お尻のへこみについて

お尻の皮膚は分厚いですが、デリケートな部分でもあるため、汗や蒸れによって湿疹や黒ずみができることがあります。

その他にもお尻にはへこみができることもあり、へこみの主な原因は長時間同じ姿勢で座っていることや下着の締め付けによって起こる症状となっています。

よって特に長時間同じ姿勢で座っているデスクワークなどのお仕事をされている方は十分に注意しておかなければなりません。

そもそも痩せている人はお尻にクッションの代わりになるお肉が付いていないため、長時間座っていることによりお尻が圧迫されてしまいます。

よってお尻は圧迫されるぷっくりとした腹の部分からへこみができてしまうのです。

まれにトレーニングを行っている人には筋肉の発達により、元々お尻にへこみがあることがありますが、それ以外のお尻のへこみは、圧迫などによりできたへこみになりますので注意しておきましょう。

お尻のへこみを改善するには

長時間座っているとお尻にへこみができてしまうことがありますが、放置しておくとお尻の形が悪いままになってしまいます。

よってお尻のへこみを元に戻すためには、ガードルや矯正下着を使用することをおすすめします。

矯正下着、ガードル

矯正下着だけでへこみを元に戻せるの?と疑問を持つ方もいらっしゃるかと思いますが、矯正下着などでお尻の周りを圧迫することで、お尻のお肉が盛り上がり改善していくことができます。

またお尻の形には骨盤が大きく関係しているため、骨盤矯正の効果のあるガードルのような下着もおすすめです。

長時間座っていると骨盤が歪み開いてしまいますが、骨盤が開くことにより下半身の血流も悪くなり、お尻が大きくなってしまう原因にもなってしまいます。

そのためお尻のへこみにお悩みの方は改善するために、骨盤矯正アイテムを使用するのも良いでしょう。

マッサージ

お尻のマッサージは、へこみの改善にも有効な方法です。

お尻のへこみを背中に向け、指で押しながら移動をしていくとツボを見付けることができます。

そのツボを押したりほぐすことでお尻のへこみに圧力がかかり、へこみが徐々に改善されていくのです。

またお尻は乾燥すると摩擦などのダメージが受けやすく、お尻のへこみ以外にもかぶれなどのトラブルが起きてしまうことがあります。

よってかぶれなどのトラブルを予防するためにも保湿クリームを使用しながらマッサージを行うことをおすすめします。

このように保湿クリームなどを使用することで、マッサージもしやすくなるので是非試してみてはいかがでしょうか。

へこみにくいお尻にするためにはどうしたらいいの?

そもそもお尻のへこみを予防するためには、日頃から姿勢などにも気を付けておくことが必要です。

これは座るときに少し気を付けておくだけでも、お尻のへこみ予防に繋がるので、再発させないためにも以下の方法を取り入れておきましょう。

クッション

仕事で座っている時間が長い人は、座布団やクッションを使用していることが多いと思います。

しかしお尻の下に敷くのには高反発のものでないと、すぐにペタンコになってしまい結局お尻に負担がかかってしまいます。

よって高反発のクッションなどは少し金額も高いですが、ペタンコになりにくく長持ちするのでお尻への負担を減らし、へこみを予防するためにはおすすめです。

1時間に1回立ち上がる

どうしても長時間座り続けているとお尻も痛くなり、下半身の血行も悪くなってしまいます。

そのため1時間に1回立ち上がってお尻を休ませてあげると良いでしょう。

お尻の筋肉を鍛える

お尻の筋肉は普段の生活の中でも使うことが少なく、鍛えなければ衰えてきてしまいます。

このようにお尻の筋肉が衰えてしまうと、お尻のお肉も横に流れやすくなりへこみの原因になることもあるので、日頃から簡単なストレッチを行い、お尻の筋肉を鍛えてあげることが大切です。

ブルガリアンスクワット

まず椅子や踏み台になるものの上に片足を伸ばしながらつま先を乗せ、手は胸のところで組んでおきます。

そして少し前かがみの姿勢になり、ゆっくりと腰をおろして行き、呼吸を止めないように、元の姿勢に戻りましょう。

このブルガリアンスクワットを両足10回ずつ行うことで、だんだんお尻の筋肉が鍛えられ、へこみを予防することができます。

また時間があるときに簡単に自宅で行うこともできるのでおすすめです。

まとめ

このようにお尻のケアやストレッチを行い、少し気を付けておくだけでお尻のへこみを改善し予防することができます。

お尻のマッサージはへこみだけでなくお尻のトラブルも予防することができるので、毎日の習慣として行っておくと良いでしょう。

しかしお尻のへこみを治す場合には、すぐに治るというものではないのでお尻の形を整えるためにも継続することが大切です。

特に仕事でお尻のことが心配な方は、姿勢を正すことを心がるようにして下さい。

また普段のクセで足を組んだり猫背になってしまう人は知らないうちに、お尻に負担をかけてしまっていますので、お尻のへこみには注意しておきましょう。