お尻のぶつぶつに対する悩みというものは、誰にでも相談できる事ではありませんね。しかし自分一人ではどうしてよいかわからず、結局皮膚科に受診するしかないのかしら?とため息交じりに思い悩むこともあることでしょう。

ましてや悩みの対象がぶつぶつ跡やあざとなると、お尻にあった時間も長いはず。どうして早めの対策をしておかなかったのか…と後悔する気持ちも日毎に大きくなりますね。

そこで今回は、このお尻のぶつぶつ跡やあざについての対策についてご紹介します。じっくり読んで、あなたの悩みを少しでも軽くしてくださいね。

自分のお尻トラブルは自分が知らないことだらけ

自分のお尻のトラブルは意外に自分では気が付かなかった、ということが多いですね。お風呂に入る時もまじまじとお尻を見るわけでもありませんから、何気なくお尻を触るまではトラブルがあることなど分かりません。

そのため、もし触ってぶつぶつがあれば初めてそこで気になり、急いで鏡で確認することでしょう。そしてそこにぶつぶつ跡を発見でもすれば、悠長には構えていられなくなります。

お尻の皮膚トラブルは人から言われて気が付くことも多い

顔のようにいつも見ているわけでは無いパーツですから仕方が無いのですが、お尻が汚いということについては意外に人から言われて気が付いた、という人が多いようです。例えば温泉やスパなどで一緒に行った友人から言われたとか、彼から言われたとか…。

そのような時には自分ではそこまで汚いとは思った事も無かったために、汚いお尻になっていたということにショックを受けますよね。しかもそれを人から聞かされることになるなんて、ショックと同時に計り知れない恥ずかしさも襲ってきます。

お尻の皮膚トラブルに悩んでいる女性は多い

今や美尻を求める時代ですね。ほとんどの女性は、自分のイメージする大きさや形をお尻に持っています。そのため多くの人が自分の目指すお尻に対してハードルが高くなり「今の状態ではダメなの」と自信を失くし、お尻への悩みを抱えることとなっており、その悩みには「大きい」という外見的なことが多く挙げられるようです。

しかし、その他にお尻の黒ずみやブツブツへの悩みにも頭を悩ませている人は人知れず多く、外見の悩みよりも大きく感じている人も少なくありません。

お尻の皮膚トラブルは外見ではわかりませんが、女性としての身だしなみとして重要な要因となるものです。そのため誰にでも相談できるということではなく一人でこの切実な悩みを抱えている女性が多いのです。

お尻の皮膚トラブルはニキビやニキビ跡が多い

お尻の皮膚トラブルには

  • ざらつき
  • 乾燥
  • 黒ずみ
  • たるみ
  • ニキビ
  • ニキビ跡やあざ

などがあります。

特にニキビ跡やあざについてはニキビが治ったと思っているため、その後はあまり気にすることもありませんね。

しかし汚いお尻を一番印象付けるのは、このニキビ跡が非常に多いようです。しかもこれは、痛みやかゆみがほとんどありませんし、触って確認しなければ自分ではわかりませんから困ったものです。

お尻のぶつぶつの跡やあざはその種類による対策で

このように精神的負担を女性に与えるお尻のぶつぶつの跡やあざですが、見つけたからにはこのまま放っておくわけにはいきませんね。

その種類に合わせた対策を取ることが大切になります。

ニキビ跡にはビタミンC誘導体が効果的

汚いお尻を作るニキビ跡には、ビタミンC誘導体が効果的です。つまりビタミンCがお尻のぶつぶつやその跡の対策に効果的ということなのですが、その理由は7つあります。

抗酸化作用があるため。活性酸素の除去をする

身体を錆び付かせ、老化へと導く活性酸素はストレスや油物の食べ物、食品添加物などによりその量は増えます。

しかしビタミンCは抗酸化作用がありますので活性酸素を除去し、しわやたるみ、シミなどの皮膚の老化やニキビ、ニキビ跡の防止効果が期待できます。
 
老化の原因の過酸化脂質を抑える
皮膚に皮脂が溜まるとそれが酸化することにより、過酸化脂質というものに変わります。これは皮膚の老化を促しますのでお尻のニキビ跡がしわになったり、たるみが出て目立ちやすくなるといった可能性が出てきます。

ビタミンCはこの過酸化脂質を抑制し、ニキビ跡の広がりや目立ちやすさ防止に効果的です。

コラーゲンの生成を助ける

皮膚はコラーゲンが主となり皮膚の潤いと弾力を保ちます。この生成により皮膚のシワヤたるみ防止効果が期待できますので、ニキビ跡の皮膚もターンオーバーが正常に作用し、悪化防止にもつながります。

皮脂を抑えるため、ニキビの生成や予防にも効果的

お尻は何かと刺激を与えられているパーツですね。そのため常に皮膚を守れるように角質が硬くなることが多く、その分毛穴も詰まりやすく皮脂も溜まりやすいパーツでもあります。

ビタミンCはこの皮脂を抑える効果が期待できますので、ニキビ生成や予防に効果的です。

ニキビの炎症を抑える

今ニキビが出来ていれば、その刺激によりニキビが悪化することも考えられます。するとそのニキビが出来ている部分には、ニキビ跡もできやすくなります。

ビタミンCはこのニキビの炎症を抑えてくれますので、ニキビ跡へも目立ちにくくするための効果が期待できます。

毛穴の開きを防ぐ

毛穴が開けば皮脂が溜まりやすくなりますね。ビタミンCは毛穴を引き締める効果が期待できますので、ニキビ跡の毛穴の広がりとニキビ再発の防止に効果的です。

メラニン色素の沈着を抑えるので美白効果がある

 ニキビやニキビ跡とメラニン色素はシミを作る組み合わせですね。しかしビタミンCのメラニン色素沈着抑制効果と美白効果で、綺麗なお尻の皮膚を作る事が期待できます。

ビタミンC誘導体が必要な理由は

ビタミンCはこのように、ぶつぶつ跡やニキビ跡に効果的なのですが、そのままの状態で皮膚につけても水溶性の成分のため、吸収力が非常に弱いという欠点があります。

しかし皮膚に優れた高い効果を発揮する成分ですから、何とか吸収させたいですね。ビタミンC誘導体はこのようなサポートをする成分です。

これを使用することにより、高く効果的なニキビ跡への対策が期待できます。

ピーリングも効果有り

色素沈着やニキビ跡、傷跡などの皮膚の代謝を活性化させます。そのためぶつぶつ跡に悩んでいる人もお尻の皮膚のターンオーバーの作用が行われ、汚い皮膚の角質を除去します。

ただ、ピーリングケア商品で強くこすることは、皮膚を傷つけかねませんので逆効果です。ケアはあくまでも、優しく丁寧なマッサージをする事が大切です。

そしてケア後は刺激を与えないように、しっかりと保湿をする必要があります。

このようにお尻のぶつぶつ跡やあざには、皮膚のターンオーバーを活性化させることが大切なのだ、ということですね。

日々の積み重ねを大切に

これまでお尻のぶつぶつ跡で悩み続けてきた日々は、つらかったですよね。

お尻の皮膚の美しさをいきなり取り戻すことは、毎日の負担がかかり続けているだけに大変難しいことですが、ここで頑張ってキレイなお尻を守るための早目の対策を取ることは必要なことです。

コツコツとした日々の積み重ねでぶつぶつ跡のケアに励み、お尻への自信を取り戻しましょうね。