お尻の色素沈着はなぜ起こる?

そもそもお尻の色素沈着は、下着などの摩擦や圧力が原因で黒ずみやができてしまいます。

お尻は見えない場所ですが、色素沈着で黒ずんでしまうと気になってしまいますよね。

また夏場には水着などを着ることもあり、お尻は綺麗にしておきたいものです。

色素沈着は圧迫感のあるズボンなどを履いていても、動くときの摩擦などで起こってしまいます。

特にデスクワークのように仕事で長時間座っていることの多い人は、お尻が圧迫されて色素沈着が起こりやすいので、注意しておかなければなりません。

このように日々の生活の中でもお尻に色素沈着が起こる環境ができてしまっていることが多いのですが、お尻はデリケートな部分でもあるため、綺麗にしようと強く洗ってしまうことも色素沈着が起こる原因のひとつとなっています。

そこで今回はお尻の色素沈着を予防と改善をする方法など詳しく解説していきますので、是非参考にして下さいね。

お尻に色素沈着が起こる原因とは?

上記で軽くお尻の色素沈着の原因を解説していますが、他のことでもお尻は摩擦や圧迫されて色素沈着が起こることがあります。

また色素沈着が起こってしまう原因を知ることで、効率的な改善法を見付けやすることができますよ。

ホルモンバランンスの乱れ

女性の場合は、生理や出産などで女性ホルモンのバランスが乱れてしまうこともありますが、ホルモンバランスの乱れは肌に影響するだけでなく、実は色素沈着などの黒ずみにも関係しています。

このホルモンバランスの乱れで起こったお尻の色素沈着は、ホルモンバランスを整えてあげることで改善することが可能です。

特に生理中には低体温期なので、色素沈着だけでなく病気の原因にならないように注意しておくことが必要です。

よって生理中は身体を冷やさないように、できるだけ体は暖かくしておきましょう。

摩擦や圧力

お尻に色素沈着が起こってしまう原因の多くが、摩擦や圧力が関係していると言われていますが、その他にも紫外線を浴びてしまうことでメラニンが発生するため、日差しが強い日は特に注意しておかなければなりません。

特に座りっぱなしの作業やデスクワークなどをしていると、お尻に色素沈着が起こりやすくなってしまいますが、このような場合は皮膚の表面だけでなく内部にも黒ずみが起こってしまいます。

よって仕事でどうしても長時間座ることの多い人は、1時間に1回立ち上がったり、椅子にクッションを置くなどお尻が圧迫されないように工夫しておくことが大切です。

ニキビや炎症

お尻はニキビができてしまうと色素沈着を悪化させてしまう可能性があり、放置するとニキビ跡ができてしまいます。

そもそもニキビは長時間座って圧迫することによってできてしまいがちですが、お尻の場合は季節によって蒸れやすい時期があるので、皮膚が他の部分よりも荒れやすいのが特徴です。

このようにお尻は肌が荒れることでも炎症を起こし、色素沈着の原因になってしまいます。

またお尻にできてしまうニキビや炎症は色素沈着になってしまうため、痒みなどがあっても掻かないようにして下さい。

そして万が一症状がひどいときには掻いてしまったりする前に、一度皮膚科に受診することをおすすめします。

お尻の色素沈着を改善する方法

座っていることの多い人は、気付かないうちにお尻に色素沈着が起こり、黒ずんでしまっていることがあります。

よって自宅などでケアをする場合にはどのような改善方法があるのかチェックしておきましょう。

ピーリング

そもそもお尻は古い角質が溜まりやすいので、定期的ケアをしてあげることがおすすめです。

このような古い角質をケアするときにはフルーツ酸の含まれるコスメを使用し、ピーリングで角質を落としてあげましょう。

そうすることで皮膚が生まれ変わりやすい環境を作ることができます。

ピーリング化粧品はドラッグストアで気軽に購入することができるので、誰でも簡単に行うことが可能です。

保湿

お尻は、乾燥することでも刺激を受けてしまいます。

よって後にベタつきにくいジェルタイプの保湿アイテムを使用し、しっかりと乾燥を予防してあげましょう。

ジェルタイプのものが無い場合は、保湿性のある化粧水などもおすすめです。

下着のサイズのチェック

サイズの小さい下着を使用していると摩擦でお尻の皮膚に負担をかけてしまうため、色素沈着が起こる原因になってしまいます。

そのため下着のサイズを見直し、自分に合ったサイズのものを使用するようにしておきましょう。

ターンオーバーがお尻の色素沈着予防に最も重要!

ターンオーバーとは皮膚の生まれ変わりや表皮の新陳代謝のことを言います。

そもそも皮膚にある角質細胞は、どんどん新しい角質ができていくので古い角質は垢となって落ちるサイクルが自然にできているのが特徴です。

このように新しい皮膚に生まれ変わるためには、このターンオーバーが重要ですが、年齢と共にこの機能は低下してきてしまうので、注意しておきましょう。

皮膚が生まれ変わる機能が低下してくると傷が治りにくくなってくることもあり、お尻は座ることで日頃から圧迫されてしまうのでターンオーバーの乱れも起こりやすくなっています。

このようなことからお尻は古い角質が溜まりやすくなってしまい、色素沈着の原因にもなりかねません。

よってターンオーバーを正常化するために、まずは新陳代謝を高めることが大切です。

例えば、新陳代謝を高める作用のある食事をしたり、マッサージをすることもおすすめです。

いかがでしたか?

日頃からお尻を保湿すると同時に、マッサージなどでターンオーバーが正常化して色素沈着の対策を行っておきましょう。