お尻にできるニキビについて

そもそもお尻は汗が乾きにくい場所であり、蒸れや摩擦が起こりやすいためニキビのできやすい条件が体の中でも揃っているパーツであることが分かります。

さらに長時間座ることの多い人は、下半身の血流が悪くなるためお尻に角質が溜まりやすくなってしまいます。

このようにお尻にできるニキビは、正しい対処法を行わないとまたニキビを繰り返してしまう原因となり、座るときに悪化すると痛みを感じることも少なくありません。

しかしお尻のニキビで病院に行くのは恥ずかしいという人も多いのが現状なので、そんな方もここでは早く改善するために皮膚科に受診することをおすすめします。

この繰り返しできるお尻のニキビは、日頃の生活の中に原因が潜んでいる可能性も高く、生活習慣なども見直す必要があります。

そんな厄介なお尻にニキビを作らないように予防するために、今回はお尻の揖斐について詳しく解説していきますので、特に仕事で長時間座っていることが多く、ニキビなどのお尻のトラブルが心配な人は参考にしてみて下さい。

お尻のニキビが繰り返される原因とは?

そもそも皮膚にニキビができてしまうのは、皮脂の分泌で毛穴が詰まってしまいアクネ菌が繁殖することが主な原因といわれています。

そんな中で他の部分ほどではありませんが、お尻も皮脂の分泌が多い場所となっています。

特に長時間座ることでお尻の角質は厚くなり皮膚が硬くなってしまうため、ニキビが繰り返される原因は少なくありません。

蒸れ

お尻は下着やズボンを履くことで、通気性が悪く蒸れやすくなっています。

また長時間座ることでお尻が汗をかきやすくなるため、それがニキビの増加に繋がります。

そのため通気性の良い下着や衣類を選ぶことも、お尻のニキビを繰り返さないためのポイントです。

しかし女性の場合には、生理中にナプキンを使用することでお尻が蒸れてしまいニキビができてしまうことも少なくありません。

汗を逃がしにくいお尻は清潔に保つことは難しため、日頃から注意しておくことが大切です。

摩擦、圧迫

お尻は何かと摩擦や圧迫などの刺激を受けやすく、負担がかかってしまうと角質化が進んでしまいます。

よってお尻はこのようなことからも毛穴が詰まりやすい環境ができてしまいます。

さらにお尻に摩擦が加わることで、ニキビが治りにくくなり症状が悪化してしまうため、お尻への負担を軽減するように日頃から気を付けておかなければなりません。

よってお尻を摩擦や圧迫から守るために、下着、乾燥、洗い残しなども気を付けておくことが大切です。

体重による負荷

お尻は上半身の体重が座ることによってかかり、その負担は毎日蓄積されるため、ニキビができやすくなってしまいます。

特に同じ姿勢で作業をし続けてしまうのは、いつも同じ場所に繰り返しニキビができる原因です。

そしてあまりにも体重の負荷でお尻がダメージを受けると、しこりのようなものができることもありますので、注意しておきましょう。

お尻のニキビを繰り返さないための予防法

せっかくお尻のニキビが治っても、繰り返していては意味がありませんよね。

お尻にできたニキビを改善するのはもちろん大切ですが、まずはニキビを繰り返さないために予防しておくことも重要です。

特にニキビの原因である毛穴詰まりが起こらないようにすることが、お尻のニキビを繰り返さないためのポイントです。

よって肌のターンオーバーを正常化するために、以下の方法を活用しましょう。

ピーリング

ピーリングは専用のジェルや石鹸を使用することで、お尻に溜まった古い角質を落とし、ニキビが繰り返しできることを予防してくれます。

また日頃忙しく生活習慣などを見直すことがなかなかできない人にも、短時間で簡単にできるピーリングがおすすめです。

さらにピーリングを行うことで、年齢と共に弱まってきたターンオーバーを正常化することができ、新しい皮膚に生まれ変わらせる効果も期待できます。

マッサージ

お尻は乾燥すると摩擦などの刺激を受けやすくなってしまうため、まずは保湿をすることが大切です。

そこで保湿ジェルなどでお尻を保湿する際に、一緒にマッサージを行うことでお尻の血行を良くすることができます。

普段座ることの多い人はお尻の血行が悪くなっていることもあるため、ニキビの予防にマッサージがおすすめです。

またお尻は優しくほぐしてあげることで、硬くなった皮膚を柔らかくすることもでき、余分な汚れを浮かせることができます。

清潔に保つ

お尻にトイレでの拭き残しなどがある場合、ニキビ以外にもかぶれなどが起こる可能性が高くなってしまいます。

また身体の抵抗力が低下すると菌なども入りやすくなってしまうため、綺麗に拭き取ることを意識しておきましょう。

外出先ではなかなかお尻のお手入れは難しいと思いますので、帰ったらシャワーを浴びる、下着を替えるなど出来る限り清潔に保つことが重要です。

お尻のニキビはもう繰り返さない!

お尻はニキビができやすく、摩擦や圧迫で治りにくいことが分かって頂けたかと思いますが、ニキビを治した後は再発の予防を心がけましょう。

しかし下着などでもニキビができやすくなってしまい、特に化学繊維のものは通気性が悪いのでニキビが一度できたらお尻の肌にも優しい綿の生地を選ぶことをおすすめします。

その他にも直接お尻に触れることのある公共トイレの便座は、他の人も使用しているため、見た目以上にバイ菌が付着しています。

よってお尻のニキビを繰り返さないためにも、よく拭いてから使用することが大切です。

このように少しのことに気を付けておくだけでも、お尻ニキビは繰り返しにくくなります。
いかがでしたか?

ニキビを改善し、綺麗なお尻になるためにも日頃からお尻のケアをしっかりと行いましょう。