肛門のできものについて

肛門の急なできものにお困りの方はいませんか?

実は肛門のできものは単なるいぼ痔だけでなく、さまざまな病気の可能性が考えられます。

しかし、全ての肛門のできものが危険なものでもなく、市販薬で治せられる場合もあるので、肛門にできものが出来た方は、ここでそのできものは悪性のものではないかをしっかりと確認しておきましょう。

もちろん病院で受診するのに越したことはありませんが、肛門のできもの=病気ということではないのでそこまで不安になる必要はありません。

よって、今回は肛門のできものの危険な病気とその症状の特徴を詳しく紹介します。

肛門のできもので危険な種類

それでは危険な肛門のできものの種類を順を追って紹介していきたいと思います。

痔ろう

この痔ろうは肛門だけでなく肛門の付近にできるものですが、硬いしこり状になるのが特徴です。

そしてこれは下痢をしやすい方に特に起こる症状で、細菌が肛門付近に繁殖してしまうことが原因といわれています。

痔ろうは放置していると痛みが増すだけでなく、しこりが大きくなり、治療が大変になることもあるので炎症の症状が表れたら、すぐに病院で専門医に診てもらうことが大切です。

この痔ろうは市販薬で自然に治療することはできません。

毛巣洞

これは肛門の上辺りにできるのが特徴で、炎症から化膿してできるできものとなっています。

これは皮膚の下に何らかのものが入り込むことで起こると言われていますが、まだ医学的にコレと断定できる原因は分かっていません。

よって、治療も手術が必要となってしまいますので、肛門や尾てい骨辺りにできものができた場合はまず毛巣洞を疑いましょう。

粉瘤

噴流とは良性の肛門のできもので、皮膚の下の袋の中にバイ菌や皮脂が溜まってしまいニキビのようなしこりになるのが特徴です。

これは肛門以外の場所に出来るので、他の場所にも似たようなできものが出来た場合はこの粉瘤を疑いましょう。

そして、この粉瘤は一旦は治っても再び発症することが多いのもひとつの特徴であり、市販薬では改善されないできものなので、病院を受診することが必要です。

特に肛門のできものに臭いがある、または痛みがあるという場合は、粉瘤の可能性が高くなります。

慢性化化膿性汗腺炎

これは思春期以降の男性によく起こる症状で、上記で説明した痔ろうや粉瘤が悪化することでもできる肛門のできものとなっています。

症状の特徴としては、痒み、痛み、化膿して膿が出るなどが挙げられます。

これは病院に行ったとしても手術でしか治療ができないので、早めに受診されることをおすすめします。

このように肛門にはニキビや吹き出物以外にも悪性で危険なできものが出来る場合があり、慢性化してしまうものが大半です。

肛門のできものにおける対処法と予防法

対処法

上記で紹介した肛門の危険なできものは、病院で対処法を聞くことが必要ですが、単なるニキビや吹き出物の場合は市販薬を利用するのもひとつの治療法となっています。

これは顔にできるニキビの市販の塗り薬でも効果的です。

まずは市販薬を試し、それでも改善されない場合は上記いずれかのできものの可能性を疑いましょう。

しかし、単なるニキビの場合でも化膿したり、痛みや痒みを伴う場合があるので、そのような場合は無理せずに病院でまずは診てもらうことが大切です。

予防法

肛門のできものはどの種類でも、まずは清潔にしておくことが大切です。

清潔にすることによって、普段排便する際に付着するバイ菌を蓄積せず、お尻や肛門にトラブルが起きにくい状態をキープすることが可能です。

しかし、だからといって洗いすぎて乾燥すると肛門の皮膚はダメージを受けやすくもなってしまいますので、肛門は優しくぬるま湯で洗浄してあげましょう。

そして、ニキビ体質、アレルギー体質、敏感肌の方は清潔にしていても、肛門にニキビのようなできものが出来やすい傾向にあるので、日頃から肛門やお尻に利用できるケア用品で予防しておくことをおすすめします。

いかがでしたか?

肛門のできものはどれもニキビのような見た目ですが、危険なできものもあるので、上記で説明したそれぞれの症状と比較し、そのできものは悪性ではないのかをよく確認しておきましょう。

しかし、肛門のできものはしっかりと自分で確認できないこともあるので、そのような場合には無理はせず病院を受診することをおすすめします。