お尻がかゆい原因とは

皆さんはお尻がむずむずしてかゆい!と悩んだ経験はないでしょうか。

さらにお尻にかゆみは、下半身のトラブルだからと恥ずかしくてなかなか病院に行けないという人も少なくありません。

しかしこのようなお尻のかゆみは我慢できずに掻いてしまったり、気になって消毒をし過ぎてしまうことでも、肛門は強い刺激を受けてしまうので、自分が正しい対処をできているかをまずは確認しておくことが大切です。

そもそもお尻がかゆい原因に最も多いのが排便後の拭き残しで、肛門の内側や周りに便が残ると細菌が繁殖してかゆみに繋がってしまいます。

その他にもお尻はかいた汗や下着による摩擦でもかゆみが起こりますが、特にお尻は蒸れやすい場所でもあるため、汗疹などを起こさないように暑い季節には注意しておかなければなりません。

このようにさまざまな原因が考えられるお尻のかゆみですが、自己流の治療などをしていると逆に危険なこともあるため、正しい対処法を把握しておきましょう。

お尻のかゆみは病気の可能性も考えられる!?

お尻がかゆいのは、ただのお尻のかぶれだけではなく、何らかの病気が原因で起こることもありますので、注意しておくことが大切です。

いぼ痔

いぼ痔は下痢や便秘のときにいきんだり、肛門の血流が悪くうっ血を起こしてしまうことからできてしまう症状です。

このような痔の症状は主にお尻の痛みや出血ですが、人によってはかゆみが起こることもあるので、痔は早めに対処しておかなければなりません。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は直腸から大腸まで炎症が起きることから、血便、下血、腹痛、下痢などの症状が出る病気です。

このように下痢が続くような症状があると便の拭き残しも起こりやすくなるので、お尻のかゆみがある方はこの病気が原因になっているかもしれません。

しかしこの潰瘍性大腸炎は原因がまだ解明されていないため、お尻のかゆみを不安に思う人はまず病院へ受診しましょう。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎とはお尻のかぶれのことを言いますが、お尻は生理時のナプキン、下着、トイレットペーパーの摩擦などでかぶれることがあります。

さらにお尻のかゆみはウェットティッシュで拭くことでも、よりかぶれを悪化させてしまいますので、かぶれたときはなるべく刺激しないようにしておきましょう。

カンジダ性膣炎

カンジダ菌は人間の身体に常駐しているものだと言われており、身体の免疫力が低下してくると増殖しやすい細菌になっています。

さらにこのカンジダは妊娠中の女性がかかりやすい傾向にあり、赤く腫れたり、お尻がかゆいなどの症状が見られます。

お尻のかゆみを予防法

辛いお尻のかゆみを起こらないようにするためには、まず日頃から予防しておくことが重要です。

清潔に保つ

お尻のかゆみを予防するためには、トイレの後にウォシュレットをするなど、常にお尻を清潔に保っておくことが大切です。

そしてお尻が蒸れないように通気性の良い下着を着用し、夏場などは衣類も吸水性のあるものを選ぶようにすることをおすすめします。

また、赤ちゃんなどのおむつかぶれもお尻のかゆみの原因になってしまうので、こまめにおむつ交換してあげるようにしておきましょう。

身体を温める

そもそも骨盤が歪むと血行が悪くなるので、お風呂は38~40℃程度でなるべく長時間入浴し、身体を温めてお尻の血行を促進させることがかゆみの予防には大切です。

またお尻の血行不良は痔などの原因や症状の悪化にも関係しているため、長時間座っていることの多い人はこまめに立ち上がるなどし、注意しておきましょう。

便の拭き残し

下痢が続いてしまうと便が綺麗に拭き取れていないことも多く、かゆみの大きな原因になってしまいます。

そのため排便後は拭き残しが無いように拭くことが大切ですが、強く拭いてしまうと肛門が傷付いてしまいますので、拭く際には優しく押さえることを意識しながら拭きましょう。

下着のサイズ

皆さんはきちんと自分のサイズにあった下着を着用しているでしょうか。

お尻のかゆみは下着による摩擦でも起こってしまうため、下着選びはとても重要です。

よって下着は自分のサイズに合うもので、通気性に優れているものを購入することをおすすめします。

お尻のかゆみに市販の薬は効果があるの?

お尻がかゆくても診察のときに下半身を見られるのは、誰だって恥ずかしいものですよね。

しかしかゆみを早く和らげたい場合には、やはり病院で診てもらい症状に合った薬を処方してもらうのがベストです。

また、かゆみだけではなく血便などが起こっている場合は、何らかの病気の可能性が高くなりますので、早めに病院へ受診しましょう。

さらに市販の薬でおしりのかゆみを抑えたいときは、抗ヒスタミン薬の含まれるステロイド軟膏のものを選び、1日3回程度塗るとかゆみが治まってくるのでおすすめです。

万が一かゆみだけでなく掻いてしまい皮膚がかぶれてしまっているときには、亜鉛華軟膏に変えるなど、少しでも症状に合うものを選ぶようにしておきましょう。

しかしこのような軟膏は肛門周辺などには刺激が強すぎることもあるので、注意しておく必要があります。

市販の塗り薬にはデリケートゾーン専用のものも販売されていますので、そちらを使用すると良いでしょう。

いかがでしたか?

お尻のかゆみはかけないので辛いものですが、まずは悩まずに病院で医師に相談することが大切です。

日頃からお尻を清潔に保ち、綺麗なお尻を維持していきましょう。