切れ痔とは

切れ痔は、肛門の出口の皮膚が切れることによって起こるもので、主に便秘や下痢のときの、硬い便やいきみによって肛門の出口が切れることが原因となっています。

その他にも直腸肛門部の血行が悪いことも、切れ痔が起こりやすくなる原因のひとつです。

痔の種類の中でも、いぼ痔は神経が通っていない肛門内部にでき、痛みを感じることが少ないですが、切れ痔の場合は知覚亜神経の通っている場所が切れるため時には激しい痛みを伴います。

このような切れ痔は女性がなってしまうことが多い傾向にあり、無理なダイエットで食事制限をすることで便秘を起こし切れ痔になるのも特徴です。

よって便秘気味な人は切れ痔になってしまう可能性が高いため、注意しておく必要があります。

そこで今回は切れ痔について詳しく解説していきますので、気になる方は是非参考にしてみて下さい。

切れ痔の原因や症状

切れ痔は男性だけではなく、実は多くの女性が悩んでいるトラブルです。

そのため切れ痔を改善するためには、まず原因や症状を把握し対処していくことが重要なポイントです。

便秘

便秘で硬くなった便を強くいきみ、刺激することによって肛門付近の皮膚が切れてしまいます。

また切れ痔になると排便時に痛みが起こり、我慢してしまう人も少なくありません。

しかし排便を我慢することでさらに便は固くなり、治りかけていた切れ痔がまた起こってしまうので、悪循環を起こさないためにも便意を感じたらトイレに行くようにしておきましょう。

下痢

下痢になったときはお腹が痛く、何回もトイレに行ってしまいがちですが、それは肛門に大きな負担になってしまいます。

そして、下痢の勢いによって肛門の皮膚が切れまる上、下痢になると肛門を締めつけてしまい、排便時にかかる圧力が多くなり肛門を傷つける原因となるのです。

そのため下痢でも切れ痔が起こりやすい状態になるので、気を付けておく必要があります。

切れ痔の症状とは

痔の中でもいぼ痔の次になりやすい切れ痔ですが、いぼ痔と切れ痔では症状が違ってきます。

切れ痔の症状は

  • トイレットペーパーに血が付いている
  • 排便時に出血を伴う
  • 排便時に痛みを感じる
  • 排便後にしばらく痛みが続く
  • 治りかけのときにかゆみがある

などの症状があり、上記に当てはまるものがあれば切れ痔の可能性が高くなります。

気になる切れ痔の治し方

切れ痔の治療は、基本自然治療で問題ありません。

肛門以外に指などを軽く切った際にも、自然治療で治しますよね。

しかし便秘と切れ痔の悪循環が起こって辛い場合には病院に受診し、塗り薬などを処方してもらうことで早く治すことができます。

よって切れ痔になった場合は、なるべく肛門を清潔に保つようにし、自然治療を行うことが最適です。

ウォシュレットを使う

排便後にトイレットペーパーで拭き残しがないように強くこすると、肛門を傷つけてしまうため、切れ痔が治りにくくなります。

よって排便後はウォシュレットで軽く洗い流し、トイレットペーパーで抑えるように拭きましょう。

石鹸などの洗い残し又は、洗い過ぎには要注意

清潔に保つことは大切ですが、洗い残しや洗い過ぎは肛門にダメージを与えてしまいます。

洗い残しはお尻のかぶれの原因ともなりますので、石鹸を泡立てた泡の表面で優しく洗い、綺麗に流しましょう。

しかし洗い過ぎは肛門のバリア機能を低下させてしまうので、要注意です。

クッションを使う

切れ痔になっても仕事で長時間座ることの多い人は、肛門が圧迫され治りにくくなることがあります。

またトイレ後は痛みが続くこともあり、座るのが辛いときもありますので、クッションや円座の座布団を使用して肛門への負担を減らすことがベストです。

バランスの良い食事

切れ痔が起こる悪循環を断ち切るためには、排便を我慢しないことです。

しかし便が固くなっていると痛みが起こり、排便が辛くなってしまうので、普段の食事で便を柔らかくし排便しやすい状態にしてあげることがおすすめです。

繰り返し起こる切れ痔に要注意

上記でも述べていますが、切れ痔は繰り返し起こることが多く、その理由は便秘や下痢が改善されていないことが関係しています。

また切れ痔は同じ場所に起こりやすいのも特徴です。

このように繰り返し同じ場所にできてしまうことで、慢性潰瘍となり症状がずっと続くようになってしまいます。

この慢性潰瘍となると病院で治療を行わなければ、治らなくなります。

切れ痔の繰り返しを防ぐためには、水分を多く摂取し食事でも食物繊維やビフィズス菌を摂取するように意識することが最適です。

何より、切れ痔になっても排便を我慢しないことが便秘を防ぐためには重要で、痛みはありますが毎回出すようにしましょう。

切れ痔は痛みがあるため、辛いときには軟膏や座薬を使用すると治りやすくなるのでおすすめです。

その他にも出血が多い場合には、いぼ痔の可能性があるので、自分がどの種類の痔なのか把握して対処するようにしておきましょう。

切れ痔の痛みは横になって安静にしていると落ち着いてくるので、家にいるときには少しでも横になって安静にしておくことがベストです。

このような切れ痔になって心配な場合は病院で肛門科に受診し、医師に相談すると良いでしょう。