お尻から出血した….

トイレに行くとパンツに血が付いていて、急な出血に驚いたなんて人もいるかと思います。

お尻からの出血は、まず大体の人が痔の症状を疑いますが、痔と似た症状のある病気は他にもあります。

痔の症状は、肛門付近で起こり年齢関係なく起こるのが特徴です。

確かに痔にはいぼ痔、切れ痔、あな痔の3種類があり、これらでお尻から出血をすることもあるのが現状です。

しかし排便をするときに出血することのある病気は、他にもさまざまなものが考えられます。

急なお尻から出血は、どの病気の可能性が高いのか分からなくて困っている人もいるかと思いますが、今回はその症状についても詳しく説明していくので、自分の症状と照らし合わせながら確認しておきましょう。

よってお尻から出血し病院にも行きにくいという人のためにも、お尻から出血のある病気について詳しく説明していきますので是非参考にしてみて下さい。

お尻の出血に関係のある病気

上記でも述べていますがお尻から出血が起こる病気は痔だけではありません。

そのためお尻から出血した際には、その他の病気の可能性を疑う必要があります。

大腸がん

大腸がんは大腸で発生しますが、大腸のどこで発生するかは症状によって異なってきます。

この大腸がんで起こる症状は血便、腹痛、貧血、お腹が張ってくる、下血などがあり、この中でも血便の症状が起こることが多く、血便などがあった時は早めに肛門科や消化器科に受診をしましょう。

大腸がんは病気の中でも死亡数が多く、早期発見が重要になります。

そのため病院で便の検査を行ってもらい、大腸がんなどは検診を受けることが予防にも繋がります。

大腸ポリープ

大腸ポリープは悪性のものだとがんになることもあり、ほとんどの場合症状があまり無いですが、直腸から出血が起こります。

またがんになる可能性のある大腸ポリープは、一般的に切除による治療が行われます。

直腸がん

直腸は肛門の近いところにあり、症状は下血、食欲が無くなってしまう、血便などがあります。

直腸がんは、痔だと思い込む人も多く市販の薬で改善されないため病院に受診してくる人も多いのが現状です。

よって少量でも出血があったときは、直腸がんの可能性も疑い、ただちに病院に受診することをおすすめします。

このようにお尻からの出血は大腸がんや直腸がんの可能性も高く、お尻からの出血は痔だけではないことが分かって頂けたかと思います。

大腸がんは死亡してしまうケースもあるため、お尻から出血したときは自己判断をせずに病院に受診することが重要です。

お尻からの出血が軽度の場合は痔の可能性が高い!?

お尻の出血は上記のような大きな病気の可能性もありますが、もちろん痔であることもあります。

痔は種類によって痛みなども変わってきますので、しっかりとここで把握しておきましょう。

いぼ痔

痔になる人はいぼ痔になってしまうことが多く、いぼ痔でも内痔核はお尻からの出血が多くなってしまいます。

またお尻には痛みを感じやすい場所とそうでない場所があり、内痔核は痛みを感じることがありません。

内痔核には血管が集まっているところにできるため、排便時に踏ん張ると勢いよく出血してしまいます。

これが悪化すると出血した血が直腸に溜まることで酸化を起こし、排便時に出ることもあるので、赤黒い血が混ざっていないかを確認しておきましょう。

切れ痔

痔の種類の中では最もお尻からの出血が多いイメージがありますが、切れ痔はいぼ痔ほどお尻から出血しません。

切れ痔の場合は紙に血が付く程度がほとんどで、痛みがあるのが特徴です。

特に便秘や便が硬い場合に踏ん張ることで、傷ができ切れ痔が起こってしまいます。

このことから痛みを恐れ排便を我慢し、便秘になってしまうという悪循環になってしまうこともあるので注意しておきましょう。

この切れ痔のときには、便を柔らかくしてあげることで排便時の痛みを緩和することもできるので食事の改善も効果的です。

お尻からの出血を抑えるために

痔や大腸がんなどの病気にならないためには、日頃の生活から気を付けておくことが大切です。

トイレの使用時間

トイレで便を出し切ろうと長時間踏ん張ってしまうと、肛門に負担をかけてしまいます。

肛門に負担をかけてしまうと出血に繋がることがあるので、便意のあるときに無理なく行うようにしておきましょう。

そしてお尻を清潔に保つためにもウォシュレットを使用し、こまめに洗浄することが大切です。

姿勢

長時間同じ姿勢で座っていると、お尻に負担をかけてしまい、痔になることがあります。

また痔が悪化する原因にもなるため姿勢には十分な注意が必要です。

よってデスクワークをする方は特に痔になりやすくなるので、痔の予防としてこまめに立ち上がり休憩をするようにしておきましょう。

その他にもクッションなどを使用してお尻への負担を減らすこともおすすめです。

食生活

バランスの悪い偏った食事は健康にも良くなく、便秘になってしまう可能性があります。

そのため便を排出しやすくするためにもバランスの良い食事をすることが大切です。

特に野菜や果物には食物繊維や消化を助けてくれる作用のある酵素が豊富に含まれているため、痔などの際には排便時の痛みを緩和することができます。

いかがでしたか?

お尻からの出血はさまざまなものが考えられますが、大きな病気が関わってくる可能性もあるため、まずは病院で症状を確認してもらうことが大切です。