お尻の黒ずみを見つけた時、ほとんどの人が「えっ?これが私のお尻?…汚い!」と思った事でしょう。最初は石鹸等で必死に洗うのですが、その黒ずみは落ちるはずもなくどうしたらいいのか、と悩み続けている人もいますよね。

今回は、そのお尻の黒ずみへの美白効果が期待できると評判のハイドロキノンのご紹介をします。あなたのお尻の黒ずみ対策の一つとして、チェックを入れてみてくださいね。

お尻の黒ずみを白くする方法は美白にあり?

お尻の黒ずみを見つけてからというもの、頭の中に浮かんでくる事はあの汚さ、黒ずみの事だらけ。見えない所だからこそ女性のたしなみとして綺麗にしていたいのに、何ともため息だらけの日々ですね。

皮膚が白いという事

肌色が白い女性について、他人が言う言葉とは「色が白くて綺麗ですね」とか「羨ましい、私もこんなふうに白くなりたい」とその人に対するキーワードは「色が白い」となる事が多いようです。

つまり健康的な小麦色の肌も素敵なのですが、一般的に色白の女性は美しいという印象が皆の中にあり、誰もが願望としてそうなりたいという対象にもなるという事ですね。

しかし皮膚の色とは自分ではどうしようもない事で変わる事もあり、それが私達を悩ませる要因となる事も少なくありません。しかもそれが、黒くなるという事になれば美しさだけではなく、健康面への不安も出てきます。

例えば肝臓や腎臓等の内臓器官が悪くなった時やホルモンバランスが乱れた時、若しくは紫外線によるダメージや皮膚トラブルにおいての色素沈着が起きた時。このような時には日頃注意をしていても普通に生活をしていれば、起きてしまう可能性は十分にある事でしょう。

だからこそ女性はこのような状態になった時、美白という事に励む人が多いですね。

美白をするという事

子供の頃は美白について等考えた事も無い人がほとんどでしょう。しかし、大人になるにつれ考える事は美しくありたい、綺麗でありたいと願う事が多くなりますね。それは何と言っても男性には好印象を与える、という所から始まる人が多いのではないでしょうか?

他にも男性は関係しなくとも、自分は特別な存在でありたいという気持ちが強い人もいますね。その為必死で美白ケアをして、わずかでも顔や身体に皮膚トラブルがあればその対策に集中するのです。

それは女性としてのたしなみでもあり、見えるところ見えない所に関係しないのです。それなのに自分のお尻が黒くて汚いという事実があれば、許せるはずもありませんね。

お尻の黒ずみに対して

基本的に「私のお尻って汚いの」等と言わなければ、人にはわからないのです。しかし何はともあれ自分自身の気持ちの問題ですね。女性としては全身美しくありたいものです。そこには部分的に汚いという事は考えられませんね。

そこでお尻の黒ずみに対して効果的だというハイドロキノンがあると聞いたら試してみたくなるのは当然ですよね。

ハイドロキノンが導くお尻の美白

悩身のお尻の黒ずみを改善してくれる可能性があるハイドロキノン。非常に大きな期待が持てそうですが一体どのようなものなのでしょう。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは私達の生活の中で身近にあるイチゴやコーヒー、紅茶等に含まれている皮膚への美白に効果的な成分です。

美白効果のある物には他にアルブチンという成分もあります。これは刺激も少なく厚生労働省が認可している美白成分で、シミを予防する働きをします。非常に人気の高い成分なのですが、ハイドロキノンはその100倍あるとも言われている成分です。

ですから、高い美白効果を求めている人に適していますね。もちろんお尻の黒ずみへの悩みを持つ人にも効果的なのは言うまでも無いでしょう。

お尻へのハイドロキノンの効果

このように美白に非常に期待できそうな成分ですが、お尻への効果は以下のようになります。

メラノサイトの働きを抑える

メラニン色素は、メラノサイトという細胞により作られます。作り出されたメラニン色素はお肌のターンオーバーでどんどん外へ押し出され、表皮部分までいくのですが皮膚のターンオーバーの作用が乱れるとそのまま皮膚に残り、色素沈着して黒ずみを作る原因となります。

つまりメラノサイトの働きが抑えられる事により、メラニン色素を作る作用が低下しますから、お尻の黒ずみ防止対策が出来るというわけです。

皮膚に浸透していき、既に作られているメラニン色素を薄くする

メラニン色素が、お尻の黒ずみへの影響を与えています。メラニン色素は、刺激によるダメージから皮膚を守る為に作り出されます。しかしお尻への刺激はどんなに努力をしても無くす事は難しいですから、メラニン色素ができる事を防ぐ事も難しいですね。

そこでハイドロキノンの効果があれば、お尻の黒ずみ解消も期待できます。

ハイドロキノンの使用上の注意

市販の化粧品にも、ハイドロキノンが含まれている物はあります。厚生労働省の認可もされ、注目を集めている物ですが化粧品への配合量は2%というほどです。つまりそれだけの刺激があるという事です。お尻の黒ずみケア商品も同様です。その為決められている使用量をしっかりと守り、使用する事が大切ですね。

皮膚の弱い人は?

ハイドロキノン入りの化粧品もお尻の黒ずみケア商品も何度も検査が行われ、商品化されている物ですから安全性はあるはずです。

しかし個人差はありますから、特に皮膚の弱い人は一度、皮膚科の医師に相談のうえ使用した方が安心感は得られますね。

もちろん皮膚が強い人でも同様です。

保管方法は?

冷蔵庫で保管する事をお勧めします。ハイドロキノンは酸化しやすいという性質を持っています。酸化している物を使用するとかえってえんしょうをおこす可能性があります。

長期間しばらく使わずに置きっぱなしの物を再び使用する事は避けましょう。

いかがでしたか?このように高い効果がしっかりと期待できるハイドロキノンは、お尻の黒ずみの悩みからあなたを救ってくれるものとなるかもしれませんね。