解消しづらいお尻のニキビについて

お尻は摩擦や圧迫のなどの普段の刺激を受けやすいところなので、角質が厚いだけでなく、ニキビが出来やすくなっているのが特徴ですが、みなさんはどんな解消法をお試しですか?

確かにお尻は皮脂が顔ほど分泌はされないため、放置しても再発はしないだろうと考える人もいるかもしれません。

しかしそんなお尻にできるニキビは、放置していると座るたびに痛みや痒みがでるだけでなく、座っている時間が長いほど治りにくくなってしまうのです。

よってここでは、お尻にできるニキビの解消法を詳しく知っておきましょう。

お尻のニキビの解消法~自宅編~

お尻のニキビは、自宅でもできる解消法が多く存在しています。

食事でニキビを解消!?

お尻のニキビは、代謝が悪いことが原因でできることもあるので、食事で効率的にニキビに効く栄養素を摂取するのもオススメです。

食物繊維(豆類、海藻類、イモ類)

これらは便の通りを良くするため、体に老廃物を蓄積させず、お尻のニキビ解消には必要なターンオーバーを高めてくれる効果が期待できます。

特に便秘からニキビができた場合は、食物繊維が豊富なものを選びましょう。

ビタミンA

にんじんなどに多く含まれるビタミンAは、肌の免疫力を高めるので、ニキビ解消に役立ちます。

乳酸菌

ヨーグルトや納豆などの発酵食品に多く含まれている乳酸菌は、腸内環境を整え代謝を上げるため、ニキビを解消するのにピッタリの栄養素となっています。

摩擦を避ける

ニキビは潰れてしまうとニキビ跡になり、それが新たな悩みに繋がってしまいます。

よってニキビができた場合は、普段座るときに潰すことがないように高反発なクッションを敷くのも解消を早めるひとつの方法です。

また、デニム生地のものはお尻に摩擦を与えやすくなっているので、ジーンズなどは避けて綿の生地のものを選びましょう。

清潔にする

お尻にニキビができるとそこから細菌が周りに付着し、ニキビが広がってしまうなんてことも少なくありません。

しかし無理にニキビの中身を絞ったり、強く刺激すると逆効果になってしまうので、解消するまではそのニキビに軽く絆創膏を貼っておくと良いでしょう。

そうすることで、細菌が広がることを予防することが可能です。

そして、もちろんですが入浴の際はぬるま湯でしっかり洗い、お尻は常に清潔にしておきましょう。

ニキビに効く市販薬

お尻に限らずニキビに効く塗り薬は、ドラッグストアでも多くの種類が摂り扱われていますが、お尻専用ではない場合、どれを使っていいものか悩んでしまう方も多いかと思います。

しかしニキビは見た目や症状の微妙な違いによって、適切な市販薬が変わってきますので、まずはドラッグストアにいる薬剤師さんに相談し、どれが自分に合っているかを詳しくアドバイスしてもらいましょう。

そして、塗り薬は入浴後の夜と朝に塗ることが解消を早めるためには大切です。

乾燥からの皮脂分泌を予防する

ニキビは皮脂の過剰分泌でも起こってしまうものですが、ニキビができたお尻が乾燥していては何の効果もありません。

実は乾燥をする程肌は潤いを求めて皮脂を分泌するため、ニキビ解消法に一番多い間違いが保湿をしないという方法が挙げられます。

よって、お尻のニキビを解消したいのであれば、まず化粧水や乳液を顔と同じく肌に塗り、皮脂の分泌を抑えることが大切です。

お尻のニキビの解消法~病院編~

お尻のニキビがなかなか自宅でのケアで解消されない場合は、病院の皮膚科で治療をしてもらうのもおすすめです。

コストはかかるものの、プロに任せるので自分のニキビの原因や解消法を逸早く教えてくれます。

ピーリング

お尻のニキビは皮膚科におけるピーリングも解消をするにはオススメの方法となっています。

しかし自分で行えるピーリングは、ニキビに逆効果になることもあるので、自宅で自己流に試すのは止めておきましょう。

塗り薬や飲み薬の処方

お尻のニキビはケアしにくい場所ということもあり、大体の皮膚科は診断した後に飲み薬と合わせて塗り薬を処方してくれます。

体の内側からニキビの原因となる細菌の元を排除してくれるので、早くお尻のニキビを解消したい場合はやはり市販の薬よりも皮膚科の薬の方が効果的です。

イオン導入、アクネライト

これらは皮膚科ではなく美容外科で行ってもらえるお尻のニキビの解消方法です。

よって皮膚科の治療だけでは満足できないという方は、エステの施術のようにオプションがさまざま選べる美容外科でニキビを綺麗に解消してもらいましょう。

いかがでしたか?

お尻のニキビの悩みは意外と抱えている人が多いですが、それに対する解消法はたくさんあるので、自分に合うものを見付けて効率良く綺麗なお尻を取り戻しましょう。