薬よりも効果の高い医薬品ですぐに対処をすることが大事なのです。

皮膚科での主な治療法

皮膚科を受診した場合、ぶつぶつの状態によっては主に下記の治療が行われます。

  • サリチル酸での治療
  • 尿素での治療
  • ヒルドイドでの治療

中でも、サリチル酸の医薬品はお尻のぶつぶつにも多く処方されています。
サリチル酸には皮膚を柔らかくする効果があり、洗い残しなどにより酸化し古く硬くなった角質を柔らかくして落としやすくしてくれる効果もあります。
さらにサリチル酸が配合されたクリームを塗ることで古い角質が徐々に落とされていくことでお肌のターンオーバーを促すことができるようになります。

加えてもう一つ、サリチル酸には角質が硬くなるのを予防する効果もあるため、塗り続けることでぶつぶつなどの吹き出ものができにくい肌になる上、殺菌効果もあるのです。この殺菌効果により菌の増殖を防ぐことができるので、ニキビの原因であるアクネ菌が増えて炎症を起こすのを防ぐこともできます。

ただし、サリチル酸は医薬品なので副作用を起こす可能性もあります。
中には、かゆみなどの症状がでる場合があります。不快な刺激を感じた場合はすぐに使用をやめて別の医薬品に処方を変更してもらうなどして自分の体質にあったものを使うようにしましょう。

尿素とヒルドイドは保湿剤としても有効

サリチル酸では刺激がありすぎるという場合には、それよりも少し刺激の優しい尿素のクリームや軟膏が処方されます。

実はあまり知られていませんが、ニキビの原因の一つに「保湿不足」が挙げられています。お肌の乾燥はぶつぶつの原因になるのです。
そこで、お肌の乾燥を防ぎ肌の保湿力を高めるために処方されるのが尿素とヒルドイドです。

これらは、乾燥して硬くなった皮膚の角質などを柔らかくしてくれる効果があり、水分を与える効果や傷の補修などの効果もあります。

特にヒルドイドはお肌への刺激が少なく、小さな子供にも処方されていますので使いやすいでしょう。

とはいえこちらも医薬品。
サリチル酸と同様に、副作用が出る場合がありますので、敏感肌の方やアレルギーのある方は、病院の先生によく相談して使用するようにしてくださいね。

お尻を診察してもらうのは何だか恥ずかしくて病院にいく勇気がない・・・という人も、恥ずかしい気持ちをぐっとこらえて一度行ってみてはいかがでしょうか。
セルフケアでまかなえない部分は医療的アプローチでしっかり治して、いつもツルツルのお尻を手に入れましょう!