骨盤を狭くするには、骨盤の歪みを直す必要がある?

骨盤を狭くしたい場合、骨盤の歪みを直す事から考える必要があります。では、骨盤の歪みがあると、どんな弊害があるのでしょうか。

骨盤はお腹の中の臓器や脂肪を支えている骨です。

これが歪んでいると、中の臓器や脂肪の位置も歪んでいきます。見た目で言うと、お腹がポッコリ出る様な状態になる、腰やお尻が大きく見えるといった、スタイルの崩れが影響として出ます。

骨盤の歪みが生むのはスタイルの崩れだけではありません。

骨盤の中にある筋肉を中心に、筋肉の発達が遮られます。筋肉が衰えると姿勢やプロポーションが崩れる他、太りやすい体になってしまいます。

この他、血流も悪くなるのでむくみや子宮や腸といった臓器の不調も起こりやすくなるのです。

骨盤を狭く、腰幅を狭く見せたい場合、骨盤の歪みを取る事が先決になってくるのです。

骨盤が歪んでいるかチェックしよう

まずは、骨盤が歪んでいるかチェックしましょう。

鏡の前に立って、頭や肩、膝のラインが斜めになっていないか、真っ直ぐ立った時に太ももやふくらはぎ、膝が2か所以上くっつかない場所があるかを確かめます。

これで一つでも当てはまれば、骨盤が歪んでいる可能性があります。

この他、正座から左右それぞれに横座りする方法でも見極められます。
左右どちらかに足を流した時に座りにくいと思ったら、その側の骨盤が歪んでいます。両側やりにくい、という場合は両方の骨盤が歪んでいる可能性があります。

骨盤矯正を自分でやってみよう!

骨盤の歪みを確認したら、次は骨盤矯正に挑戦しましょう。

骨盤矯正は整体やマッサージで行ってもらえる施術ですが、自分で行う方法もあります。

誰でも日常の中で出来る簡単な方法ですので、骨盤を狭くしたい人やプロポーションをきれいにしたい人はぜひ挑戦して下さい。

姿勢を正す

日常で一番簡単にできる方法です。常に正しい姿勢を意識して生活すれば、骨盤も自然と正常な状態に戻ります。

常に正しい姿勢をしているか気を付ける事は、体の中にあり、体を引き締める効果のあるインナーマッスルを鍛える事にもつながります。

常に姿勢に意識を向ける習慣を付けましょう。

正しい姿勢とは、背筋を伸ばし、顎を引いて、前を真っ直ぐ向いていると自然と正しい姿勢になります。これは、立っている時も座っている時も変わりません。

正しい姿勢をしているとぎこちない感じになってしまう人は、頭から糸で引っ張られている様な意識をすると、自然になります。

椅子に座っている時は足を組まないようにします。足を組むと骨盤が歪むからです

。常に足を閉じて座るようにすると太ももの筋肉も鍛えられるので、キレイな姿勢を保ちやすくなる他、足痩せにも効果があります。

正しい姿勢を保つ事は、最初はつらいかもしれませんが、根気強く続けていれば簡単にできるようになります。正しい姿勢を習慣化させましょう。

骨盤枕を使う

骨盤枕ダイエットというダイエット法があります。

これは、骨盤枕に5分間だけ眠る事で骨盤を正しい形に直してダイエットをする、という物です。骨盤を狭くするのに役立ちます。

骨盤枕は2枚のバスタオルと縛る物があれば簡単に作る事が出来ます。

2枚のバスタオルを固くぐるぐると巻いていきます。バスタオルでロールケーキの形を作るイメージです。

次に、バスタオルが型崩れしないようにビニール紐等で縛ります。

これを使って骨盤を正しい位置にするエクササイズを行っていきます。やり方は次の通りです。

骨盤枕の使い方

まずは両足をまっすぐ伸ばして、姿勢を正して座ります。この時に、骨盤枕をお尻に付く位置に置いておきます。

準備が整ったら枕が動かないように両手で押さえながら仰向けに寝転びます。この時に枕がおへその真下になる様に微調整します。

微調整が終わったら、体の力を抜いてお腹をへこませます。

両足の親指をくっつけて足で八の字を作り、両腕は頭の上で小指と薬指をくっつけてOの字を作ります。手の平は床に付けて下さい。

この状態を5分間キープし、5分経ったら体を横にして肘で起き上がります。これで完了です。

毎日5分間行うだけで、骨盤を正しい位置に戻す事が出来ます。ただし、腰回りに痛みや異常が出ている時は行わないようにして下さい。

骨盤体操をする

骨盤を正しい位置に戻す体操も効果的です。骨盤に効果のある体操は複数ありますが、どれも簡単にできる方法なので、普段のエクササイズにも取り込みやすくなっています。

ぜひ挑戦してみて下さい。

骨盤体操のやり方

まずは簡単な体操から紹介します。

まず、仰向けに寝て足を90度に曲げます。背中で体を支えつつ、空中で座っているような姿勢です。

この状態から、下半身だけ左右交互に倒します。これを1~3分、無理のない時間繰り返します。

次は足腰のエクササイズにもなるタイプの体操です。

手を胸の前でクロスして、足を伸ばした状態で座ります。

その状態のまま、お尻を交互に動かしてお尻だけで10歩分移動していきます。10歩進んだら10歩下がっていきます。これを3~5分間続けます。

これ等の体操を毎日続けるだけで、骨盤を正常な状態にする事が出来ます。足腰の筋肉にも効果があるので、骨盤を狭くするだけでなくダイエット効果も期待できます。

骨盤を狭くするのは意外と簡単!

骨盤を狭くするのは、整体やマッサージに行かなくても自分の力で行う事が出来ます。骨盤を狭くする習慣を身に付けて、素敵なプロポーションを手に入れて下さいね。