男性のファッションはお尻が小さいとカッコいい

男性のファッションは、お尻がしっかりと引き締まっているとかっこよく見えます。

お尻は筋肉が目立ちやすいパーツなので、ここが引き締まっていると筋肉質に見える他、デニム等の着こなしも決まるようになります。

そこで、男性向けのお尻を小さくする方法をご紹介します。

男性のお尻が大きい原因は2つある

男性のお尻が大きい理由は2つあります。

それぞれの原因と判別方法について説明します。まずは自分のお尻が大きい原因はどちらなのか調べてみましょう。

脂肪のせいでお尻が大きく見えている場合

お尻が大きく見えている原因の一つに、脂肪があります。

お尻に脂肪が集まっている為に、お尻だけ太って見えている様な状態です。太っている人や、お尻の肉を掴むと柔らかい人は脂肪が原因でお尻が大きくなっている可能性があります。

この場合、ダイエットをするのはもちろんですが、お尻の筋肉が衰えている可能性が高いので、並行して筋トレもする必要があります。

筋肉が発達している為に大きく見えている場合

逆に、お尻の筋肉が発達している為に大きく見える場合もあります。

お尻の筋肉は肥大しやすい筋肉の為、負荷をかけてトレーニングするとすぐに大きくなってしまいます。

男性はただでさえ女性よりも筋肉が付きやすいので、よりお尻が大きくなりがちなのです。筋肉が発達して大きくなっている場合は、お尻の筋肉に触ると硬いと感じます。

お尻の筋肉に触れて、硬いと感じる場合は筋肉が発達している為に大きくなっている可能性が高いです。

それぞれの原因別・お尻を小さくする方法

脂肪が原因の場合と、筋肉の発達が原因の場合も、正しいトレーニングと食事が関係しています。それぞれの原因に合わせて体を作っていきましょう。

脂肪が原因の場合の対処法

脂肪、つまり太りすぎが原因でお尻が大きい時は、脂肪を減らすトレーニングとお尻に筋肉をつけるトレーニングを並行して行います。

脂肪が付いている分、お尻の筋肉が衰えている可能性があるからです。

脂肪が原因の場合にすべきトレーニングは、有酸素運動と筋肉を鍛える筋トレです。

筋肉を鍛えつつ有酸素運動が行えるスクワットや、お尻の筋肉を重点的に鍛えられるヒップリフトがおすすめです。それぞれのやり方をご紹介します。

スクワットのやり方

まっすぐ前を向いた状態で肩幅位に足を開き、両手を肩の高さで前に突き出します。

そのまま、椅子に座る様にお尻を突き出しながら膝を曲げます。この時、膝がつま先よりも前に出ないようにします。

ゆっくりその状態で腰を沈めていき、太ももの裏側が地面と水平になったらゆっくり戻ります。水平になったら、最初の体制に戻り、最初から繰り返します。

これを大体2日に1回、15回ほど行うと効果が出ます。脂肪が原因の場合、筋肉を鍛える必要がありますから、ゆっくりと負荷をかける様に行って下さい。

ヒップリフトのやり方

まず、膝を立てて仰向けになります。息を吐きながら腰を床に付けつつ、お尻と足をあげていきます。

上半身は動かないように、腰を始点に下半身だけ持ち上げるイメージです。
その後はゆっくりと最初の体制に戻ります。

毎日10回程度繰り返して行うと効果的です。体のウォーミングアップとして丁度良いエクササイズなので、トレーニングの最初にやるのがおすすめです。

トレーニングだけでなく、食事制限も重要

脂肪が原因の場合、トレーニングも重要ですが食事制限もする必要があります。

脂肪を少しでも減らす為に、炭水化物や脂肪の多い食事を控えめにして下さい。

トレーニングをしているので、完全に絶ってしまうと体にエネルギーが足りなくなってしまいますから、普段よりも少し控えめにする、栄養分が体に蓄えられやすい夜は控えめにするようにすると、無理なく食事制限を行う事が出来ます。

筋肉が原因の場合の対処法

筋肉が原因の場合、筋肉がこれ以上大きくならないようにしつつお尻にある脂肪を減らしていく必要があります。

具体的に言うと、低負荷の運動や有酸素運動をする事で育った筋肉はそのままに、脂肪を減らしていくトレーニングを行う必要があります。

先にご紹介したスクワットや、有酸素運動の一つである踏み台昇降がおすすめです。

スクワットをする時はゆっくりやるのではなく、むしろできるだけ早い動きで行って下さい。ゆっくりやると負荷がかかり、筋肉が肥大してしまいます。

スクワットをする時は最低限の負荷で行って下さい。
次に、踏み台昇降運動のやり方を紹介します。

踏み台昇降運動のやり方

まずは踏み台を用意して下さい。踏み台が無い場合は古雑誌等を重ねてガムテープで止めると丁度良い大きさの踏み台になります。最初は20~30㎝程度の踏み台から始めます。

踏み台を用意したら、最初は20分を目標に以下の動作を繰り返して下さい。
まずは片方の足を踏み台に載せます。その後、乗せなかった方の足を踏み台に載せます。

両足を載せたら、先に踏み台に乗せた方の足から降りていきます。足が両足とも地面に付いたら、同じように繰り返します。

この時、先に乗せる足を1回やるごと交互に変えていくと左右均等に鍛える事が出来ます。出来るだけ早くやるとより効果的です。

筋肉が原因の場合は、脂肪とタンパク質を避ける食事を

筋肉が原因でお尻が大きい人は、筋肉が大きくなるのを極力避けながらトレーニングをしていかなくてはなりません。

その為、筋肉の元となるたんぱく質は控えめにする必要があります。また、脂肪が増えるとその分お尻も大きくなるので、脂肪も必要最低限に抑えましょう。

男性はトレーニングの効果が出やすいので、意外と簡単にシェイプアップ出来る

男性は筋肉の量が多い分、トレーニングの効果が出やすいです。正しいトレーニングをしっかりすれば、簡単にシェイプアップが可能です。

それぞれの原因に合った、正しいトレーニングをして引き締まったお尻を手に入れて下さい。